2020年03月28日

2020.3.27 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2020.3.27 小辰の寸法 第25回

本当は、他の公演に行くはずだったが、そちらが中止
になったのでこちらへ。前日に花形演芸大賞の金賞受
賞が発表になったんだもん、行かずにはいられません。

演目
入船亭小辰       (ご挨拶)
春風亭いっ休      桃太郎
入船亭小辰       長屋の花見
  〃         崇徳院
  (仲 入 り)
入船亭小辰       不動坊

冒頭のご挨拶は、例によってコロナのあれこれ。暗い
話になりがちだけど、そこからも笑いを見出すのが、
噺家さんの力。そして、受賞のことは最後にチラッと。
・・奥床しい(笑)

いっ休「桃太郎」。師匠につけて貰った芸名について
のマクラから。桃太郎は、先日聞いた与いちさんとほ
ぼ同じ・・って、当然か。

小辰「長屋の花見」。こちらは前日に聞いたばかりの
三三師を思い出させる・・ルーツは一緒?

小辰「崇徳院」。一席目に続いて、満開の桜にささげ
る?噺。花見の出来ない我々にも、せっかくきれいに
咲いたのに見てもらえない桜にも、嬉しい噺です。

腰みのみたいに腰にわらじを巻き付けて、町を歩き続
ける熊さんの足取りが、だんだんフラフラになって行
く様子が上手い。

小辰「不動坊」。ほぼ一年ぶりかな。いろいろと試行
錯誤を続けた噺だが、どうやらこれで固まったかなと
いう感じ。

鉄瓶下げて銭湯に行っちゃう、吉っつぁんの浮かれぶ
りが、春の到来を思わせる。

最後に降りかけた緞帳をいったん止めてのご挨拶。こ
んなご時世なので、用意した噺を笑いの多い噺に替え
たと。お気遣い、ありがとう。
posted by JTm at 09:51| 落語 | 更新情報をチェックする