2019年08月24日

2019.8.23 新版三人集-納涼五夜-@赤坂会館

2019.8.23 新版三人集-納涼五夜- 第五夜「大ネタ商い中」

演目
柳亭市朗      転失気
柳亭市弥      崇徳院(+踊り「イケメンかっぽれ」)
入船亭小辰     青菜
  (仲 入 り)
春風亭一蔵     火事息子
三人集+三遊亭天歌 (ご挨拶と三本締)

今年はいろいろあって、楽日だけの参加。
この日は、「大ネタ商い中」とのサブタイトルで、
春・夏・冬の噺をネタ出し。

秋の噺は無し・・だから「あきない中」なんだって。
なるほどねぇ・・・・

市朗「転失気」。なんか気持ちが焦っていたのか?
ちょっと慌てていたような。落ち着け!

市弥「崇徳院」。茶屋で出会っただけで互いに一目
ぼれしてしまうような、初心な男女の噺って・・市
弥さんには、似合いすぎ?・・ま、実際はわかりま
せんが。

浅草の中席「住吉踊り」で、演っていたという、イ
ケメンかっぽれのオマケ付き。・・「おいおい、何、
カッコつけてんだよ!」というのが正直な感想。

小辰「青菜」。6月の小辰の寸法で聞いているが、
さらに一歩、進化したようだ。植木屋さん夫婦の仲
人が“加藤の旦那”で、カバとサルの力を借りて、縁
をまとめてしまうなんて・・いかにも加藤さん(笑)
(ちなみに、この日は会場には不在)

一蔵「火事息子」。初演だそうだ。
当然、一朝師匠からか?と思って聞いていたけれど、
ちょっと違うかな?

だけど、湿っぽくなりすぎず、あくまで落語的に、
笑いの多い噺に・・というのは、師匠との共通点。

今度は冬に、ぜひ、聞かせてください。

最後は、楽屋に遊びに来ていた天歌さんも加わって、
めでたく三本で締める・・次はまた年末に・・かな?
posted by JTm at 11:11| 落語 | 更新情報をチェックする