2019年09月11日

2019.9.9 キクの日に柳家小菊を聴く会@なかの芸能小劇場

2019.9.9 なかの満点座 キクの日に柳家小菊を聴く会

演目
粋曲      三味線と唄=柳家小菊
端唄      三味線=花季知優佳
        唄=柳家小菊
  (仲 入 り)
粋曲      三味線と唄=柳家小菊

小菊師匠の会は、昨年2月以来で2度目。前回同様、
端唄の師匠、花季知優佳さんがゲスト・・もっとも
前回はまだ前名の珠代さんで、昨秋にお母上の名を
襲名されたそうだ。

まずはお馴染みの「梅は咲いたか」で、なかの芸能
小劇場へごあんなーい・・から。

続いて「木遣くずし」「キンライ節」「紀伊の国」
そして、都々逸・・最後は大仰な“あんこの入る、
「相惚れ」で締めくくる。

そのあとの曲は、残念ながら題不詳、芳町の陰間茶
屋の唄だったかな。さらに「裏の背戸や」「深川く
ずし」。

そのあと、この梁川くずしのメロディで、童謡の
「かわいいかくれんぼ」を・・最近、寄席でもよく
演ってるんですとのことだったが、しばらく寄席と
はご無沙汰なので、わたしにはお初だった。

ここでゲストの知優佳師が登場して、三味線を弾い
てくださる・・その糸に乗せて、「書き送る」「河
太郎」「亥年の春」の3曲。

しっとりとした曲、コミカルな曲、にぎやかな曲と
バラエティ豊か。

仲入り休憩後は、ふたたび「梅は咲いたか」から。
今度は秋バージョンの歌詞で。

「とかく世の中で黙って売るものは」という歌詞で
始まる虫売りの唄、「きりぎりすは羽で鳴くかよ」
という「新土佐節」、そして「立山」と、秋の唄を
まとめて。

「縁かいな」の節で「秋の夕日に・・」の「もみじ」
も披露してくれた。

そのあとは、「長崎ぶらぶら節」「芝で生まれて」
「品川甚句」「気前が良くて」「酒と女」「名古屋
甚句」と、お馴染みの曲を。

最後の一曲は、やはり「両国風景」で、予想通りと
は言え、聞けたのはなによりうれしい。

合間のおしゃべりは、師匠である紫朝師のこと、楽
屋のあれこれなど、こらもとても楽しくて、あっと
いう間の2時間。

ただ、欲を言えば・・鳴物があるともっと良かったなぁ。
posted by JTm at 10:23| 雑記 | 更新情報をチェックする