2018年11月26日

2018.11.25 正蔵 正蔵を語る@国立演芸場

2018.11.25 正蔵 正蔵を語る 10

演目
金原亭駒六      手紙無筆
林家たま平      高砂や
翁家勝丸       (太神楽曲芸)
林家正蔵       一眼国
柳家権太楼      猫の災難
  (仲 入 り)
林家正楽       (紙切り)
      相合傘、紅葉狩りを切る正楽師匠、
      貴景勝、正蔵師匠、酉の市
林家正蔵       小間物屋政談
          (三味線:松尾あさ)

もう10回目だというこの会だが、初めての参加。
会場に入ったら、緞帳なしで、高座の両脇には、ろう
そくが・・よく見たら、ろうそく型の照明器具だった
けれど。

それでも、開演前に前座がちゃんと灯しに現れて、な
かなか雰囲気は盛り上がる。

駒六「手紙無筆」。わずか8分だったのでサゲまでは
到達しなかったが、無筆のマクラをいくつか演って、
本篇に入り、短い時間できっちりまとめた。
今や、前座のトップ。春には二ッ目?

たま平「高砂や」。申し訳ないが、昨秋の二ッ目昇進
以後、お初の遭遇。

よく馬風師匠が「(父の)正蔵に似てない」と言って
いるけれど、なんだ、よく見るとそっくりじゃん・・
と思いつつ。もっともホントに似てなかったら、冗談
にならないよね。

たま平さんのこの噺は初めてだが、よく通るいい声で、
底抜けに明るい八五郎・・ニンに合っている。

正蔵「一眼国」。前半の導入部にいろいろなインチキ
見世物を並べるのではなく、子どものころ実際に見た
見世物の話を持ってきたのは珍しい。

・・お姉さんをダシにするのは今ひとついただけない
けれど。

ゲスト・権太楼「猫の災難」。なんか、体調があまり
良くなさそうな?・・声がややかすれ気味で、いつも
のパワーにも欠ける感じ。

それでも、噺はきちんと。・・ま、当然ですが。

正楽。貴景勝のリクエストに、優勝して賜杯を受ける
場面を切った・・・見事、予言的中!

正蔵「小間物屋政談」。三三師が「万両婿」の題で演っ
ているので、噺の内容はおなじみ。

とんだ勘違い、人違いをされた小間物屋が、大岡様の
名裁きで、思いがけない幸運を得る。折しも“裏”の大
劇場でも、大岡様は活躍中だ。

あまり演者のいない噺なので、会場のお客も初めて聞
く人が多かったかな?・・次はどうなるの?という期
待が、客席全体から感じられた。

講談から入った三三師の噺には、これと言ったオチが
無かったと記憶しているが、こちらは落語らしいオチ
が。・・最初に、“背負い小間物”を丁寧に説明したわ
けが、最後で分かった次第。
posted by JTm at 10:24| 落語 | 更新情報をチェックする