2019年09月16日

2019.9.15 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2019.9.15 小辰の寸法 第19回

演目
入船亭小辰     (ご挨拶)
春風亭与いち    黄金の大黒
入船亭小辰     目黒の秋刀魚
  〃       へっつい幽霊
  (仲 入 り)
入船亭小辰     藪入り

まず冒頭のご挨拶は、この日の昼間のお仕事の
こと、そして、落語をしゃべるのは睡眠薬代わ
りになるということについて。

最近、寝不足気味のわたしとしては、ぜひ取り
入れたい試みだけれど、その前に落語を覚えな
くちゃ・・・

それにしても小辰さん、高座では寝ないでね・・
志ん生師匠じゃないんだから。

与いち「黄金の大黒」。聞いていて、師匠の一
之輔師そっくりだなーと思っていたら、後から
小辰さんが同じことを言ったので・・なんか、
嬉しかったり。

小辰「目黒の秋刀魚」。この秋の初秋刀魚。

本物のサンマは今年も不漁だそうで、先日、近
所のスーパーで見たら、食べるのが可哀そうな
くらい細っちぃヤツが、それなりのお値段だっ
たのでピックリ!・・結局、買わずに帰った。

せめて、噺の方の秋刀魚は、豊漁でありますよ
うに・・あー、つばが湧いてきた・・・

小辰「へっつい幽霊」。小辰さんのこの噺はた
ぶんお初。初演かどうかは訊きそびれたが。

若旦那が登場しないひとりバージョン・・だっ
たと思う、たぶん。
ごめんなさい、眠かったの・・・

小辰「藪入り」。冒頭でお父っつぁんが起きだ
して箒を手にするのが、午前4時。
冬だったら真っ暗だなぁ、夏の藪入りかしら?
と思っていたら、帰宅した亀ちゃんが「めっき
りお寒くなりました」・・

あ、冬なのね・・じゃ、本当に真っ暗だろうな。

扇辰師匠の藪入りは、おっ母さんの印象が強い
が、比べると小辰さんのはお父っつぁんの方が
印象的。

いかにも江戸っ子で、威勢がいいや。

ここのところ、諸般の事情で引きこもり的生活
を送っていて、久々の外出だった。やっぱり、
落語はライブに限るねぇ。
posted by JTm at 10:12| 落語 | 更新情報をチェックする