2018年11月24日

2018.11.23 花形演芸会@国立演芸場

2018.11.23 第474回 花形演芸会

演目
柳亭市坊       たらちね
柳家やなぎ      牛ほめ
玉川太福       (浪曲)石松三十石船
  曲師:玉川みね子    (『清水次郎長伝』より)
神田山緑       (講談)人情匙加減
桂 佐ん吉      星野屋
  (仲 入 り)
柳亭左龍       壺算
コンパス       (民謡音曲漫才)
三遊亭萬橘      火事息子
         (三味線:恩田えり)

市坊「たらちね」。語り口が市馬師匠によく似ている。
お弟子だから当然だけれど。

やなぎ「牛ほめ」。牛は黒牛じゃなくてホルスタイン。
生まれ育った環境を、これだけ噺に活かせるなんて、
幸せな噺家さん。(注:やなぎさんのご実家は酪農家)

太福「石松三十石船」。江戸っ子だってねぇ、寿司喰
いねェ・・という、あまりにも有名すぎるくだりだけ
れど、ちゃんと聞いたのは初めて。声量に圧倒される。

山緑「人情匙加減」。琴調先生、そして扇辰師匠の落
語でもおなじみの。おなじみすぎて、途中で沈没。ど
うもすいません。

佐ん吉「星野屋」。今回のチケットは、この一席のた
めに買った。夏に小佐田定雄氏の脚本で歌舞伎の舞台
に掛けられた、上方版のこの噺を聞きたかったのだ。

結論。小佐田氏の脚色が、落語に忠実であることを確
認しました。

ゲスト・左龍「壺算」。奇をてらったり、ブッ飛んだ
りしたことのない、ごく真っ当な噺だったが、これが
とっても面白かった。“先輩”の貫禄を十分に見せつけ
た感じ。

コンパス。お初。三味線を持った西本さんと、歌担当
の中島さん。ともに1981年生まれとか。
手拍子や掛声で、客席を巻き込む。明るくにぎやかな
高座で楽しかった。

萬橘「火事息子」。本当にこの冬は火事息子の当たり
年になりそうだ。

六代目圓生師の型を(三遊亭らしく)継承しているが、
さだ吉と長松という、ふたりの小僧が活躍して、湿っ
ぽくなりがちな後半をにぎやかにする。・・マクラで
子どもたちに落語を教えた体験を話していたわけが、
最後になってわかったよ。
posted by JTm at 11:30| 落語 | 更新情報をチェックする