2018年12月01日

2018.11.30 入船亭扇辰・覚和歌子欧州公演凱旋公演@ユーロライブ

2018.11.30 入船亭扇辰・覚和歌子 
         ただいま!欧州公演凱旋公演

演目
「写真で巡るマルタ・ベルギー」
        入船亭扇辰・覚和歌子・遠峰あこ
  (仲 入 り)
遠峰あこ    (アコーディオン音楽パフォーマンス)
入船亭扇辰   道灌
覚 和歌子   (朗読)詩2篇

11月の初めに行われたヨーロッパ公演の報告会。
まずは、同行した写真家・武藤奈緒美さんの写真
で、旅の顛末を紹介。

まるで夫婦漫才?というような、扇辰・和歌子ご
夫妻の軽妙な会話で、美しい景色が次々と。

私事ながら、マルタには一度、行ったことがある
ので、懐かしい風景もちらほら。
・・欲を言えば、もう少しスクリーンを大きくし
て欲しかったなぁ。

休憩後、まずはあこさんの音楽パフォーマンス。
ベルギーで仕入れた、フランドルの民謡、ベルギー
の学生さんたちの、沖縄民謡「てぃんさぐの花」
の替え歌、そして締めは「東京節」。

おしゃべりも楽しく、歌声も美しい。衣装が、い
つもの着物ではなく、ベルギーで流行中?の、蛇
柄のスカートというのもなかなか新鮮。

扇辰「道灌」。「字幕付き落語では絶対に無理な
噺を」との前置きで。

確かに、ダジャレ満載の運びに、太田道灌の故事
がからむ噺だから、字幕にするのは無理。第一、
太田道灌なんて、日本人でも落語好き以外には、
今どき知られていないかも。

噺の方は、いつも通りの快調そのもの。前座噺と
は言え、前座さんの演る道灌とはまるで別物。

トリは、奥様、覚和歌子さんの詩の朗読。
「わたしの呼び名」、「パトロールに行ってらっ
しゃい」の2篇。

どちらも、ご夫婦の仲の良さが伝わってくる作で
した・・・はい、ゴチソウサマ。
posted by JTm at 08:29| 落語 | 更新情報をチェックする