2019年08月26日

2019.8.25 国立能楽堂ショーケース公演

2019.8.25 国立能楽堂ショーケース公演<8月>

演目
解説       武田宗典
狂言「柿山伏」(和泉流)
  シテ(山伏)=野村又三郎、アド(畑主)=野口隆行
  (休  憩)
能「安達原」(観世流)
  シテ(前・里の女、後・鬼女)=上田公威、
  ワキ(山伏祐慶)=大日方寛、
  ワキツレ(同行の山伏)=野口琢弘、
  アイ(能力)=松田髙義、
  囃子方 笛=成田寛人、小鼓=田邊恭賀、
      大鼓=佃良太郎、太鼓=林雄一郎
  後見=観世芳伸、角幸二郎
  地謡=新江和人、武田友志、武田宗典、藤波重彦、
     坂井音晴、藤波重孝、木月宣行、野村昌司

能狂言になじみの無い方にも、気楽に見てほしいという
趣旨で、分かりやすい演目を解説付きで、しかもコンパ
クトに・・という公演。

コンパクト・・ってことは、もしかしたら若干、切り詰
めてあったのかな?・・どのみち、よくわからないが。

解説の武田宗典師は、観世流シテ方。この公演、外国人
の観客も想定してか、解説も字幕付きだった。簡単に能
舞台の説明をした後、上演演目を紹介。明快な解説だ。

「柿山伏」。柿を盗み喰う山伏を、柿の木の持ち主がか
らかう・・・「犬か?」と言えば「ビョウビョウ」と鳴
き、「猿か?」と言えば「キャーキャー」と。最後は、
「鳶か?」と言われて、つい飛べる気に・・

最初の犬に、やや違和感・・茂山家では烏だったはず。
うーん、犬は柿の木に上るだろうか?

「安達原」。以前に見た金春流では「黒塚」だった。
旅の山伏一行が、奥州安達原で一軒の貧しい家に一夜の
宿を乞う。

そこに住んでいたのはひとりの女・・夜更けて寒くなっ
たので、女は「薪を取って来ます」と言って出かける。
その留守に、「決して見ないで」と言われていた女の閨
を、好奇心に駆られた能力がのぞくと・・・?

人を殺して喰うという罪は重いが、「見ない」という約
束を破ったのは山伏の方。

約束を守っていれば、何事もなく夜を明かし、無事に旅
立つことが・・・さて、出来たのだろうか?

約束を破られた女は鬼女に変じ、山伏たちに襲いかかる
が、結局その法力に調伏されてしまう。

人を喰らうという大きな罪を、実は心の奥では恥じてい
たに違いない女が、仏の慈悲によって救われることを祈
りたい。
posted by JTm at 09:09| | 更新情報をチェックする