2018年12月24日

2018.12.23 三世茂山千之丞襲名披露公演@金剛能楽堂

2018.12.23 三世茂山千之丞襲名披露公演 京都公演

友人が見事ゲットしてくれたプラチナチケットを携えて、
京都に日帰り遠征。

演目
狂言「福の神」
   福の神=茂山あきら、
   参詣人=茂山竜正、茂山虎真、 後見=山下守之
狂言「萩大名」
   大名=茂山千作、太郎冠者=島田洋海、
   庭の亭主=網谷正美、  後見=井口竜也
狂言「無布施経(ふせないきょう)」
   出家=丸石やすし、
   檀家=茂山千三郎、 後見=茂山逸平
  (休  憩)
小舞「神鳴」     茂山鳳仁
  「小原木」    茂山慶和
  「明の明星」   茂山 蓮
  「猿聟」     茂山忠三郎
    以上、地謡=茂山千五郎、逸平、田賀屋夙生、島田
新作狂言「新成上り」(二世千之丞=作)
   太郎冠者=茂山七五三、主人=茂山宗彦、
   すっぱ=井口、  後見=島田
狂言「長光(ながみつ)」
   すっぱ=あきら、田舎者=松本 薫、
   目代=増田浩紀、 後見=田賀屋
狂言「蟹山伏(かにやまぶし)」
   山伏=茂山 茂、合力=山下、
   蟹の精=鈴木 実、  後見=網谷
  (休  憩)
童司改め三世茂山千之丞襲名披露狂言
  「花子(はなご)」
   男=三世茂山千之丞、妻=千五郎、
   太郎冠者=逸平、 後見=あきら、丸石
附祝言   茂山あきら

茂山童司さんが、祖父の名であった千之丞を三世として
襲名、“極重習”の大曲「花子」を披く。

狂言を見るようになって以来、何人かの「花子」の披き
を見てきたが、今回はそれに襲名という、もうひとつの
慶事が加わり、より一層の“重み”を感じる。

おめでたい公演とあって、客席には各界の著名人多数・・
お名前はわからなくても、顔に見覚えのある方がたくさん。

ロビーには、いっぱいのお花、そして、山本太郎画伯の
デザインによる衣装の展示も。華やかです。

演目も新・千之丞らしいチョイスで、上演時間は短いけ
れど、笑いの多い楽しい曲が並ぶ。上は千作師から、最
年少は蓮ちゃん7歳まで、お弟子さんたちも含めて全員
が勢ぞろい・・・というのもいかにも千之丞風。

「福の神」。パパ・あきら師の福の神に、すっかり青年
らしくなった双子の兄弟が殊勝にお参り。お酒をねだる
神様に、客席から(賛同の?)笑いが。

「萩大名」。御大・千作師の大名は、抜群の貫禄で。歌
を覚える力はなくても、訴訟ごとにはちゃんと勝てる人
という感じ。どうしても歌を詠ませたい庭の亭主は、ち
と変な人?

「無布施経」。お檀家がいつものお布施を忘れてる・・
貰いたいけどなかなか言い出せない出家。いろいろ理由
をつけては何度も戻り、「ふせ・・」とつく言葉を連ね
てみるのだが・・?

この発想、落語にもあるよな・・玉の輔師のあの噺とか。

最初の休憩後は、茂山家の次々代を担う子どもたちの小
舞から。そして、最後にゲストの茂山忠三郎師が登場し
て、「猿聟」を。忠三郎師は、京都のもうひとつの狂言
のお家の当主。昨年、五世忠三郎を襲名した。

「新成上り」。古典狂言から二世千之丞が改作。

古典の「成上り」は、太刀を盗まれた太郎冠者が、いろ
いろと“成り上って”名前や形が変わるものを並べたとこ
ろで、太刀とすり替えられた竹杖を見せる・・というお
話のようだが、これに、主従ふたりが盗人を捕えようと
する場を付け加えたもののようだ。

襲名という一種の“成り上り”にふさわしい演目といえる
のだろうが・・太刀⇒竹杖では、“成り下り”のような・・・

「長光」。これもまた、すっぱの登場する話で、寄席だっ
たらout!かも。

田舎者の持つ太刀を奪おうとするすっぱが、仲裁に入っ
た目代(役人)と、丁々発止?のやりとり。このすっぱ
は、大きな立派なひげを蓄えていて、本来の持ち主であ
る田舎者よりも、太刀にふさわしい・・というのが、妙
に可笑しい。人は見かけで判断してはダメ。

「蟹山伏」。旅の山伏が、蟹が沢というところに差し掛
かると、なにやらアヤシイ異形のものが。場所が蟹が沢
だけに、こいつは蟹の精。

これを退治しようとする合力が「捕まえてご主人の今夜
の酒の肴に」というセリフがあるのだが、これを「捕ま
えて今夜の打ち上げの鍋に・・」と変えていた。

これを受けた山伏が「打ち上げはすき焼きだろう?」と
すかさず切り返す・・こういうお遊びが、お豆腐狂言の
大きな魅力。

ここで、二度目の休憩が入り、いよいよ「花子」へ。

ツィッターで「京都は完全クラシックバージョン、東京
は二世千之丞バージョン」で演じる、と書いていた新千
之丞さん。

でも、その完全クラシックのはずの京都でも、見ていて
新しさを強く感じた。

今まで、狂言を活かした現代のコントや、百年先まで演
じられる「新しい古典狂言」などを手掛けてきた、童司
改め新・千之丞さんの、集大成と言って良いだろう。

見ていて、涙があふれてしまい、大いに困った・・今も
涙で画面がにじんでます。

打ち上げのすき焼き、きっととても美味しかったことで
しょう・・蟹すきだったかどうかはわからないけれど。 
posted by JTm at 11:16| 狂言 | 更新情報をチェックする