2018年11月17日

2018.11.16 国立能楽堂定例公演

2018.11.16 国立能楽堂定例公演 演出の様々な形

演目
狂言「狐塚-小唄入」(大蔵流)
     シテ(太郎冠者)=山本則俊、
     アド(主)=山本泰太郎、
      同(次郎冠者)=山本東次郎
  (休   憩)
能「小鍛冶-黒頭」(観世流)
     シテ(前・童子、後・稲荷明神)=浅見重好、
     ワキ(小鍛冶宗近)=福王和幸、
     ワキツレ(橘道成)=矢野昌平、
     アイ(家人)=山本則孝
     囃子方 笛=杉 信太朗、小鼓=幸 正昭、
         大鼓=柿原弘和、太鼓=小寺真佐人
     後見=武田尚浩、上田公威
     地謡=坂井音晴、藤波重孝、坂口貴信、関根知孝、
        清水義也、岡 久広、角 幸二郎、藤波重彦

流派や家による演出の違いを見る、恒例の公演。
今年は、狂言の「狐塚」と能「小鍛冶」を、今月と
来月、続けて見る。

「狐塚」。同じ大蔵流の茂山千五郎家で何度か見て
いるが、山本家版は、お初。

小書き「小唄入」は、太郎冠者と次郎冠者が鳴子を
振り回しつつ、小唄を歌う特殊演出とのこと。
ただ、小唄入でない演出の方を見た記憶がない。

山の畑に鳥を追いに行った召使ふたりが、“陣中見
舞い”に訪れた主人を、狐が化けた!と勘違いして
大騒動。

この山の畑に行く途中から、“小唄入”になる。
これが、(鳴子を引いて音を立てることから)“引
くもの”尽くしで、秋の実りの豊かさを寿ぐ小謡。

・・・新嘗祭の間近な、今の季節にまさにピッタリ。
狂言らしい、おおらかな明るさが心地よい。

「小鍛冶」。三度目くらいかな。
物語は割に単純で、帝から御剣の制作を依頼された
刀鍛冶の名工・三条小鍛冶宗近が、稲荷明神の霊験
で、ついに御剣を作る・・というお話。

帝の使いの橘道成が、宗近のところに、御剣の制作
を依頼に来る(これは帝が霊夢によるお告げを得た
ため)。

しかし、宗近には、同等の力量のある相槌(向こう
槌)がおらず、帝にふさわしい名刀を打つのは困難。

困った宗近が、稲荷明神に祈願をすると、ひとりの
童子が現れて、古今の名刀の物語を語り、宗近に助
力を約して消える。

ここで中入となり、アイの宗近の家人が、今までの
経緯を物語る。

後半は、宗近が稲荷明神の御使いである童子の言葉
通り、刀を打つ準備をして待つうちに、稲荷明神の
登場・・・この頭が、普通は赤だが、今回は小書
「黒頭」で、黒い毛の鬘となる。

黒い頭は、稲荷明神のよりいっそう強大な神威を表
し、その動きもより派手に、機敏になる・・のだそ
うだが・・・

うーん、だけど、その違いは、来月の公演を見てか
らでなきゃ・・よくわからないなぁ。

ちょっと面白いなと思ったのは、後半の稲荷明神が、
あくまで宗近の助手として、相槌を打つってこと。
神様が、「宗近に三拝の膝を屈し」て、“弟子入り”
のかたちをとるのだ。

あくまで、主鍛冶は宗近。なので、出来上がった御
剣は、表に「小鍛冶宗近」、裏に「小狐」の銘が。

これが二ッ銘の霊剣「小狐丸」。

・・ん、狐?
そうか、こっちも狐に関係してるんだ。
今年のこの企画は、狐シリーズなんですね。
posted by JTm at 16:56| | 更新情報をチェックする