2019年05月14日

2019.5.13 人形浄瑠璃5月文楽公演@国立小劇場(その1)

2019.5.13 人形浄瑠璃5月文楽公演 第一部

演目
通し狂言「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」
     近松半二、松田ばく、栄善平、近松東南=合作
 大 序 大内の段
    太夫 竹本碩太夫、豊竹亘太夫、
       竹本小住太夫、豊竹咲寿太夫
    三味線 鶴澤清允、鶴澤燕二郎、
        野澤錦吾、鶴澤清公
  同  小松原の段(野澤松之輔=補曲)
    太夫 久我之助=豊竹芳穂太夫、雛鳥=豊竹咲寿太夫、
       小菊=竹本南都太夫、桔梗=竹本文字栄太夫、
       玄蕃=竹本津國太夫、采女=竹本小住太夫
    三味線 竹澤團吾
  同  蝦夷子館の段(野澤松之輔=補曲)
    太夫=(口)豊竹亘太夫、(奥)竹本三輪太夫
    三味線=(口)鶴澤清公、(奥)鶴澤清友
  <大序人形役割>
    蘇我蝦夷子=吉田玉佳、中納言行主=吉田清五郎、
    後室定高=吉田玉誉、久我之助=吉田玉助、
    雛鳥=吉田簔紫郎、蘇我入鹿=吉田文司  外
 二段目 猿沢池の段(野澤松之輔=補曲)
    太夫=豊竹希太夫、三味線=鶴澤友之助
  (休  憩)
 二段目 鹿殺しの段(七代鶴澤寛治=補曲)
    太夫=竹本碩太夫、三味線=野澤錦吾
  同  掛乞の段
    太夫=豊竹睦太夫、三味線=鶴澤寛太郎
  同  万歳の段
    太夫=竹本織太夫、三味線=鶴澤清志郎、ツレ=鶴澤清允
  同  芝六忠義の段
    太夫=豊竹咲太夫、三味線=鶴澤燕三
  <二段目人形役割>
    天智帝=吉田勘彌、猟師芝六=吉田玉也、
    倅・三作=桐竹勘次郎、女房お雉=吉田簔二郎、
    藤原淡海(不比等)=豊松清十郎  外
  (休  憩)
 三段目 太宰館の段
    太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦吾
  <人形役割>
    大判事清澄=吉田玉男、後室定高=吉田和生、
    蘇我入鹿=吉田文司  外
  囃子=望月太明藏社中

「妹背山」を文楽で見るのは、2016年に大阪に遠征したの
が最初で、今回は3年ぶり2度目となる。

前回見た時は、二段目と三段目の上演順を入れ替えており、
第一部の最後に「妹山背山の段」が来ていたが、今回は原作
の順番通りの上演・・そのため、正直言って、第一部には山
場がないなー・・という感じは否めない。

ただ、話はやはり、順番通りの方が分かりやすい。大阪公演
の時は、急に思い立って日帰りで行った経緯もあり、筋を追
うだけで四苦八苦した記憶がある。

大序では、主要登場人物とその置かれた立場が明らかになる。

天智帝は病のため視力を失っており、それにつけ込んで天下
を牛耳ろうと謀るのが蘇我蝦夷子(えみじ)である。対する
のは藤原鎌足・・鎌足の娘・采女は、帝と恋仲で、それを逆
にとられて、鎌足は蝦夷子に、朝廷から追われる。

そして、小松原の段は、のちの悲劇の元となる若い男女の出
会い。対立する家の出とも知らず、一瞬にして恋に落ちるふ
たり・・・

さらに蝦夷子館では、大逆転が待っている。父の蝦夷子の策
略を嫌って、自ら死を選んだはずの入鹿が、実は父を上回る
大悪人であった・・というのだ。(“ラスボス”なんて書いている
向きもあるが、わたしは好きじゃない。ゲームやらないし)

二段目は、入鹿の魔の手を逃れた帝が、流浪の身となってい
る。しかし、目が見えない帝は、そのことを知らず、猟師・
芝六の貧しい家を、内裏だと思っている。

上つ方たちと、庶民のちぐはぐなやり取りが可笑しい。

しかし、そんな気楽な場面はすぐに終わり、なぜかこっそり
と鹿を狩った芝六の一家に、悲劇が襲いかかる。なにせ、奈
良の鹿たせから・・殺したら石子詰。落語にもある通り。

芝六はなぜ鹿を狩ったのか・・その理由が明らかになるのは
まだずーっと先。

この二段目までで第一部が終わる?と思ったら、最後に三段
目の冒頭がついていた。

天下をほしいままにする入鹿が、太宰館(小松原で出会った
恋人たちの女の方、雛鳥の家)を訪れ、太宰と対立関係にあ
る大判事(同じく、男の方久我之助の父)を呼び出す。

太宰の後室(未亡人)定高(さだか。雛鳥の母)と、大判事、
このふたりに、難題を突き付ける入鹿。

定高には、「雛鳥を入内させよ」・・つまり、自分の妻にし
たいってこと。

大判事には、采女の付人だった久我之助が采女を匿っている
に違いない、そうでないと言うなら、久我之助を入鹿の朝廷
に出仕させよと。

久我之助に一途な雛鳥が入鹿の妻になることなど出来はしな
いし、采女を通じて鎌足・淡海親子とともに天智帝を助ける
久我之助が、入鹿に仕えることも無理。

というわけで、ふたりの親が、入鹿の権勢と親としての情愛
の板挟みになったところで、第一部は終了となる。

山場が第二部に集中するためか、第一部は、太夫・三味線と
も、“若手奮闘公演”の様相。特に最後の太宰館の靖太夫師の
頑張りに拍手。

そして、大阪公演の時には病気休演だった咲太夫師が、二段
目の切、芝六忠義で、元気な姿を見せてくれたことが嬉しかっ
た・・やっばり、ビシッ!と、締まりますねぇ。
posted by JTm at 19:38| 文楽 | 更新情報をチェックする