2019年08月18日

2019.8.17 納涼茂山狂言祭2019東京公演@国立能楽堂

2019.8.17 納涼茂山狂言祭2019東京公演 第一部・第二部

第一部演目
お話(解説)      茂山千三郎
狂言「蚊相撲」
    大名=茂山千之丞、太郎冠者=茂山千五郎、
    蚊の精=茂山あきら、  後見=井口竜也
狂言「呂蓮(ろれん)」
    出家=茂山宗彦、男=茂山七五三、
    女房=茂山 茂、    後見=丸石やすし
  (休  憩)
狂言「釣針」
    太郎冠者=茂山逸平、主=千三郎、妻=鈴木 実、
    端女=茂、増田浩紀、井口、千之丞、千五郎、後見=丸石
附祝言「猿唄」     丸石やすし

「蚊相撲」。蚊の精が人間に化けて、相撲を取りながら
思いっきり血を吸おうと・・こんな設定、いったい誰が
思いつくのか。

蚊の顔なんて知らないけれど、あの面を見ていると、だ
んだん、これぞ蚊!って思えてくる不思議。

「呂蓮」。旅の出家が、宿の主人に頼まれて、彼を出家
させる。ところが女房が怒り出し・・

「女房も賛成している」とのことだったのに、いざ、女
房が怒り出すと、主人は責任逃れ。旅の出家には、理不
尽な迷惑。

「釣針」。信心の甲斐あって、欲しいものがなんでも釣
れる釣針を手にした男。まずは連れ添う女房を・・そし
てこれに仕える端女を。

橋掛や切戸口から、被衣をかぶって次々に登場する端女
たち・・ずらっと並んだ乙の面が、とっても可愛らしい。

この演目、最初に釣られる“お妻さま”を、子方が演じる
ことか多いように思うが、今回は大人が・・そのせいか、
最後まで被衣を取らなかった。顔、見たかったなー。

第二部演目
お話(解説)      茂山逸平
狂言「神鳴(かみなり)」
    神鳴=茂山千三郎、医者=茂山千之丞、
    地謡=茂山あきら、逸平、増田浩紀、井口竜也
    後見=鈴木 実
狂言「察化(さっか)」
    太郎冠者=茂山 茂、主=丸石やすし
    察化=茂山宗彦、    後見=増田浩紀
  (休  憩)
新作狂言「ふろしき」(帆足正規=作、二世千之丞=演出)
    若い男=茂山千五郎、女=逸平、亭主=あきら、
    近所の男=茂山七五三、 後見=井口、鈴木
  
「神鳴」。空を暴れまわるカミナリが、雲の隙間から転
落。腰を打って動けずにいると、旅の医師が・・。

この医師、腕が悪くて都で商売できず、東へ都落ちの途
中だというが、意外にもカミナリの脈の取り方まで知っ
ているし、鍼でたちどころに治してしまうし・・
実は名医。わたしも世話になりたいくらい。

・・いや、あんなデッカイ鍼はごめんだな、やっぱり。

「察化」。都で名うての“すっぱ”を、こともあろうに主
人の伯父だと思って連れてきてしまう太郎冠者。伯父の
方が甥よりもずっと年若いってなに!?・・と、これが
まずは笑いどころだったり。

後半は、勘違いの太郎冠者の独壇場で、引き回されるすっ
ぱには大迷惑。すっぱ役の宗彦さん、第一部に続いて、
理不尽な災難の役。

「ふろしき」。落語の「風呂敷」を脚色した新作。
・・と言っても、書かれたのは昭和の時代のようだが。

落語の「風呂敷」と違うのは、ことを解決した兄貴分が、
これもまた女房に言い寄るってところ。この女房、そう
とうしたたかな女のようで。

あきら師のぐだぐだの酔いっぷり、その後ろでセリフな
しで見せる千五郎師の戸惑いぶり、そして、なにより、
七五三師が最後に見せるニヤケっぷりが、いずれもお見
事で、楽しいハーモニーを繰り広げた。

毎年、楽しみにしている納涼狂言だが、来年は東京五輪
と日程が被り、混乱が予想されるので、東京公演は無し
だって!・・残念無念。改めて五輪反対!って叫びたい。
posted by JTm at 09:05| 狂言 | 更新情報をチェックする