2019年01月16日

2019.1.14 人形浄瑠璃 新春文楽公演@文楽劇場

2019.1.14 人形浄瑠璃 新春文楽公演 第一部

演目
「二人禿(ににんかむろ)」
   太夫=豊竹睦太夫、竹本南都太夫、
      豊竹咲寿太夫、竹本碩太夫
   三味線=野澤勝平、鶴澤清𠀋、野澤錦吾、
       鶴澤燕二郎
   人形役割 禿=吉田一輔、桐竹紋臣
  (休  憩)
「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」
  竹の間の段
   太夫=竹本織大夫、三味線=竹澤團七
  (休  憩)
  御殿の段
   太夫=竹本千歳太夫、三味線=豊澤富助
  政岡忠義の段
   太夫=竹本織太夫(咲太夫休演のため)
   三味線=鶴澤燕三
   人形役割(各段共通)
    政岡=吉田和生、八汐=桐竹勘壽、沖の井=吉田文昇、
    鶴喜代君=吉田蓑太郎、千松=吉田玉翔、
    栄御前=吉田蓑助、小巻=吉田蓑紫郎    外
  (休  憩)
「壺坂観音霊験記」
  土佐町松原の段
   太夫=豊竹亘太夫、三味線=鶴澤清允
  沢市内より山の段
   太夫=(前)豊竹靖太夫、(奥)豊竹呂勢太夫
   三味線=(前)野澤錦糸、(奥)鶴澤清治、ツレ=鶴澤清公
   人形役割(各段共通)
    沢市=吉田玉也、女房お里=吉田勘彌、
    茶屋の嬶=桐竹勘次郎、観音=吉田玉峻  外
   はやし 望月太明藏社中

昼夜公演の昼の部、第一部のみ観劇。第二部は、2月
の東京公演と演目が被ったので。

入場すると、咲太夫師の病気休演の掲示。残念だが、
一日も早くお元気に・・と祈る。

「二人禿」。廓という大人の遊び場に暮していても、
少女は少女、お正月になれば羽根つきや鞠遊びもした
いだろう・・という優しい気持ちが感じられる。

明るく華やかなお正月の情景。

「伽羅先代萩」。奥州伊達家のお家騒動に取材した演
目で、江戸時代の作なので憚って実名にはしていない
が、先代はもちろん仙台に通じ、舞台上に散りばめら
れた竹に雀の絵柄は伊達家の紋章に通じる。

歌舞伎では、六代目歌右衛門丈が得意とした演目で、
歌舞伎を見始めたころに、何度も拝見した。

そのころからいわゆる「飯炊き」の場面が苦手で、ま
ともに見ていられたためしがないのだが、何年、何十
年たってもそれが変わらない・・というのは我ながら
情けない。

ただね・・幼い子どもがお腹を空かせているのに、茶
道の?お作法にのっとって、ご飯を炊くのって、どう
考えてもまだるっこしいよね・・と、思っちゃう。
・・縁なき衆生で、すいません。

前段の竹の間、後段の政岡が我が子の仇を討つ場面は、
緊迫感にあふれ、手に汗握る展開で面白い。

最後、政岡が八汐を討つところで、ほんの一瞬、殺さ
れた千松の人形を出し、政岡と共に刀を手にするのは、
人形ならでは・・なんだろうな。
ドキッ!とする演出である。

「壺坂観音霊験記」。お里沢市の名はどこかで聞いて
いるが、この演目をちゃんと見るのは初めてだった。

壺阪(現在はこの文字)寺は、正式名称を南法華寺と
言い、奈良県高取町にある寺院。8世紀初の創建と伝
えられ、本尊・十一面千手観音は、眼病に霊験がある
という。

この浄瑠璃は、明治になってからの作とのこと。私見
だが、多分に、お寺の宣伝?という気がしないでもな
い。その時代、お寺さんはどこも経営が大変だったは
ずだ。

目の見えない夫をいたわる女房のお里は、毎夜、壺坂
寺にお参りして、夫の目が見えるように・・と願をか
けているが、夫の沢市は、それを誤解して女房を問い
詰める。

しかし、この誤解はすぐに解け、ふたりは共に壺坂寺
に行くことに。

だが、その実、沢市は、自分が女房を疑ったことを悔
い、さらに、自分が女房の重荷になっていると感じて、
秘かに死を覚悟する。

「・・見えぬこの目は枯れたる木。アアどうぞ花が咲
かしたいな。と言うたところが、罪深いこの身の上。
せめて未来を」

この世での願いは叶わぬと覚悟した沢市が、来世での
大願成就を期して、死を覚悟するセリフ・・この“せめ
て未来”に、なんとも切なさを感じた。

最後はまあ、観音様の出現で、その霊験あらたか、「目
の無い男に目が出来た」という、まことにおめでたい
結末に・・・なんとなく、落語の「景清」を思い出す。

咲太夫師の休演は残念だったけれど、「先代萩」で二
段を語った織太夫師、そして、「壺坂」の後段の靖太
夫師、呂勢太夫師と、若手の太夫はみんな良かった。

そして、それを支えるベテランの三味線が、いずれも
大変素晴らしかったのは、もちろん言うまでもない。
posted by JTm at 09:37| 文楽 | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

2018.12.10 人形浄瑠璃12月文楽公演@国立小劇場

2018.12.10 人形浄瑠璃12月文楽公演

演目
「鎌倉三代記」
  局使者(つぼねししゃ)の段
   太夫=豊竹希太夫、三味線=鶴澤清馗
  米洗いの段
   太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦糸
  三浦之助母別れの段
   太夫=竹本文字久太夫、三味線=鶴澤藤蔵
  高綱物語の段
   太夫=竹本織大夫、三味線=鶴澤清介
   人形役割(各段共通)
    時姫=吉田勘彌、三浦之助=吉田玉助、
    安達藤三郎実は佐々木高綱=吉田玉志、
    富田六郎=吉田文哉、三浦之助母=吉田和生  外
  (休   憩)
「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)」
  八百屋内の段
   太夫=竹本津駒太夫、三味線=竹澤宗助
  火の見櫓の段
   太夫=豊竹芳穂太夫、竹本南都太夫、
      豊竹亘太夫、竹本碩太夫
   三味線=野澤勝平、鶴澤清公、野澤錦吾、
       鶴澤燕二郎
    人形役割(各段共通)
    八百屋お七=吉田一輔、小姓吉三郎=吉田玉勢、
    下女お杉=吉田蓑紫郎、丁稚弥作=吉田玉翔、
    親久兵衛=吉田勘市、武兵衛=桐竹勘介  外
  囃子=望月太明藏社中

「鎌倉三代記」。2014年に上演された「近江源氏先陣館」
の続きの物語で、大坂夏の陣を背景にしているが、幕府を
憚って、舞台を源平の時代にしている。

人物相関図としては、三浦之助=木村重成、時姫=千姫、
佐々木高綱=真田幸村、北条時政(時姫の父)=徳川家康
となっているそうだ。

正直、冒頭から三浦之助母別れの段までは、もう、眠くて
眠くて・・・あまり動きがないうえに、次々にいろいろな
人物が登場して、その関係をたどるだけで精一杯という感
じだった。

しかし、最後の高綱物語は、それまでの様々な伏線が、過
不足なく回収されて行く爽快感がある。そして、1時間弱
のこの段を、ひとりで語り切った織大夫師が、なんともお
見事!・・圧倒的な声量に気持ちよく酔わせていただいた。

「伊達娘恋緋鹿子」。おなじみ、八百屋お七の物語である。
歌舞伎はもちろん、落語にもちょこちょこと登場する。

ただ、文楽では、お七は放火をしないんだ・・というのは、
今回初めて知って、本当に驚いた。放火はしないけれど、
なにもないのに火事の合図である半鐘を打つことは、放火
と同罪として裁かれるのだという(本当なのか?は不明)。

前段の八百屋内では、借金のかたに娘を嫁に出そうとする
親たちの苦悩、親も捨てられないが恋人も裏切れないお七
の苦悩が、なんとも重苦しい。

現代の感覚では、もちろん、お七に肩入れするのが自然だ
けれど、「一度嫁入ったあとは、めちゃくちゃやって、亭
主に嫌われ離縁を勝ち取れ」とアドバイス?する、親たち
の気持ちも、まあ、わからないではない・・・。

お七の恋人、吉三郎は、主家のために、紛失した名剣を探
している。そして、この剣を持っているのが、お七と祝言
を上げようとする武兵衛。

女中のお杉と丁稚・弥作の助けで、この剣を盗んだものの、
明け六つまでに吉三郎のもとに届けなくては、彼は切腹し
てしまう・・町の木戸はすでに閉じられている・・

というわけで、お七は処刑覚悟で半鐘を打つのだ。

お七の人形を、どうやって櫓に登らせるのか?というのが
疑問だったのだが、ちょっと意表を突く工夫で驚く。こう
いう外連味も、見どころなんだね。

4人の太夫、三味線の“合唱”と“合奏”が、いやが上にも緊
迫感を盛り上げ・・・頭がクラクラするくらいだった。
posted by JTm at 09:11| 文楽 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

2018.12.6 文楽鑑賞教室@国立小劇場

2018.12.6 文楽鑑賞教室(Bプロ)

演目
人形浄瑠璃「団子売」
    太夫 杵造=豊竹希太夫、お臼=竹本小住太夫、
       豊竹亘太夫、竹本碩太夫
    三味線=鶴澤清𠀋、鶴澤寛太郎、野澤錦吾、鶴澤燕二郎
    人形役割 杵造=吉田蓑太郎、お臼=吉田玉誉
    囃子 望月太明藏社中
解説「文楽の魅力」
    豊竹靖太夫(太夫)
    鶴澤友之助(三味線)
    吉田玉翔(人形)
  (休   憩)
人形浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」
  寺入りの段
    太夫=豊竹咲寿太夫、三味線=鶴澤友之助
  寺子屋の段
    太夫=(前)豊竹呂勢太夫、(後)豊竹芳穂太夫
    三味線=(前)鶴澤燕三、(後)鶴澤清志郎
   人形役割(各段共通)
    松王丸=桐竹勘十郎、武部源蔵=吉田文司、
    千代=吉田蓑二郎、戸浪=吉田清五郎、
    小太郎=吉田蓑之、菅秀才=吉田玉征、
    春藤玄蕃=吉田玉佳、御台所=桐竹勘次郎 外
   囃子 望月太明藏社中

「団子売」。清元の「玉兎」を義太夫節化した舞踊劇。
複数の太夫、三味線で演奏するこういう作を「景事(け
いごと)」と呼ぶそうだ。

景事は、慶事にも通じるのだろうか?というのは、わた
しの勝手な解釈だが、多分に祝祭的意味を持つものであ
ることは確かのようだ。

団子売りの夫婦が、団子作りの所作を見せたり、お多福
の面をつけて(本当は人形ごと変わっているのだが)踊っ
たりと、コミカルな動きが楽しい。

それにしても、「臼と杵とは女夫(みょうと=夫婦)で
ござる」とは、なかなか思わせぶりな表現ではないかい?

解説は、三業の若手代表が担当・・このメンバー、いつ
も同じ顔ぶれのような。・・違うかな?

「忠臣蔵」の裏門の場面の、おかると勘平のやりとりを
題材に、太夫と三味線による“感情表現”を実践。
そして、人形は、首(かしら)や左右の手の仕組みを紹
介し、三人で一体の人形を遣って見せた。

「菅原伝授手習鑑」。9月に森下文化Cでの素浄瑠璃の
会で聞いた演目なので、楽しみにしていたのだが、情け
なや、記憶はすでに曖昧である。

それでも、わが子を犠牲にして、大恩のある旧主に尽く
す松王丸夫婦の苦しい胸の内は、よく伝わってきた。

松王を遣う勘十郎師の表情・・・松王丸そのままだなぁ!
それだけ、登場人物に感情移入しているってことなので
しょう・・・たぶん。
posted by JTm at 09:38| 文楽 | 更新情報をチェックする