2018年12月21日

2018.12.20 正太郎百貨店 赤坂支店@赤坂会館(その3)

2018.12.20 正太郎百貨店 赤坂支店 
          歳末感謝祭五夜・第四夜

演目
入船亭扇ぽう    寿限無
春風亭正太郎    堪忍袋
入船亭扇遊     棒鱈
  (仲 入 り)
扇遊&正太郎    (対談)
春風亭正太郎    死神
       (三味線:柳沢きょう)

扇ぽう「寿限無」。なんか緊張してる?と思ったら、
あとに上がった正太郎さんが種明かし。寄席以外の落
語会での仕事は初めてだったそうだ。師匠がゲストだ
し・・そりゃ、緊張するよね。

正太郎「堪忍袋」。正太郎さんのこの噺はたぶんお初
だが、パワフルな夫婦喧嘩にびっくり。そのあとの悪
態には、一部、本音も?

扇遊「棒鱈」。2年前に一度聞いている。江戸っ子が
嫌う隣室の田舎侍にも、十分な愛情が注がれている感
じ。嫌味のないスッキリとした後味。

対談。扇橋師匠のこと、大師匠である小さん師宅での
前座修業、そして正太郎さんの師匠である正朝師との
かかわり等々。締めの名言は「落語の力を信じて」と。

正太郎「死神」。こちらもたぶんお初。聞いていて、
グイグイと引き込まれる感じがある。勢いがある良い
噺だった。最後は、ようやく点いた火を、くしゃみ一
発・・という、小三治師のかたち。
posted by JTm at 09:42| 落語 | 更新情報をチェックする