2018年12月07日

2018.12.6 文楽鑑賞教室@国立小劇場

2018.12.6 文楽鑑賞教室(Bプロ)

演目
人形浄瑠璃「団子売」
    太夫 杵造=豊竹希太夫、お臼=竹本小住太夫、
       豊竹亘太夫、竹本碩太夫
    三味線=鶴澤清𠀋、鶴澤寛太郎、野澤錦吾、鶴澤燕二郎
    人形役割 杵造=吉田蓑太郎、お臼=吉田玉誉
    囃子 望月太明藏社中
解説「文楽の魅力」
    豊竹靖太夫(太夫)
    鶴澤友之助(三味線)
    吉田玉翔(人形)
  (休   憩)
人形浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」
  寺入りの段
    太夫=豊竹咲寿太夫、三味線=鶴澤友之助
  寺子屋の段
    太夫=(前)豊竹呂勢太夫、(後)豊竹芳穂太夫
    三味線=(前)鶴澤燕三、(後)鶴澤清志郎
   人形役割(各段共通)
    松王丸=桐竹勘十郎、武部源蔵=吉田文司、
    千代=吉田蓑二郎、戸浪=吉田清五郎、
    小太郎=吉田蓑之、菅秀才=吉田玉征、
    春藤玄蕃=吉田玉佳、御台所=桐竹勘次郎 外
   囃子 望月太明藏社中

「団子売」。清元の「玉兎」を義太夫節化した舞踊劇。
複数の太夫、三味線で演奏するこういう作を「景事(け
いごと)」と呼ぶそうだ。

景事は、慶事にも通じるのだろうか?というのは、わた
しの勝手な解釈だが、多分に祝祭的意味を持つものであ
ることは確かのようだ。

団子売りの夫婦が、団子作りの所作を見せたり、お多福
の面をつけて(本当は人形ごと変わっているのだが)踊っ
たりと、コミカルな動きが楽しい。

それにしても、「臼と杵とは女夫(みょうと=夫婦)で
ござる」とは、なかなか思わせぶりな表現ではないかい?

解説は、三業の若手代表が担当・・このメンバー、いつ
も同じ顔ぶれのような。・・違うかな?

「忠臣蔵」の裏門の場面の、おかると勘平のやりとりを
題材に、太夫と三味線による“感情表現”を実践。
そして、人形は、首(かしら)や左右の手の仕組みを紹
介し、三人で一体の人形を遣って見せた。

「菅原伝授手習鑑」。9月に森下文化Cでの素浄瑠璃の
会で聞いた演目なので、楽しみにしていたのだが、情け
なや、記憶はすでに曖昧である。

それでも、わが子を犠牲にして、大恩のある旧主に尽く
す松王丸夫婦の苦しい胸の内は、よく伝わってきた。

松王を遣う勘十郎師の表情・・・松王丸そのままだなぁ!
それだけ、登場人物に感情移入しているってことなので
しょう・・・たぶん。
posted by JTm at 09:38| 文楽 | 更新情報をチェックする