2018年12月29日

2018.12.28 新版三人集-年忘れ三夜-@赤坂会館(その3)

2018.12.28 新版三人集-年忘れ三夜- 第三夜

演目
柳亭市朗          手紙無筆
春風亭昇也         (高座返しパフォーマンス)
入船亭小辰         いかけや
春風亭昇也         (ご挨拶と高座返し)
柳亭市弥          二番煎じ
  (仲 入 り)         
春風亭一蔵         御神酒徳利
一蔵&市弥&小辰      (ご挨拶と三本締)

楽日・・さすがにお客さんが多い。そして、なぜか、
楽屋にも人がたくさん?いるような・・。

市朗「手紙無筆」。しばらく見ないうちに、すっかり
芸人さんらしくなった感じ。あとの時間配分に配慮し
てか、ほんのとば口だけで噺を切る・・気配りも見事。

ここで、“恒例”になった、昇也さんのスーパー高座返
し。「成金」でトリを務めるそうで、仲入り前のみ、
高座返しを担当。

小辰「いかけや」。悪ガキどもが、コマッチャクレて
小憎らしいのに、なぜか憎めない。後半に出てくる、
気弱なうなぎ屋の造形が面白い。

市弥「二番煎じ」。見回りの役人が宗助さんに酒を強
要していたところを見ると、市馬師匠の噺を受け継ぐ
もの。前半にたっぷりのどを聞かせるところもちゃん
と受け継いで。

面白かった・・おおぜい出てくるから、人の描き分け
が難しい噺なので、今後、もっと良くなる・・はず。

一蔵「御神酒徳利」。三日間同じ噺を聞く、馬鹿な?
客に配慮してか、いろいろ盛ってくれましたね。本当
に初演なの?・・ってくらい。

筋だけで十分面白い噺なんだが、正直、さすがに三日
目となると・・という気分も無きにしも非ずだったか
ら、それはそれで結構・・大いに笑いました。

三日間通して聞いて、ひとりくらい、占い八百屋のバー
ジョンで演ってくれても良かったかな?という気が・・・

宿屋バージョンに比べると派手さがないから、“競作”
の場では演りにくい・・とは思うけれども。

最後は、“呑み”目当てに?集合した楽屋の面々も登場
して、めでたく三本締め。
  1228.jpg

どうぞ、みなさまも良いお年をお迎えください。
posted by JTm at 08:18| 落語 | 更新情報をチェックする