2018年11月17日

2018.11.16 国立能楽堂定例公演

2018.11.16 国立能楽堂定例公演 演出の様々な形

演目
狂言「狐塚-小唄入」(大蔵流)
     シテ(太郎冠者)=山本則俊、
     アド(主)=山本泰太郎、
      同(次郎冠者)=山本東次郎
  (休   憩)
能「小鍛冶-黒頭」(観世流)
     シテ(前・童子、後・稲荷明神)=浅見重好、
     ワキ(小鍛冶宗近)=福王和幸、
     ワキツレ(橘道成)=矢野昌平、
     アイ(家人)=山本則孝
     囃子方 笛=杉 信太朗、小鼓=幸 正昭、
         大鼓=柿原弘和、太鼓=小寺真佐人
     後見=武田尚浩、上田公威
     地謡=坂井音晴、藤波重孝、坂口貴信、関根知孝、
        清水義也、岡 久広、角 幸二郎、藤波重彦

流派や家による演出の違いを見る、恒例の公演。
今年は、狂言の「狐塚」と能「小鍛冶」を、今月と
来月、続けて見る。

「狐塚」。同じ大蔵流の茂山千五郎家で何度か見て
いるが、山本家版は、お初。

小書き「小唄入」は、太郎冠者と次郎冠者が鳴子を
振り回しつつ、小唄を歌う特殊演出とのこと。
ただ、小唄入でない演出の方を見た記憶がない。

山の畑に鳥を追いに行った召使ふたりが、“陣中見
舞い”に訪れた主人を、狐が化けた!と勘違いして
大騒動。

この山の畑に行く途中から、“小唄入”になる。
これが、(鳴子を引いて音を立てることから)“引
くもの”尽くしで、秋の実りの豊かさを寿ぐ小謡。

・・・新嘗祭の間近な、今の季節にまさにピッタリ。
狂言らしい、おおらかな明るさが心地よい。

「小鍛冶」。三度目くらいかな。
物語は割に単純で、帝から御剣の制作を依頼された
刀鍛冶の名工・三条小鍛冶宗近が、稲荷明神の霊験
で、ついに御剣を作る・・というお話。

帝の使いの橘道成が、宗近のところに、御剣の制作
を依頼に来る(これは帝が霊夢によるお告げを得た
ため)。

しかし、宗近には、同等の力量のある相槌(向こう
槌)がおらず、帝にふさわしい名刀を打つのは困難。

困った宗近が、稲荷明神に祈願をすると、ひとりの
童子が現れて、古今の名刀の物語を語り、宗近に助
力を約して消える。

ここで中入となり、アイの宗近の家人が、今までの
経緯を物語る。

後半は、宗近が稲荷明神の御使いである童子の言葉
通り、刀を打つ準備をして待つうちに、稲荷明神の
登場・・・この頭が、普通は赤だが、今回は小書
「黒頭」で、黒い毛の鬘となる。

黒い頭は、稲荷明神のよりいっそう強大な神威を表
し、その動きもより派手に、機敏になる・・のだそ
うだが・・・

うーん、だけど、その違いは、来月の公演を見てか
らでなきゃ・・よくわからないなぁ。

ちょっと面白いなと思ったのは、後半の稲荷明神が、
あくまで宗近の助手として、相槌を打つってこと。
神様が、「宗近に三拝の膝を屈し」て、“弟子入り”
のかたちをとるのだ。

あくまで、主鍛冶は宗近。なので、出来上がった御
剣は、表に「小鍛冶宗近」、裏に「小狐」の銘が。

これが二ッ銘の霊剣「小狐丸」。

・・ん、狐?
そうか、こっちも狐に関係してるんだ。
今年のこの企画は、狐シリーズなんですね。
posted by JTm at 16:56| | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

2018.11.10 国立能楽堂普及公演

2018.11.10 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
  「橋姫伝説、鬼、呪術」  林 望(作家・書誌学者)
狂言「梟山伏(ふくろうやまぶし)」(和泉流)
   シテ(山伏)=井上松次郎、
   アド(兄)=鹿島俊裕、(弟)=今枝郁雄
  (休   憩)
能「鉄輪(かなわ)-早鼓之伝」(観世流)
   シテ(前・女、後・女の生霊)=観世恭秀、
   ワキ(安倍晴明)=舘田善博、ワキツレ(男)=野口啄弘、
   アイ(社人)=佐藤友彦
   囃子方 笛=寺井宏明、小鼓=幸清次郎、
       大鼓=柿原崇志、太鼓=梶谷英樹
   後見=寺井 榮、清水義也
   地謡=木月章行、津田和忠、武田祥照、中島志津夫、
      坂井音晴、坂井音重、坂井音隆、関根知孝

丑の刻詣の“原型”とも言える「鉄輪」という演目が出る
というのに、なぜか、女子中高生の団体が・・・確かに
初心者にもわかりやすい演目ではあるけれど。

というわけで、リンボウ先生の解説は、「鉄輪」の物語
を、噛み砕いてわかりやすく。中高生からは程遠い当方
も、おおいに助かった。

まずは狂言「梟山伏」。今回は和泉流だが、大蔵流では
「梟」という題で何度か見ている。

山へ行った弟が、病?に倒れ、兄は山伏に祈祷を依頼す
る。山伏の見立てでは、山で梟の巣を取り下ろしたため、
梟が取り憑いた・・で、早速に梟の嫌うカラスの印を結
んで呪文を唱えるが・・・

後半になると、セリフは「ポーッ!」だけ。客席の女子
中高生たちに大ウケ・・・なんか、いつもより余分に鳴
いてたんじゃない?

そんなのんきな狂言から一変して、いよいよおどろおど
ろしい「鉄輪」へ。

夫に新しい妻が出来たために離縁された女が、夫と後妻
を呪い殺そうと、真夜中の京の町を駆け抜けて、貴船の
山中へ。

冒頭の解説によると、女のたどる道筋は、貴船に続く本
街道ではなく、一直線に山を目指す、険しくて恐ろしい
道だとか。一刻も早く貴船に着きたい女の思いの強さ。

一方、呪われた元夫は、身体の不調を感じて、陰陽師の
安倍晴明を訪れる。

ひと目で呪いの存在を察知する晴明・・そして女の呪い
を「転じ変え」る祈祷を行うことに。

結局、女の呪いは晴明に退けられて、女は「時節を待つ
べしや、まづこの度は」と、帰って行く・・って、つま
り、まだ諦めてないのね。

後半の、女と晴明の“呪い合戦”の方に、つい、意識が向
いてしまうけれど、今回は、リンボウ先生の解説のおか
げで、前半の女の“変貌”ぶりに大いに心を惹かれた。

この演目、能としては珍しく、最初に狂言方の演じるア
イが登場する。「狂言口開」と言うそうだ。

これが貴船神社の社人で、神様の夢のお告げを、深夜に
訪れる女に伝えに来た、と言う。

そのお告げが、「鉄輪を被ってその三つ足に火を灯し、
身に赤い丹(赤い土、またそれからとれる染料)を塗り、
赤い衣を着て、怒る心を持つならば、女の願いはかなう」
というのだ。

女と出会った社人は、「あなたがその方ですか?」と問
うけれど、女は否定。

しかし、この神様からの“伝言”を聞くうちに、女は次第
に恐ろしく見えて来るのだ・・・

まさに、女が「鬼」に変じる瞬間。
いやー、恐ろしい・・・やっぱり、こんなの中高生に見
せちゃダメ!

それにしても、こんな恐ろしいご託宣を下される神様っ
て、いったい何?と、思わざるを得ない。

これ、キリスト教だったら、絶対に、悪魔の声だよなぁ。
・・・もっとも、旧約の神様なら、あり、かも?だけど。
posted by JTm at 10:17| | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

2018.10.13 国立能楽堂普及公演

2018.10.13 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
  「琵琶のロマン-楽器と秘曲を巡って-」
    三浦裕子(武蔵野大学・日本文学)
狂言「木六駄」(和泉流)
    シテ(太郎冠者)=三宅右近、アド(主)=三宅右矩、
    小アド(茶屋)=野村万作、(伯父)=髙澤祐介
  (休   憩)
能「絃上(けんじょう)」(金剛流)
    シテ(前・老人、後・村上天皇)=豊嶋三千春、
    ツレ(藤原師長)=金剛龍謹、(姥)=豊嶋晃嗣、
      (龍神)=豊嶋幸洋、
    ワキ(師長の従者)=福王知登、
    ワキツレ(師長の従者)=喜多雅人、中村宜成、
    アイ(龍王の眷属)=三宅近成
    囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=幸 正昭、
        大鼓=河村 大、太鼓=前川光長
    後見=松野恭憲、廣田幸稔
    地謡=遠藤勝實、坂本立津朗、本吉正巳、宇高竜成、
       田中敏文、宇高通成、見越文夫、宇高徳成

三浦先生の解説は、いつもとても分かりやすいのだが、
あいにくの寝不足で、途中から意識を失った。

事前に配付されたレジュメによれば、いにしえ、琵琶
の名器に、「青山」「絃上」「獅子丸」があり、その
うちの、獅子丸は龍神に献上され、絃上は村上天皇が
所有していた。

能「絃上」には、村上天皇が登場するものの、琵琶は、
龍神が持って出る獅子丸が出るのみ・・なのになぜ、
題名が「絃上」なのか?・・の解明をした・・らしい。

狂言「木六駄」。大雪の中、12頭の牛をひとりで追っ
て、峠越えをする太郎冠者。途中の茶屋で温まろうと
思うが、あいにくと酒がなく・・・。

お遣いものの酒に手をつけてしまうのは、狂言の常道。
それにしても、六駄の薪を、一駄は茶屋に進呈し、残
りの五駄は、「春の小遣いにするから売っておいてく
れ」とは!・・・もう立派な横領罪。

前かたからの眠気を引きずって、見せ場の“鶉舞”を見
損ねたのは残念至極。

休憩でなんとか蘇生して、後半は眠気もなく。

能「絃上」。琵琶の名手・藤原師長(もろなが)は、
さらにその奥義を極めるために、唐へ渡ろうとしてい
るが、出発前に須磨の浦に立ち寄る。

そこで、とある老夫婦に一夜の宿を借り、求められる
ままに琵琶を弾く。

よく分からないのだが、琵琶の音色は、雨や水に結び
付くものなのだろうか?

名手・師長が琵琶を弾くと、月が出ていたはずの須磨
の浦に、雨が降り始める。と、主人夫婦が突然に、板
屋根に苫(スゲやチガヤで編んだゴザのようなもの)
を掛ける。

なぜ?と尋ねる師長の従者に、「板に当たる雨音は、
琵琶の音調と合わないから、苫を掛けて琵琶と同じ音
調にしたのです」と。

コイツ、ただものではない・・・

実は、老人は村上天皇(この方も琵琶の名手だったら
しい)の霊で、師長に、わざわざ唐になんか行くこと
はないと伝えに来たという。

後半、天皇は、龍神を呼び出して、かつて贈った獅子
丸という琵琶を返してもらい、これを改めて師長に与
える。

龍神を呼び出すところからの“早笛”、名器・獅子丸の
音色に乗って天皇の舞う“早舞”と、スピードと緊張感
に満ちた囃子が素晴らしい。

なんだか、もう、陶然とした気分のうちに終演となる。
posted by JTm at 07:56| | 更新情報をチェックする