2019年09月11日

2019.9.10 鈴本演芸場上席・夜の部

2019.9.10 鈴本演芸場上席・夜の部(主任・こみち)

演目
柳家小はだ       転失気(途中から)
柳家小はぜ       子ほめ
松旭斎美智・美登    (奇術)
鈴々舎馬風       (漫談)
柳家甚語楼       権助芝居
米粒写経        (漫才)
古今亭文菊       金明竹
柳家はん治       粗忽長屋
翁家社中        (太神楽曲芸)
古今亭菊之丞      棒鱈
  ( 仲 入 り)
ペペ桜井        (ギター漫談)
柳亭燕路        だくだく
林家正蔵        蛸坊主
林家正楽        (紙切り)
                 相合傘、こみち師匠、紅葉狩、松茸狩
柳亭こみち       船徳
       (三味線:???)

ものすごーく、久しぶりの鈴本、こみち師の芝居、
楽日に滑り込み。少し遅れて、小はださん「転失気」
の途中から。

小はだ「子ほめ」。前かたの弟弟子を揶揄しつつ。
そういえばこの芝居は一門勢ぞろいですね。

美智・美都。キャンディーご馳走様。

馬風。美空ひばりメドレー、たっぷりと。

甚語楼「権助芝居」。馬風師匠がのばした分を、きっ
ちり調整。

米粒写経。時事ネタたくさん・・・インテリ漫才?

文菊「金明竹」。理知的すぎて与太郎が可愛くない。

はん治「粗忽長屋」。まさに鉄板ネタ。ひょうひょ
うとした語り口が、この噺にふさわしく。

菊之丞「棒鱈」。ホントに酔っぱらってる??

ペペ桜井。偉大なるマンネリって、このことか。

燕路「だくだく」。先日の白酒師に比べると、まさ
に“王道。どっちも面白いけれど。

正蔵「蛸坊主」。もとは上方ネタだそうだが、上方
では一時すたれてしまったものを、八代目正蔵師が
受け継いでおられた噺だそうで。九代目はまさに、
正当な後継者、か?

正楽。こみち師匠の横顔、ちゃんと面影あり・・さ
すが名人!・・そろそろ人間国宝?

こみち「船徳」。昨年夏に、初演を聞いている。そ
の時は(たぶん)習った通りに演じていたのだろう
が、今回、大幅な変更が・・・

何と言っても、徳さんの舟の気の毒なお客が、女性
ふたりになっていたのが最大の改変。

お姑さんとお嫁さんというふたり連れなのだが、ど
ちらも遠慮のないもの言いで、それが却ってふたり
の仲の良さを感じさせる。

あと、季節柄なのか、四万六千日という語は登場し
なかった。

いろいろひどい目にあったふたりだけれど、特にお
姑さんの方が、最後まで徳さんを心配していたのが
印象的・・・可愛い孫みたいな感じだったのかな?


ホントに久々の寄席・・前座さんも知らない顔が増
えちゃって・・追い出し太鼓、要特訓!
posted by JTm at 13:15| 落語 | 更新情報をチェックする