2019年01月11日

2019.1.10 日本演芸若手研精会@日本橋社会教育会館

2019.1.10 第451回 日本演芸若手研精会

演目
春風亭きいち      祇園祭(途中から)
柳家小もん       千早ふる
春風亭一花       権助提灯
三遊亭わん丈      三枚起請
  (仲 入 り)
春風亭正太郎      もぐら泥
入船亭遊京       茶の湯
         (三味線:太田その)

諸般の事情で少し遅れて会場へ。高座には前座のきいち
さん・・・あれ、え?「祇園祭」??
今年5月、二ッ目昇進が決まったそうで、意欲満々。
やっぱり、大師匠から習ったんだろうか。

小もん「千早ふる」。こちらはもう、完全に小里ん師匠
の千早だなぁ。姿かたちは似てないけれど、口調や間の
とり方なんか、ホント、よく似ている。

一花。今回からメンバー入りとのこと。こみち師の卒業
で女性がいなくて寂しいと思っていたのは、主催者も同
じだった・・ってことか。いや、実力ですよね。

以前は9名で確定していた研精会メンバーだが、最近、
人数が増えている。ただ今、13人。二ッ目さんの会が
増えて、出演者確保が大変になった・・かな?

で、一花「権助提灯」。一花さんにかかると、権助まで
もが可愛らしい。「入れてくれ」という旦那を前に、ピ
シャ!と、戸を閉める女房とお妾さん・・その仕草が笑
いを誘う。

わん丈「三枚起請」。個人的には最後に“改”とでも付け
たいところ。寄席のネタ帳には「新三枚起請」と書かれ
たと、仲入りのおしゃべりで言っていた。

分かりやすく・・という工夫なのだろうと思うが、花魁
だの起請だのがそもそも前近代的なんだから、妙に新し
さを付け加えると、なんだかちぐはぐ。ま、好き好きで
はありますが。

正太郎「もぐら泥」。なんとなく夏の噺のようなイメー
ジがあったが、よく考えると季節は限定されていない。
夏泥のイメージに引きずられていたかも。

最後に登場する酔っ払いが、結局、すべてをさらって行
く・・・金も、笑いも。泥ちゃん、可哀想すぎ。

遊京「茶の湯」。遊京さん・・すごーく久々。噺を聞く
のは2017年以来だ。茶の湯を聞くのはたぶんお初。

ご隠居が人の好い好々爺って感じ。だけど頑固なんだ・・
そして、さだ吉がなんとも可愛らしい。

お長屋の三人もきっちり描き分けが出来ていて、ドラマ
・・というよりはアニメ?・・そう、「サザエさん」み
たいな、ホームドラマ風のアニメを見ているような感じ
だった。

ご隠居は波平さん、さだ吉はカツオくん・・かな?
posted by JTm at 09:34| 落語 | 更新情報をチェックする