2020年07月06日

2020.7.5 左龍・甚語楼の会@お江戸日本橋亭

2020.7.5 第25回 左龍・甚語楼の会

演目
左龍&甚語楼      (トーク)
柳亭左ん坊       つる
柳亭左龍        お菊の皿
柳家甚語楼       愛宕山
  (仲 入 り)
柳家甚語楼       本膳
柳亭左龍        かぼちゃ屋

ありとあらゆる?落語会が中止、延期の憂き目を見る
中、前回に続き、予定通りの開催。そういう巡り合わ
せもあるってことで。

左ん坊「つる」。若干、端折り気味だったかな?それ
でも、オチを言えずに悔しがって泣く八っつぁんの顔
が愉快だった。顔芸は師匠譲り??

左龍「お菊の皿」。だんだんと大げさに、クサくなっ
て行くお菊さんの変化が楽しい。そして、オチのセリ
フに、休みの前の弾んだ気持ちがあるのが嬉しい。

甚語楼「愛宕山」。印象としては春の噺だが、あまり
季節感を盛り込まずに演じていたようだ。尻押しの場
面の一八と繁蔵のやり取りが、思いっきりハッチャケ
ていて大笑い。

甚語楼「本膳」。甚語楼師のこの噺はお初かな。芋を
転がしたり、ご飯粒を鼻につけたりの不思議な礼式、
先生の苦り切った顔が目に浮かぶ。

左龍「かぼちゃ屋」。なにか特に目新しいという要素
はなかった(と思う)が、きっちり楷書体の噺は聞い
ていて心地よい。

いつも思うが、この噺の与太郎は、数ある与太郎の中
でも群を抜いている・・・。見事な与太郎ぶり。

次回は11月8日(日)開催予定。次も予定通り出来ま
すように。
posted by JTm at 15:37| 落語 | 更新情報をチェックする