2019年01月30日

2019.1.29 八代目林家正蔵一門会@湯島天満宮参集殿

2019.1.29 八代目林家正蔵一門会

演目
橘家門朗       道灌
橘家文蔵       試し酒
桂藤兵衛       小間物屋政談
  (仲 入 り)
八光亭春輔      岸柳島
春風亭一朝      黄金餅

この日は、八代目正蔵師、つまり林家彦六師匠のご命
日で、亡くなって満37年になるそうだ。
追善の会・・と言っていいのかな、直弟子ふたり、孫
弟子ふたり、そして前座はひ孫弟子という、一門会。

急遽決まったのか、宣伝が足りなかったのか、入りは
ちと寂しいけれど、来た人間にとっては非常に贅沢な
会である。

門朗「道灌」。八五郎が「変な絵、変な絵」を連発す
る、いかにも文蔵門下らしい道灌で、なんだか後ろに
師匠の影が見えるような・・・

と、思ったらやっぱり次にご登場。
文蔵「試し酒」。八代目の噺で持っているのは「牡丹
灯籠」くらいで、サラ口では無理・・と言いながら、
お得意の噺へ。

久蔵が「考えてくる」と一旦外に出たあと戻った時に、
最初の時より少しだけ愛想がよくなっている・・この
久蔵さん、実は・・・なので、これも立派なサゲへの
伏線か。

藤兵衛「小間物屋政談」。真面目で商売熱心な小間物
屋の小四郎に、思いがけなく降りかかった大災難。

お気の毒ではあるけれど、莫大な財産と若くてきれい
な嫁を前に、あっさりと心変わりするのは、調子よす
ぎる気がしないでもない。

春輔「岸柳島」。口演時間28分は、今まで聞いた岸柳
島の中で最長かも。

春輔師の語り口だと、舟に乗り合わせた江戸っ子の啖
呵にポン、ポーン!という勢いがあまり感じられない。
そのためか、その場面は短めにして、武士同士のやり
取りの場面が長かったように思う。

一朝「黄金餅」。こちらはもう、快調にテンポ良く。
木蓮寺の和尚のデタラメな経が愉快だけれど、「トラ
ヤーヤー」という経が、実際にあるのだから、「トラ
が鳴いたら大変だ」っていうのは、なんだかうなずけ
る。(『大非心陀羅尼』という経典)

噺家さんが、出囃子なしで登場する会って初めてだっ
た。(三味線なしで太鼓だけというのはあったが)
追善の会だから?それとも単に、手配忘れでしょうか。
posted by JTm at 09:29| 落語 | 更新情報をチェックする