2019年07月23日

2019.7.22 こたつの会@赤坂区民センター和室

2019.7.22 第三回 こたつの会

演目
入船亭小辰      普段の袴
  〃        茄子娘
  (仲 入 り)
入船亭小辰      藪入り

友人主催の小辰さんの会。2回目は参加出来ず、
昨年8月の第一回以来。

「普段の袴」。今年1月以来。祝儀・不祝儀の
ぶつかり合いのハチャメチャさがなんとも楽し
い。冒頭に登場するお侍に、威厳とともに飄々
とした楽隠居の雰囲気が感じられた。

「茄子娘」。6月に初演を聞いている。全部、
扇辰師匠通りだった前回に比べ、ちょっといじっ
たかな?という感じに。あまり演り手のない噺
なので、参考に出来る口演がないと言っていた。

確かに、扇辰師以外ではほとんど聞かないし、
例外的に聞いた他の演者も、ほとんど扇辰師と
同じだったなー。

ただ、一回だけ、三遊亭朝橘師がまだ橘也時代
に聞いているが、これはかなりの破格で、毛色
の違う噺だった。小辰さん、ご参考まで。

この前半2席、長めのマクラで寄席での高座の
大変さと大切さについて語っていたのは興味深
かった。

「藪入り」。夏の藪入りで、お父っつぁんが起
きだすのが午前4時と、やけに早い・・そうね、
夏だと4時にはもう明るくなり始めるものね。

そう思うと、聞きながら脳裏に思い浮かぶ長屋
の情景が、いちいち、夏の朝に見えて来るから
・・不思議。

いや、小辰さんの腕が良いから・・かもね?
posted by JTm at 10:01| 落語 | 更新情報をチェックする