2019年05月31日

2019.5.30 桂吉坊・春風亭一之輔二人会@日本橋劇場

2019.5.30 第10回 桂吉坊・春風亭一之輔二人会

演目
春風亭与いち      黄金の大黒
桂 吉坊        おごろもち盗人
春風亭一之輔      祇園祭
  (仲 入 り)
春風亭一之輔      天狗裁き
桂 吉坊        たちきり
         (三味線:恩田えり??)

与いち「黄金の大黒」。与いちさん、久しぶりに聞
いたが、この噺はあきらかに一之輔師直伝・・もう、
あまりに似ていて、それが一番可笑しかった。

吉坊「おごろもち盗人」。おごろもちは、大阪弁で
もぐらのことだそうで、東京では「もぐら泥」とい
うお馴染みの噺。

噺の運びはほとんど同じで、最後に漁夫の利を得る
男が、酔っ払いか素面かの違い。

あと、女房が「足袋を買った・・半襟も・・あ、つ
いでに帯と着物」・・これ、如何にも上方の女房っ
ぽい。

一之輔「祇園祭」。忘れていたが今回のネタ出し。
後からの話では、だいぶ前にネタ出ししたものの、
大いに後悔したと。初演以後、ずっと演っていなかっ
た噺だそうだ。

旅の三人が、京の町に入るところからのフル?バー
ジョン。時折、ちょっとした言い直しなどもあった
けれど、気になるほどではない。

最後の祭囃子は・・うーん、これはやっぱり、一朝
師匠には及びませんな・・師匠は偉大。

一之輔「天狗裁き」。前かたのリベンジ?なのか、
もう如何にも一之輔師らしいハジケっぷり。いやー、
ずっと笑いっぱなしで、涙出て来た。

お奉行様の出てくる噺なのに、大家のセリフの中に、
「三時半に目が覚める・・」なんて、現代の時制が
出て来たのは、よく考えると矛盾なんだが・・聞い
ている間は、まったく気にならず。

吉坊「たちきり」。ハッチャケた一之輔師の高座の
あとで、まったく毛色の違う噺をするのは大変だろ
う・・と心配したが、これは杞憂。
一瞬にして、自分の世界に引き込む・・・

一途な思いで結ばれた若い男女が、ほんのちょっと
したかけ違いで悲しい結末に・・その情感をしっと
りと描き出す。

最後の場面に、小糸の朋輩の芸妓たちが、お参りに
訪れるのは、東京の「たちきり」ではほとんど演じ
られない。

それを寂しいと思うこともあったけれど、今回、吉
坊師の噺を聞いて、これはやっぱり、上方弁だから
いいんだ・・と、改めて感じた次第。
posted by JTm at 09:51| 落語 | 更新情報をチェックする