2018年11月10日

2018.11.9 国立演芸場上席・夜の部

2018.11.9 国立演芸場上席・夜の部
       落語協会 真打昇進披露公演

演目
金原亭駒六          ざる屋
春風亭一花          やかん
林家彦いち          熱血怪談部
青空一風、千風        (漫才)
・真打昇進
 さん若改メ 柳家小平太     棒鱈
・真打昇進
 花ん謝改メ 柳家勧之助     熊の皮
  (仲 入 り)
「真打昇進披露口上」
 (下手から)彦いち、駒治、小平太、勧之助、たこ蔵、駒子
柳家小菊           (粋曲)
・真打昇進
 ちよりん改メ 古今亭駒子    泣き塩(∔踊り「かっぽれ」)
・真打昇進
 駒次改メ 古今亭駒治      泣いた赤い電車(紙芝居付き)
鏡味仙三郎社中        (太神楽曲芸)
・真打昇進
 たこ平改メ 林家たこ蔵     紙入れ
           (三味線:金山はる)

駒六「ざる屋」。「金庫ごと持ってけー!」の威勢の良さ。
「四十九日め、です」は、逆説的祝辞?

一花「やかん」。ふとした間違いをちゃんと笑いに変える
・・・余裕しゃくしゃくですね。

彦いち「熱血怪談部」。確かに“化ける”噺としては、他に
比べられるものはない。

1109(3).JPG
さん若改め小平太。今回昇進の5人の中では、一番、おな
じみの方。「うちの弟子は誰もあたしに似てない」と嘆く
さん喬師匠だが、中ではこの人が一番、師匠に近いかも。

「棒鱈」。アル中のマクラから、ほんと、師匠のまんま。
このカラーを崩さすに、どこまで独自色を出すか?
・・・いつまでも師匠のコピーではいないでしょう。

1109(7).JPG
花ん謝改め勧之助。花ん謝時代には4回くらいしか遭遇し
ていない。「熊の皮」はお初。柳家らしからぬ?ブッ飛ん
だところのある噺を演る人・・という印象があったが、今
回はかなりまともに。


「口上」。毎度のことながら、国立の口上は、口上という
より“トーク”。いろいろ暴露?話も交えて、にぎやかに。

小菊。「梅は咲いたか」「並木駒形」「寄席スタンダード
ナンバーへの八番」「さのさ」「櫓太鼓~相撲甚句」。
あれ、都々逸、なかったな?

1109(5).JPG
ちよりん改め駒子。なんか、堂々たる風情になったなぁ。
「泣き塩」。かなり以前に2度ほど聞いているが、そのこ
ろに比べると、雲泥の差・・・上手くなりました。

1109(4).JPG
駒次改め駒治。音は変わらず、文字だけ変えたのね。出囃
子も変わらず、「鉄道唱歌」で。師匠だった志ん駒師が亡
くなって、昇進直前に志ん橋門下に移籍したが、そんな苦
労は感じさせない、明るい笑顔。志ん駒師も、草葉の陰で
喜んでおられることでしょう。

「泣いた赤い電車」。2015年以来2度めの遭遇。
前回は、紙芝居が主役みたいな感じだったが、今回はちゃ
んと、落語が主役に。そして、紙芝居の絵の方もグレード
アップしたような?

1109(6).JPG
たこ平改めたこ蔵。申し訳ないが、この5人の中では、い
ちばん印象が薄い。大阪出身で、上方落語と江戸落語、半
分くらいずつ?演っているらしい。

「紙入れ」。東京でも演じる人は多いけれど、今回は上方
落語で・・・って、筋は同じです。

以前に繁盛亭で桂春蝶師のこの噺を聞いて、お色気過剰な
演出に辟易した記憶があるが、それに匹敵するほどのお色
気ムンムン。

でも、不思議に、さほどのイヤらしさは感じない。意外に
健康的色っぽさ。


今回昇進の5人のお披露目を、一度で済ますロクデモナイ
魂胆で行った会だったけれど、5人とも、堂々たる真打の
貫禄で、大いに感心した次第。これからも頑張って!と、
三本締めでは手が痛くなるくらい手拍子させていただきま
した。
(写真は、口上の時に、許可を得て撮影したものです)
posted by JTm at 21:50| 落語 | 更新情報をチェックする