2019年06月26日

2019.6.25 能楽鑑賞教室@国立能楽堂

2019.6.25 第36回 能楽鑑賞教室

演目
解説「能楽の楽しみ」     安藤貴康(能楽師シテ方観世流)
狂言「文山立(ふみやまだち)」(大蔵流)
   シテ(山賊甲)=善竹富太郎、アド(山賊乙)=善竹大二郎
  (休  憩)
能「船弁慶」(観世流)
   シテ(前・静御前、後・平知盛の怨霊)=清水寛二、
   ツレ(源義経)=鵜澤 光、
   ワキ(武蔵坊弁慶)=舘田善博、
   ワキツレ(義経の従者)=梅村昌功、則久英志、
   アイ(船頭)=大藏基誠
   囃子方 笛=八反田智子、小鼓=飯富孔明、
       大鼓=亀井洋佑、太鼓=田中 達
   後見=鵜澤 久、浅見慈一
   地謡=安藤貴康、小早川 修、谷本健吾、西村高夫、
      北浪貴裕、山本順之、馬野正基、柴田 稔

今回は、高校2校、中学1校の生徒さんとともに。
お行儀の良い生徒さんたちだった。

冒頭の解説は例年通り。途中に各校代表を舞台に
上げて、簡単な所作をさせるワークショップもい
つもの通り。

まぁ、生徒さんの方は毎年変わるのだから良いの
だろうけれど、元・生徒の方はいささか飽きが・・・

そのせいか、狂言「文山立」は、正直、眠気との
戦いに。生徒さんたちに恥ずかしいです。

ただ、さほど笑いが多い演目でもなく、セリフが
延々と続く感じで、もう少しとっつきやすい演目
でもよいのでは?・・と思わぬでもない。

「船弁慶」。こちらもこの鑑賞教室ではよく取り
上げられる演目で、2度目の遭遇。

前シテが静御前、後シテが知盛の怨霊と、義経を
めぐって相反する立場のふたりを、ひとりの演者
が演じるというのは・・・うーん、なんだか奥深
い気が。

ともに生きたい、一緒に死にたいと思う静が、義
経の命により京に返される前半。

もしかしたら、その一緒に行けない静の恨みが、
知盛の霊に合体して、後半の怨霊の姿になってし
まったのか?

いやー・・それはやっぱり考えすぎだよね。  
posted by JTm at 11:28| | 更新情報をチェックする