2020年02月19日

2020.2.18 国立演芸場中席

2020.2.18 国立演芸場中席

演目
金原亭駒介       道灌
金原亭小駒       生徒の作文
金原亭馬治       真田小僧
ハル&ヨノ       (漫才?奇術?)
林家正雀        木更津の見初め(『お富与三郎』より)
金原亭馬生       赤間の仕返し(『お富与三郎』より)
金原亭世之介&古今亭菊春   (壽獅子舞)
  (仲 入 り)
大喜利・鹿芝居「与話情浮名横櫛-源氏店-」
           (脚本:竹の家すゞめ)
  配役:切られ与三郎=金原亭馬生、横櫛お富=林家正雀、
     蝙蝠の安五郎=金原亭世之介、番頭藤八=古今亭菊春、
     和泉屋多左衛門=金原亭馬玉、手代弥吉=金原亭馬治、
     瓦版売り久蔵=金原亭馬久、同 太郎=金原亭馬太郎、
     下女およし=金原亭小駒
     スペシャルゲスト・下男権助=大谷友右衛門
フィナーレ   手ぬぐい撒きと手締め
                 (三味線:田中ふゆ、金山はる)

駒介「道灌」。馬生門下、2月上席から楽屋入りした
ばかり。もちろん、お初です。身体もお顔も丸いのに、
声は意外に甲高く女性的。

小駒「生徒の作文」。大喜利がメインの席だから、持
ち時間が短くて、ほんの発端のみ。次はもっと聞かせ
てね。

馬治「真田小僧」。こちらも前半の前半だけ・・金坊
がまんまと6枚の銭をせしめるところまで。それでも
金坊の機転の良さは十分感じる。

ハル&ヨノ。恒例の、色物さん代わり、世之介師と菊
春師。漫才しつつ奇術も披露。

正雀・馬生「お富与三郎」。仲入り後の鹿芝居の前段
をリレー落語で。正雀師が、木更津でのふたりの出会
いを語り、馬生師は密通がバレて、与三郎が赤間源左
衛門に仕返しされ、総身に傷を負う場面を。

ここで、恒例の獅子舞が、客席を回り、今年は特に、
流行り病の退散を祈願・・なんか、お客さんがいつも
より少ないのもそのためらしい・・・。

仲入り休憩後は、いよいよお待ちかね鹿芝居。
「与話情浮名横櫛」は、2014年に続き2度目。前回、
わたしの行った日は大雪で、来られなかったお客さん
が多かったっけ。

満を持しての再演だったのか?・・それでまた、この
新型コロナウィルス騒動か・・なんか、ツイてないね、
この演目。

昨年の鹿芝居後に急逝された、蝶花楼馬楽師匠の穴埋
め?に、なんと、本物の歌舞伎役者、大谷友右衛門丈
が参加するという豪華さ・・さすが、国立。

お富の実の兄の和泉屋多左衛門役の馬玉師・・とって
も、お得な役回りでしたね。次は、準主役かな。
posted by JTm at 10:38| 落語 | 更新情報をチェックする