2019年07月17日

2019.7.16 映画「新聞記者」@角川シネマ有楽町

2019.7.16 映画「新聞記者」

監督  藤井直人
原案  望月衣塑子
脚本  詩森ろば・高石明彦・藤井直人
出演  シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、田中哲司 外

現政権に、真っ向から挑んだと評判の映画・・これは
選挙に行く前に、ぜひ見なければと思った。

誤報報道がもとで自殺した父を持つ女性記者吉岡は、
首相が強く後押しする大学院大学が建設されるとの情
報を得、詳細を調査することに。

一方、外務省から内閣情報調査室に出向中の杉原は、
外務省時代の上司の自殺にショックを受ける・・その
死の真相を探る杉原は、上司がこの大学の一件に関係
していることに気づき・・・

現政権と企業との癒着、大学に名を借りて実は生物化
学兵器の開発につながる機関を創設しようとする動き、
さらに、その政権に反対する者たちを、嘘の情報操作
で圧迫し、果ては自殺に追い込む・・なりふり構わぬ
「正義」。

あまりにも、あまりにも重い内容で、見ていて息苦し
くなり、正直、途中で見るのをやめようと思った。

しかし、ここでやめたら負け!という気持ちもあり、
頑張って最後まで見続けた。

最後、映画は結論を出さない。

結末は、見る者の心の内にある。

「さあ、あなたはどうしますか?」・・その問いかけ
ですべては終わる。

長期安定政権こそが国を守る道という主張がある・・
そのためには、嘘も欺瞞も、でっち上げも、何でも許
される、と。

本当にそうだろうか?
その嘘や欺瞞やでっち上げで守られるのは、「国」な
のだろうか?

国全体を犠牲にして、一部の誰かを守っているのでは
ないのか?

よしんば、それによって守られるのが国であったとし
ても、そんな汚い手段でなければ、守ることが出来な
い「国」に、本当に守る価値はあるのだろうか?

その問いは、あまりに重い。だが・・答はもう決まっ
ている・・そうではないか?

映画の中のひとつひとつの事象が、現実の出来事に、
ピタッとあてはまることもあって、映画化そして公開
には、様々な困難があったと聞く。

政権トップのスキャンダルを追った記者たちの物語と
して、われわれ世代が一番に思い出すのは、アメリカ
大統領ニクソン氏を辞任に追い込んだ、ワシントンポ
スト紙の取材だ。

「大統領の陰謀」として、映画化され、世界的に大ヒッ
トした。

もっとも、この映画は、ニクソン辞任後の制作・公開
だから、最初から「正義」の立場で受け入れられたの
だった。

「新聞記者」は、あくまでフィクションでありながら、
現在の実際の政権に、真っ向からもの申す映画である。

その意味で、「大統領の陰謀」より一段上の映画であ
ると、わたしは思う。

日本の女優陣がしり込みするなかで、敢然と主役に挑
んだシム・ウンギョン氏・・韓国の女優さんで、TV
ドラマでも活躍しているとのことだが、寡聞にして知
らなかった。

吉岡記者は、取り立てて美人というわけでもなく、ファッ
ションもどちらかと言えば野暮ったい。決して華やか
なエリートではない。ツィッターで自分への反響をい
ちいちチェックするなど、人間的な面も垣間見せる。

しかし、真相の追求への意欲は本当にすごい。常にまっ
すぐな視線には、強い意志の力を感じさせる・・

この役を演じることを渋った日本の女優さんが、いっ
たい誰なのか、わたしは知らないが、惜しいことをし
たものである。

杉原役の松坂桃李氏、朝ドラ「梅ちゃん先生」以来、
ちょっととぼけたところのある甘い二枚目という印象
が強かったが、この杉原役で新たな役柄をつかんだよ
うに思う。

上司の重圧や脅しに耐えながら、生まれたばかりの娘
に恥じない生き方を選ぼうとする姿は、感動的だった。

そして、その上司・多田を演じる田中哲司氏。TVの
刑事ものドラマでは、正義感の強い真面目な刑事役で
お馴染みだった。今回の役もまた、「正義」を貫こう
としてはいる。

しかし、その「正義」は、果たして本当の「正義」な
のか・・・すべてを計算しつくして、冷酷な判断を下
し、手段を選ばず目的を果たす姿に、背筋が寒くなっ
た。名演技である。
posted by JTm at 14:10| 映画 | 更新情報をチェックする