2020年02月26日

2020.2.25 赤坂文楽@赤坂区民センター

2020.2.25 赤坂文楽#22 関取千両幟

演目
挨拶と解説       葛西聖司
トーク         鶴澤藤蔵
            豊竹睦太夫
            吉田玉助、吉田一輔
  (休  憩)
人形浄瑠璃文楽『関取千両幟』
 猪名川内より相撲場の段
  太夫  おとわ=豊竹睦太夫、猪名川=豊竹靖太夫、
      鉄ヶ嶽・外=竹本碩太夫
  三味線 鶴澤藤蔵、鶴澤清志郎(胡弓も)
  人形  猪名川=吉田玉助、おとわ=吉田一輔、
      鉄ヶ嶽=吉田玉佳    外

前半は、司会の葛西聖司氏の解説、そして出演者たちの
座談で、本日の演目を紹介し、聞きどころ、見どころを
丁寧に紹介・・初心者としてはありがたいが、見慣れて
いる人にはご不満もあったようで・・隣席がやかましい。

気の毒だが、嫌なら、後半の実演までロビーで待てば?
と言いたくなる。会場に入ったからには、静かに聞いて
欲しいものである。

「関取千両幟」は、素浄瑠璃で一度、本公演で二度見て
いる。でも、いつもこの「猪名川内から相撲場」のとこ
ろだけ・・それだけ、名場面なのだろう。

前半の猪名川内は、ふたりの相撲取り、猪名川と鉄ヶ嶽
の会話・・猪名川は主筋の若者のために、200両という
金を工面するか、支払いを待ってもらうかしなくてはな
らない。

その口利きを鉄ヶ嶽に頼みたい・・鉄ヶ嶽の方は、なん
とか猪名川に勝ちたい・・
「魚心あれば、水心」・・迷いながらも八百長相撲の決
心をする猪名川。

このやりとりを秘かに聞いていたのが、猪名川の女房・
おとわ。亭主の髪を梳きながら、その心を慮って、こち
らもなにやら決心を・・

舞台転換の間に、三味線弾きの見せ場、「曲弾き」。

三味線で櫓太鼓の音を再現し、撥を投げたり、三味線を
頭上に持ち上げたり、逆さに立てたりして、曲芸ばりの
弾き方を見せる・・鮮やか。

後半の相撲場は、すでに相撲が終わったところ。どうや
ら、猪名川対鉄ヶ嶽の勝負の最中に、「懸賞金200両!」
の声がかかって、猪名川は正々堂々の相撲に勝ったらし
い・・

懸賞の声を掛けた大坂屋が、駕籠を伴ってやって来る・・
挨拶をする猪名川・・「金主の旦那は駕籠の中だよ」。

猪名川がひと言礼をと、駕籠のたれを上げると、乗って
いたのは女房のおとわ。

おとわは、苦界に身を沈めて、夫の苦悩を救ったのだ。

駕籠の中のおとわと、猪名川との別れ・・この幕切れが
なんとも味わい深かった。

当初、出演を予定されていた呂勢太夫師が、病気療養の
ために休演というのは残念だった。

が、睦太夫師の声には、当初の予定の猪名川より、女性
のおとわの方が合っているように思うし、一番若い太夫
の、碩太夫師の活躍の場が増えたのも結構だったと思う。

いつもはほぼ満席の赤坂文楽だが、今回は空席が目立つ。
・・コロナウィルスで断念した人もおられたのだろう。
一日も早い収束を祈るしかない。
posted by JTm at 11:51| 文楽 | 更新情報をチェックする