2017年09月09日

2017.9月 人形浄瑠璃九月文楽公演@国立小劇場

7日に第一部、8日に第二部と、二日続きで見た。
まずは・・・

20107.9.7 人形浄瑠璃九月文楽公演・第一部

演目
「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」
  宇治川蛍狩りの段
    太夫=(中)竹本小住太夫、(奥)竹本三輪太夫
    三味線=(中)野澤錦吾、(奥)鶴澤清友
  明石浦船別れの段
    太夫=竹本津駒太夫、三味線=鶴澤寛治、琴=鶴澤燕二郎
  (休   憩) 
  浜松小屋の段
    太夫=豊竹呂勢太夫、三味線=鶴澤清治
  (休   憩)
  嶋田宿笑い薬の段
    太夫=(中)豊竹芳穂太夫、(奥)豊竹咲太夫
    三味線=(中)鶴澤清𠀋、(奥)鶴澤燕三
  宿屋の段
    太夫=豊竹呂太夫、三味線=竹澤團七、琴=鶴澤清公
  大井川の段
    太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦糸
  人形役割(記載のないものは各段共通)
    阿曾次郎(後、駒沢次郎左衛門)=吉田玉男、
    朝顔(浜松小屋)=吉田蓑助、
    同(宿屋・大井川)=豊松清十郎、
    乳母浅香=吉田和生、徳右衛門=桐竹勘壽、
    萩の祐仙=桐竹勘十郎  外

「君の名は」(アニメじゃなく、菊田一夫のドラマ)
みたいなすれ違いメロドラマとのふれ込みだったが
・・・まさに。

しかしながら、設定が如何にもご都合主義!という
印象は否めない。

深雪と阿曾次郎、偶然の出会いではあったが、決し
て結ばれない間柄ではない。

深雪は芸州岸戸の家老の娘、阿曾次郎は西国の大名、
大内家の家臣・・・身分的に、釣り合わないという
訳でもないし、ロミオとジュリエットのように、敵
対する間柄という訳でもない。

現に、今回の上演では省かれてしまったが、名を改
めて駒沢次郎左衛門となった阿曾次郎は、深雪の父
に縁組を申し入れているのだ。

恋は盲目とは、よく言ったもの。
駒沢某と阿曾次郎が同一人物とは知らない深雪は、
この縁組を嫌って、父の家を出奔・・・

要するにこのふたり、しなくてもいい苦労をし、死
ななくてもいい多くの人を死なせてしまうのだ。

なんかなー・・・と、思ってしまうのは、あまりに
も現代的感覚なのか??

「浜松小屋」の途中から、なんだか馬鹿らしく思え
てきて、猛然と眠くなってしまった・・・

この「浜松小屋」は、人形の蓑助・玉男、三味線の
清治各師という、いわゆる“人間国宝”の揃う場面だっ
たというのに・・・なんと、もったいない。

それにしても、文楽でも歌舞伎でも、深窓の姫君た
ちの、なんと、大胆なことか。
現代っ娘だって、ここまでやるか?・・と思っちゃ
いましたよ。

滑稽なチャリ場の「笑い薬」が、咲太夫というので
昨年の「一谷」のチャリ場を思い出して期待したが、
前回ほどのアドリブはなく、ちと残念・・・

ただ、この場で茶を立てる祐仙を遣う勘十郎師は、
実に見事な“お点前”・・・やっぱり、落語とは違い
ますなぁ。
    

20107.9.8 人形浄瑠璃九月文楽公演・第二部

演目
「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」
  清水寺の段
    太夫 薄雲王子=竹本津國太夫、犬淵源蔵=竹本南都太夫、
       采女之助=竹本文字栄太夫、桂姫=豊竹咲寿太夫、
       腰元=豊竹亘太夫、竹本碩太夫
    三味線=竹澤團吾
  道春館の段
    太夫=(中)豊竹希太夫、(奥)竹本千歳太夫
    三味線=(中)鶴澤寛太郎、(奥)豊澤富助
  (休   憩)
  神泉苑の段
    太夫=(口)豊竹咲寿太夫、(奥)豊竹咲甫太夫
    三味線=(口)豊澤龍爾改め鶴澤友之助、(奥)鶴澤清介
  廊下の段
    太夫=豊竹始太夫、三味線=鶴澤清志郎
  (休   憩)
  訴訟の段
    太夫=豊竹睦太夫、三味線=野澤喜一郎
  祈りの段
    太夫=竹本文字久太夫、三味線=竹澤宗助
   人形役割(ここまでの段共通)
    薄雲王子=吉田玉也、桂姫=吉田蓑二郎、
    萩の方=吉田和生、初花姫後に玉藻前=吉田文昇、
    玉藻前実は妖狐=桐竹勘十郎、金藤次=吉田玉男、
    采女之助=吉田幸助、傾城亀菊=吉田勘彌 外
  (休   憩)
  化粧殺生石の段
    太夫=豊竹咲甫太夫、豊竹睦太夫、豊竹始太夫、
       竹本小住太夫、豊竹亘太夫
    三味線=鶴澤藤蔵、鶴澤清馗、鶴澤寛太郎、
        鶴澤清公、鶴澤燕二郎
   人形役割
    座頭・在所娘・雷・いなせな男・夜鷹・
    女郎・奴・妖狐=桐竹勘十郎(早替り)

第一部を見た翌日に、続けて第二部へ。

第一部に比べて、申し訳ないが、圧倒的にこっちの
方が面白い。眠くなるヒマもないくらい。

歌舞伎ではかなり以前に一度見ているはずだが、文
楽ではたぶんお初。

背景は、平安時代の帝位争いだが、例によって、舞
台上の各種様式は、おそらく江戸時代のもの。その
点、なんとなく違和感を感じるのは、先年放送され
た大河ドラマ「清盛」を思い出させる人名が多く出
て来たゆえかもしれない。

鳥羽天皇の兄でありながら、日蝕の生まれであるこ
とを理由に帝位につけなかった薄雲王子が、三国
(天竺・唐土・日本)を股にかける妖狐・九尾の狐
と組んで、日本を“魔界”にしようと画策。

・・しかし、まあ、あらすじなんてどうでもいい。
美しい官女の顔が、突然に妖しい狐に変わったり、
人形遣いの早替りやら、宙乗りやら・・・外連味たっ
ぶりの展開が、ただただ、楽しい。

最後の幕は、まさに、勘十郎オン・ステージ。
「七化け」と言われるそうだが、妖狐を入れれば8
役の早替りを、勘十郎師が嬉々として(という印象)
務める・・・お見事!

プログラムにあるインタビューによると、この場面
は、殺生石に封じ込められて退屈した妖狐が、夜な
夜な、色んなものに化けて遊んでいる・・のだそう
だ。

主筋には、ほとんど無関係な場面だが、それがなん
とも楽しい場になっていて、極上の気分で(てか、
かなりの興奮状態で)劇場を後に。

あー、面白かった!   
posted by JTm at 09:52| 文楽 | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

2017.5.30 赤坂文楽@赤坂区民センター

2017.5.30 赤坂文楽 #17 ~伝統を受け継ぐ 其の八~

演目
第一部  『義経千本桜』 「渡海屋」より“幽霊知盛”
第二部  お話 吉田玉男 (聞き手・高木秀樹)
  (休   憩)
第三部  『義経千本桜』 「大物浦」より“碇知盛”

 〈出演〉太夫=豊竹呂勢太夫、
     三味線=鶴澤燕三、鶴澤寛太郎、鶴澤清公、鶴澤燕二郎
     人形遣=吉田玉男、吉田玉佳、吉田玉翔、吉田玉路、
         吉田玉峻、吉田玉延、吉田玉征
     望月太明藏社中
     司会=高木秀樹(文楽研究家、イヤホンガイド解説者)

以前から、チラシを眺めるばかりで、なかなか
行くきっかけのなかった会に、友人の誘いで初
参加。

ひとつの演目を通して上演するのではなく、ひ
とりの演者を軸に、ダイジェストでの実演と、
合間の対談・・というプログラム。

渡海屋も大物浦も、ほとんど知盛ひとりだけで
の上演・・というのは、来てみて初めて知った。

いつもその場面にいるはずの人(人形か・・)
が見えないのは、最初、ちょっと戸惑ったけれ
ど、その分、知盛に集中して見られるというの
は、また別の面白さがある。

合間のお話は、「伝統を受け継ぐ」という副題
にちなんで、当代玉男師の師匠である、先代玉
男師の話を中心に。

そして、その合間に、舞台袖に向かって行われ
る“幽霊知盛”の引っ込みを、正面への動きで見
せて下さったのは、実にありがたかった。

すごい、迫力・・・前方席にいたので、思わず、
後ろにのけぞって避けてしまったよ・・・。

うーん、今までチラシだけ見て、迷った挙句に
行かずにいたのが、なんとも悔やまれる・・・。
誘ってくれた友人に、感謝、感謝!
posted by JTm at 20:38| 文楽 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

2017.5.18 人形浄瑠璃五月文楽公演@国立小劇場(その2)

  0518(1).JPG 来ました。

2017.5.18 人形浄瑠璃五月文楽公演・第一部

ロビーにも飾り物多数。
0518(2).JPG 0518(3).JPG
       0518(4).JPG

演目
「寿柱立万歳(ことぶきはしらだてまんざい)」
    太夫 太夫=竹本三輪太夫、才三=竹本津國太夫、
       竹本南都太夫、竹本小住太夫、竹本文字栄太夫
    三味線=鶴澤清馗、鶴澤清𠀋、鶴澤清公。
        野澤錦吾、竹澤團吾
    人形役割 太夫=桐竹紋臣、才三=吉田清五郎
  (休   憩)
「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」
  茶筅酒の段
    太夫=豊竹芳穂太夫、三味線=鶴澤聖友
  喧嘩の段
    太夫=豊竹咲寿太夫、三味線=豊澤龍爾
  訴訟の段
    太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦糸
  桜丸切腹の段
    太夫=豊竹文字久太夫、三味線=鶴澤藤蔵
  (休   憩)
豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫襲名披露口上」
  (前列下手より)豊竹呂勢太夫(司会)、竹本津國太夫、
          豊竹呂太夫、鶴澤清治、桐竹勘十郎
  (後列下手より)豊竹亘太夫、鶴澤藤蔵、竹本三輪太夫、
          竹本千歳太夫、豊竹希太夫
  (休   憩)

「菅原伝授手習鑑」(続き)
  寺入りの段
    太夫=豊竹呂勢太夫、三味線=鶴澤清治
  襲名披露狂言・寺子屋の段 
    太夫=(前)豊竹呂太夫、(切)豊竹咲太夫
    三味線=(前)鶴澤清介、(切)鶴澤燕三
  人形役割(各段共通)
    白太夫=吉田玉也、松王丸=吉田玉男、
    梅王丸=吉田幸助、桜丸=吉田蓑助、
    千代=桐竹勘十郎、春=吉田一輔、八重=吉田蓑二郎、
    武部源蔵=吉田和生、戸浪=桐竹勘壽、菅秀才=桐竹勘介、
    小太郎=吉田蓑太郎、よだれくり=吉田玉翔、  外

張り切って見に来たはずだったのに、前夜の寝不足で、
再三に渡って睡魔に襲われる・・・無念じゃ。
も一度見直したいくらいだけど、チケット完売。トホホ

「寿柱立万歳」。常磐津の曲を義太夫に移したものだ
そうで、大正天皇の即位の礼を祝して演じられたのが
初め、とのこと。ごくごくおめでたいものを、いっぱ
い並べました、という感じ。

ユーモラスな才三は、黄色の足袋・・やっぱり狂言方。

「菅原伝授手習鑑」。これも歌舞伎では何度か見たは
ずだが、文楽ではお初。

プログラム見て、え?と思う・・なんだ、車引は出な
いのか。なんか、物足りないなぁ。

白太夫の古稀の祝いに、三つ子の息子の嫁たちが駆け
つける場面から。三人の息子は勤め先が異なり、中で
も、菅原道真に仕える梅王丸と、その敵方の藤原時平
に仕える松王丸とは仲が悪い。

ようやくやって来たと思えば喧嘩沙汰。・・父が道真
から預かる大事な植木の内、桜の木を折ってしまう。
・・・この桜の“受難”が、その後の悲劇の予告となる。

兄弟の内、桜丸は、使えていた帝の弟と道真の娘の仲
を取り持ち、それが道真左遷の引き金になったことを
苦にしている。

父の古稀の祝いだというのに、敵方に仕える松王は自
ら勘当され、梅王は道真を追って筑紫に行きたいと言
い、桜丸は責任感から自害する・・・毅然として、そ
の介錯を務める老父の姿が、なんとも痛ましい。

後半は、道真の息子・菅秀才を、自らの寺子屋にかく
まう、武部源蔵の物語。

若君・菅秀才をかくまっていることがバレて、源蔵は
若君の首を差し出すよう迫られる・・・ここで、現代
感覚と相容れないのは、源蔵が、もう最初から、「寺
子の誰かを身代わりに」と考えていることだ。

おいおい、そんな身勝手な!・・って思うでしょ?

ところが、どの子も“山家育ち”で、とても若君の身代
わりは務まりそうにない。・・この子どもたちの人形
がとってもかわいくて、見ていて嬉しくなる。

しかし、ひとりだけ、その日、寺入りしたばかりの小
太郎という少年は、上品な顔立ちで、これなら・・と
源蔵は思う。・・・ヒドイ話です、ホント。

まあ、結局のところ、この小太郎は、松王丸の息子で、
時平に仕えながらも、父・白太夫の主人である道真へ
の恩義を忘れていない松王が、若君の身代わりにさせ
るために、小太郎を寺入りさせたと判明するのだが。

親子の情より、主君への忠義が重んじられた時代の物
語・・・と言ってしまえばそれまでだが・・・なんか、
似たような話は今でもあるかも?・・ま、さすがに、
命まで、とは言わないまでも。

狂言半ばでの口上は、呂勢太夫の司会で、津國太夫、
清治、勘十郎の三師が、太夫部、三味線部、人形部を
代表して述べた。・・・“裏”の演芸場も昇進披露公演
だから、5月の国立は、口上の競演だ。

新・呂太夫師は、最後の段の前半を語ったが、その間、
約35分・・・うーん、ちょっと短くないかい?とも感
じたが、切の咲太夫師のお元気そうな顔が見られたの
で、まあ、よし、としておこう・・って、睡魔と戦っ
ていたくせに、上から目線で・・・すいません!
posted by JTm at 14:33| 文楽 | 更新情報をチェックする