2019年07月19日

2019.7.18 獅子の会@宝生能楽堂(その1)

2019.7.18 第一回 獅子の会 第一部

演目
能「忠信」(宝生流)
  佐藤忠信=辰巳満次郎、伊勢義盛=原 大、
  源義経=大友 順、従者=金森隆晋、藤井秋雅、
  法師武者=佐野弘宜、
  立衆=辰巳大二郎、金野泰大、田崎 甫、今井 基、金井賢郎
  囃子方 笛=内潟慶三、小鼓=観世新九郎、大鼓=守家由訓
  後見=小林与志郎、金井雄資
  地謡=澤田宏司、和久荘太郎、水上 優、
     山内崇生、大坪喜美雄、野月 聡
舞囃子「鶴亀」(観世流)
  皇帝=観世喜之
  囃子方 笛=江野 泉、小鼓=観世新九郎、
      大鼓=高野 彰、太鼓=桜井 均
  地謡=金子聡哉、久田勘鷗、寺井 栄、上田拓司
小舞「七つ子」(和泉流)
   三宅右矩  地謡=三宅近成、前田晃一
一調「土車」(喜多流)
   高林白牛口二  大鼓=飯島六之佐
仕舞「室君(むろぎみ)」(金春流)
   井上貴覚    
   地謡=村岡聖美、林 美佐、柏崎真由子
仕舞「鮎之段」(喜多流)
   谷 大作
仕舞「鵜之段」(喜多流)
   出雲康雅
   以上、地謡=高林昌司、狩野了一、中村邦生、
         佐々木多門
仕舞「夕顔-キリ」(観世流)
   寺井 栄
   地謡=久田勘鷗、上田拓司、金子聡哉
  (休  憩)
仕舞「隅田川」(観世流)
   久田勘鷗
   地謡=寺井 栄、上田拓司、金子聡哉
仕舞「雨月-前」(宝生流)
   小林与志郎
仕舞「梅枝-キリ」(宝生流)
   大坪喜美雄
   以上、地謡=大友 順、佐野弘宜、辰巳大二郎、
         金野泰大
仕舞「船弁慶」(観世流)
   上田拓司
   地謡=寺井 栄、久田勘鷗、金子聡哉
小舞「祐善」(和泉流)
   野村又三郎 
   地謡=井上松次郎、奥津健太郎、野口隆行
舞囃子「安宅-延年之舞」(宝生流)
  武蔵坊弁慶=金井雄資
  囃子方 笛=藤田貴寛、小鼓=成田達志、大鼓=亀井広忠
  地謡=小林与志郎、野月 聡、和久荘太郎、水上 優
狂言「二人大名」(大蔵流)
  道通りの者=茂山七五三、
  大名甲=山本泰太郎、大名乙=若松 隆
半能「石橋(しゃっきょう)」(喜多流)
  獅子=長島 茂、寂昭法師=殿田謙吉、
  囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=鵜澤洋太郎、
      大鼓=大倉慶乃助、太鼓=桜井 均
  後見=友枝昭世、高林白牛口二、中村邦生

「獅子の会」は、亥年生まれの能楽師さんたちの流派
を越えての会だそうで、「え、シシ違い?」と思った
けれど、獅子奮迅の意味も兼ねるとのことで・・なん
となく納得。

文字通り、会員のみならず助演のみなさんも、獅子奮
迅の大活躍。次から次に、これでもか!とばかりの演
目が・・・ということでコメントは一部に。

能「忠信」。事前にちょっと調べたが、この演目につ
いてはあまり資料が見当たらず・・役名から、あの狐
忠信の?程度の見当で見る。

狐は出てこなかったが、吉野に隠れた義経一行が、吉
野の衆徒に裏切られて落ち延びるという経緯。

義経を逃したあと、ひとり残った忠信が、それこそ獅
子奮迅の大活躍。アクロバティックな大立ち回りで、
初心者にも楽しい演目だった・・どうしてあまり取り
上げられていないのかなぁ?

間に狂言小舞を挟んで、「鶴亀」の観世喜之師と「土
車」の高林白牛口二(こうじ)師が、最高齢会員の御
年84歳。・・・えー?と思うくらいにお元気で。

休憩前後は、仕舞の連続・・聞き覚えがあるような、
ないような・・・そんな謡が続く。こうして聞く人間
の声って、本当に心地よいですね。

仕舞の最後「船弁慶」。先月、鑑賞教室で見たばかり。
知盛の霊が義経一行の前に現れて、弁慶がそれを調伏
する場面。

素人考えだが、この場面の知盛と弁慶には、敵をただ
憎むのではなく、敵対しながらも相手に対する尊敬が
感じられる。・・考えすぎかな?

狂言小舞「祐善」。追善の会の時に附祝言で謡われる
ので、耳に覚えがあるのだが、どんな曲なのか、未だ
によくわかっていない。どうやら、祐善というのは傘
張り職人で、とっても腕が悪かったらしい・・という
ことが、今回判明。

舞囃子「安宅」。歌舞伎十八番「勧進帳」の元になっ
た曲。その最後に弁慶が舞う、延年之舞。
・・それにしても、義経&弁慶の人気度高し。昼夜で
4演目。

狂言「二人大名」。狂言のお家の中では一番硬い芸風
の、山本東次郎家の大名に、茂山千五郎家の七五三師
が、いかにもお豆腐狂言らしく、柔軟にからむ・・面
白さが倍増する配役かも?

今年還暦の若松隆師、起上り小坊主、お疲れさまです。

半能「石橋」。半というのは、後半部分のみの上演だ
から。獅子の会ですからね・・これが出なければ、終
わりませぬ。

プログラムによれば、「喜多流のひとりで演る石橋は
大変大事に扱われており、特別な許しがないと上演出
来ない大曲」とのこと。

そして、獅子が赤い巻き毛というのが非常に印象的。
勇壮な舞で、千秋万歳を祝って、大団円。

第一部の終演が、午後5時半・・わずかのインターバ
ルで、6時から第二部が始まる。
それについてはまた別項で。
posted by JTm at 12:16| | 更新情報をチェックする