2019年11月30日

2019.11.29 国立能楽堂企画公演

2019.11.29 国立能楽堂企画公演 能と組踊

演目
組踊「二童敵討(にどうてきうち)」
 あまをへ=眞境名正憲、
 鶴松=宮城茂雄、亀千代=田口博章、
 母=親泊興照、
 供=親泊久玄、新垣 悟、嘉手苅林一
 きやうちやこ(塗桶)持ち=玉城 匠
 歌・三線=西江喜春、玉城和樹、神谷大輔
 筝=宮里秀明、笛=宮城英夫、
 胡弓=平良 大、太鼓=比嘉 聰
  (休  憩)
能「放下僧(ほうかぞう)」(観世流)
 シテ(小次郎の兄)=観世清和、
 ツレ(牧野小次郎)=坂井音雅、
 ワキ(利根信俊)=森 常好、
 アイ(利根の従者)=山本東次郎
 囃子方 笛=一噌隆之、小鼓=大倉源次郎、大鼓=亀井広忠
 後見=武田宗和、上田公威、坂口貴信
 地謡=関根祥丸、木月宣行、武田宗典、浅見重好、
    坂井音晴、岡 久広、坂井音隆、角幸二郎

組踊は、沖縄の伝統芸能。薩摩の支配下にありながら、
中国の王朝の冊封も受けていた江戸時代の琉球にあって、
王の代替わりごとに、中国から遣わされる使者をもてな
す芸能であった。

薩摩が琉球を完全に支配下に置いたのは、江戸時代のご
く初期だが、それ以降、琉球に大和文化が流入し、冊封
使歓迎のための芸能にも、大きく影響したという。

今回の企画公演は、組踊と能のよく似た演目を並べて、
その比較をしようという試みらしい。

初日は「羽衣」と「銘苅子」、そしてわたしが見たのは
二日目の「放下僧」と「二童敵討」である。

「二童敵討」。王位を狙うあまをへは、敵対する護佐丸
を一族もろとも滅ぼす。しかし、秘かに逃れて隠れ住む
幼い兄弟が・・

この兄弟の仇討がテーマ。

もう天下に手が届いたと喜ぶあまをへは、部下を連れて
野遊びに。ふたりの兄弟は、美しい若衆として登場し、
あまをへに踊りを見せ、酒を呑ませて油断させ・・

と、ここでふと思い出す。
これ、先月見た「望月」という能と似ている・・
あちらは、兄弟ではなく、母子だったけれど。

後半の「放下僧」もまた、同じパターンで、どうやら能
にはよくある筋立てのようだ。

若い兄弟の役は、女性?と見まごうほどに美しく化粧し
て、装束もまた華やかで美しい。女性と同じように若衆
を愛でた時代・・とプログラムの解説にあったが、陶然
としたあまをへが、油断するのも無理はない・・という
美しさだった。

「放下僧」。放下というのは、中世に流行した雑芸で、
その一部は今の江戸太神楽に受け継がれているそうだ。

父を殺された小次郎は、幼いころに出家して僧になって
いる兄とともに、仇討を志す。ふたりは放下に身をやつ
して、仇に近づこうと・・

僧の兄が放下に化けるから「放下僧」。そして仇の利根
某が、なぜか禅問答が大好き・・というのは、現代人か
らはよく分からない設定だけれど、僧として修行を積ん
できた兄には大いに幸い。

主人が一度は拒否した放下を、自分が見たいばかりに引
き入れてしまう従者。これが言うなと言われていた主人
の本名を、うっかり口にしてしまうのも「望月」と同じ。

セリフもしどころも多い従者役に、山本東次郎師・・
いい配役です。

最後、いざ仇討となって、兄弟が名乗りをあげる寸前に、
脇座にいた利根某が、すっと立って切戸口から退場して
しまったのは、正直言ってびっくり仰天。

え・・どうして、どうして?・・・
と思っているうちに、物語はどんどん進行して、何事も
なかったかのように、兄弟は本懐を遂げる。

人を殺す場面は、たとえ仇討であっても具体的にはあら
わさない・・それが、能の象徴性ってことなのか?

・・ん?・・先月の「望月」は、どうだったかな。
困ったことに、もう忘れてます。情けない・・・。
posted by JTm at 10:47| | 更新情報をチェックする