2019年08月19日

2019.8.18 東次郎家伝十二番@横浜能楽堂

2019.8.18 東次郎家伝十二番 第五回

演目
狂言「朝比奈」
  シテ(朝比奈)=山本則秀、
  アド(閻魔王)=山本凛太郎、後見=山本泰太郎
  囃子方 笛=一噌隆之、小鼓=住駒允彦、
      大鼓=亀井洋佑、太鼓=梶谷英樹
  地謡=山本則孝、山本則俊、山本則重
  (休  憩)
狂言「布施無経(ふせないきょう)」
  シテ(住持)=山本東次郎、
  アド(檀家)=山本則俊、後見=山本則孝

「朝比奈」。仏教信仰が盛んになって、人々がみな極楽
に行ってしまう・・地獄は閑古鳥。仕方なく閻魔大王自
ら、六道の辻で、亡者を“勧誘”・・・

落語「お血脈」みたいな話の発端。ところがたまたま出
会った亡者は、なんと無双の豪傑・朝比奈三郎で・・。

閻魔王のリクエスト?に応えて、北条氏との戦いの様子
を仕方話で語るのは、修羅能のパロディだろうか。閻魔
大王も形無しの豪勇無双ぶりを発揮。

閻魔王役の凛太郎さんはまだ20代の若さ・・それゆえか、
朝比奈役・則秀さん、遠慮なく引きずり回していた?

「布施無経」。お馴染みの茂山千五郎家では、漢文式に
「無布施経」と書くが、山本家ではこう書くらしい。

毎月、お経をあげに行く檀家で、いつものお布施を忘れ
ている・・・さて、どうしよう・・と悩む住持。

いろいろ考えては何度も小戻りし、それとなく「ふせ、
ふせ」と、聞かせてはみるのだが・・・。

最後、お檀家がようやく気付いてくれたところで、住持
が実はお布施欲しさで何度も出たり入ったりしていたこ
ともバレてしまう。

ここで、お檀家が、明らかに住持に対して軽蔑を見せた
のが、ちょっと意外だった。

茂山家の演出とは違う・・と感じたからだ。茂山家では、
お檀家は「しょうがないねぇ」と笑って済ます感じだっ
たかと。

武家式楽の伝統を強く受け継ぐ山本家と、お豆腐狂言の
茂山家、同じ大蔵流でも違いは大きい。
posted by JTm at 08:26| 狂言 | 更新情報をチェックする