2019年08月31日

2019.8.30 国立能楽堂夏スペシャル 狂言と落語・講談

2019.8.30 国立能楽堂夏スペシャル 
     狂言と落語・講談 -特集・博奕-

演目
神田松鯉      講談「笹川の花会」(『天保水滸伝』より)
柳家花緑      落語「狸賽」
  (休  憩)
素囃子「神楽」   笛=栗林祐輔、小鼓=田邊恭賀、
          大鼓=大倉慶之助、太鼓=林雄一郎
狂言「博奕十王」(和泉流)
    シテ(博奕打)=野村萬斎、アド(閻魔王)=石田幸雄、
    小アド(前鬼)=深田博治、同(後鬼)=高野和憲、
    立衆(鬼)=中村修一、内藤 連、飯田 豪、月崎晴夫
    囃子方 笛=栗林祐輔、小鼓=田邊恭賀、
        大鼓=大倉慶之助、太鼓=林雄一郎
    地謡=破石普照、野村万作、野村太一郎、岡 聡史

テーマ「博奕」にちなんでか、入場時にサイコロ
キャラメルをいただく。子どものころからお馴染
みのキャラメルだが、最近は、北海道限定販売だ
そうで・・・知らなかった・・。

夏恒例の狂言と落語・講談のコラボ公演。今回は、
人間国宝おふたりが出演ということで、チケット
は瞬殺だった模様。無事買えてラッキー。

松鯉「笹川の花会」。人間国宝に認定されたばか
りの松鯉先生・・でも、会場でささやかれていた
のは「松之丞の師匠?」。

コメントは差し控えます。

「笹川の花会」は、笹川繁蔵と飯岡助五郎という
ふたりの博徒の争いを描く、『天保水滸伝』の中
の一話。

花会というのは、要するに博奕の会。飯岡助五郎
の名代として会に赴いた政吉が、敵である繁蔵の
人物の大きさに感銘を受ける。

琴調先生で何度か聞いているけれど、35分という
尺ではお初かな。この後、助五郎は繁蔵に対する
恨みを募らせて行くようだが、繁蔵に恩を感じた
政吉はどうするのだろう?・・後が気になる。

花緑「狸賽」。15分あれば終わっちゃう噺に、持
ち時間は35分。・・マクラたっぷりです。
いつも思うのだが、無理に持ち時間を揃えなくて
もいいんじゃない?

ただ、今回の、五代目小さん師の思い出話はかな
り面白くて結構でした。本篇の「狸賽」も、寄席
のお客さんより、ウケていたようで。

「博奕十王」。初めて見る演目。冒頭に登場する
閻魔大王が、「人々が利口になって亡者が地獄に
来ない」と嘆くのは、先日見た「朝比奈」と同じ。

ただ、朝比奈と違って、こちらの閻魔様は大勢の
手下を従えて登場、六道の辻で亡者を“スカウト”。

やって来た亡者は博奕打ち。白い装束は亡者のユ
ニホームだ。

博奕打ちは閻魔を賭博に誘い、持参のサイコロで
勝負!・・狸賽と同じ、サイコロひとつのちょぼ
一というやつ。

6つの目の中からひとつを当てる、当たらなけれ
ば親の勝ち・・って、これ、分が悪すぎるよ。
閻魔大王ともあろう人?が、なぜそれに気づかな
いか?

というわけで、ボロ負けした閻魔様は、身ぐるみ
剥がれてしまうことに。・・なんか、「文七」の
冒頭の長兵衛を連想した。

博奕打ちの持つサイコロ、最初にちらっと見せた
時は、赤い「1」の目が確かにあった。しかし、
いざ賭けにかかると、閻魔が「1」にこだわると
いう話になるので、後半は間違っても1が出ない
ようにしているはず・・

たぶん、「1」の目は、サイコロを袋から出すと
きに、一緒に取り除くように出来ているのだろう。
転がした時にも、1の赤はチラリとも見えなかっ
たものね。

閻魔様、これ、いかさまですよー!

この博奕打ち、本当に極楽に入れて貰えるのかな?
posted by JTm at 09:50| 雑記 | 更新情報をチェックする