2019年07月19日

2019.7.18 獅子の会@宝生能楽堂(その1)

2019.7.18 第一回 獅子の会 第一部

演目
能「忠信」(宝生流)
  佐藤忠信=辰巳満次郎、伊勢義盛=原 大、
  源義経=大友 順、従者=金森隆晋、藤井秋雅、
  法師武者=佐野弘宜、
  立衆=辰巳大二郎、金野泰大、田崎 甫、今井 基、金井賢郎
  囃子方 笛=内潟慶三、小鼓=観世新九郎、大鼓=守家由訓
  後見=小林与志郎、金井雄資
  地謡=澤田宏司、和久荘太郎、水上 優、
     山内崇生、大坪喜美雄、野月 聡
舞囃子「鶴亀」(観世流)
  皇帝=観世喜之
  囃子方 笛=江野 泉、小鼓=観世新九郎、
      大鼓=高野 彰、太鼓=桜井 均
  地謡=金子聡哉、久田勘鷗、寺井 栄、上田拓司
小舞「七つ子」(和泉流)
   三宅右矩  地謡=三宅近成、前田晃一
一調「土車」(喜多流)
   高林白牛口二  大鼓=飯島六之佐
仕舞「室君(むろぎみ)」(金春流)
   井上貴覚    
   地謡=村岡聖美、林 美佐、柏崎真由子
仕舞「鮎之段」(喜多流)
   谷 大作
仕舞「鵜之段」(喜多流)
   出雲康雅
   以上、地謡=高林昌司、狩野了一、中村邦生、
         佐々木多門
仕舞「夕顔-キリ」(観世流)
   寺井 栄
   地謡=久田勘鷗、上田拓司、金子聡哉
  (休  憩)
仕舞「隅田川」(観世流)
   久田勘鷗
   地謡=寺井 栄、上田拓司、金子聡哉
仕舞「雨月-前」(宝生流)
   小林与志郎
仕舞「梅枝-キリ」(宝生流)
   大坪喜美雄
   以上、地謡=大友 順、佐野弘宜、辰巳大二郎、
         金野泰大
仕舞「船弁慶」(観世流)
   上田拓司
   地謡=寺井 栄、久田勘鷗、金子聡哉
小舞「祐善」(和泉流)
   野村又三郎 
   地謡=井上松次郎、奥津健太郎、野口隆行
舞囃子「安宅-延年之舞」(宝生流)
  武蔵坊弁慶=金井雄資
  囃子方 笛=藤田貴寛、小鼓=成田達志、大鼓=亀井広忠
  地謡=小林与志郎、野月 聡、和久荘太郎、水上 優
狂言「二人大名」(大蔵流)
  道通りの者=茂山七五三、
  大名甲=山本泰太郎、大名乙=若松 隆
半能「石橋(しゃっきょう)」(喜多流)
  獅子=長島 茂、寂昭法師=殿田謙吉、
  囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=鵜澤洋太郎、
      大鼓=大倉慶乃助、太鼓=桜井 均
  後見=友枝昭世、高林白牛口二、中村邦生

「獅子の会」は、亥年生まれの能楽師さんたちの流派
を越えての会だそうで、「え、シシ違い?」と思った
けれど、獅子奮迅の意味も兼ねるとのことで・・なん
となく納得。

文字通り、会員のみならず助演のみなさんも、獅子奮
迅の大活躍。次から次に、これでもか!とばかりの演
目が・・・ということでコメントは一部に。

能「忠信」。事前にちょっと調べたが、この演目につ
いてはあまり資料が見当たらず・・役名から、あの狐
忠信の?程度の見当で見る。

狐は出てこなかったが、吉野に隠れた義経一行が、吉
野の衆徒に裏切られて落ち延びるという経緯。

義経を逃したあと、ひとり残った忠信が、それこそ獅
子奮迅の大活躍。アクロバティックな大立ち回りで、
初心者にも楽しい演目だった・・どうしてあまり取り
上げられていないのかなぁ?

間に狂言小舞を挟んで、「鶴亀」の観世喜之師と「土
車」の高林白牛口二(こうじ)師が、最高齢会員の御
年84歳。・・・えー?と思うくらいにお元気で。

休憩前後は、仕舞の連続・・聞き覚えがあるような、
ないような・・・そんな謡が続く。こうして聞く人間
の声って、本当に心地よいですね。

仕舞の最後「船弁慶」。先月、鑑賞教室で見たばかり。
知盛の霊が義経一行の前に現れて、弁慶がそれを調伏
する場面。

素人考えだが、この場面の知盛と弁慶には、敵をただ
憎むのではなく、敵対しながらも相手に対する尊敬が
感じられる。・・考えすぎかな?

狂言小舞「祐善」。追善の会の時に附祝言で謡われる
ので、耳に覚えがあるのだが、どんな曲なのか、未だ
によくわかっていない。どうやら、祐善というのは傘
張り職人で、とっても腕が悪かったらしい・・という
ことが、今回判明。

舞囃子「安宅」。歌舞伎十八番「勧進帳」の元になっ
た曲。その最後に弁慶が舞う、延年之舞。
・・それにしても、義経&弁慶の人気度高し。昼夜で
4演目。

狂言「二人大名」。狂言のお家の中では一番硬い芸風
の、山本東次郎家の大名に、茂山千五郎家の七五三師
が、いかにもお豆腐狂言らしく、柔軟にからむ・・面
白さが倍増する配役かも?

今年還暦の若松隆師、起上り小坊主、お疲れさまです。

半能「石橋」。半というのは、後半部分のみの上演だ
から。獅子の会ですからね・・これが出なければ、終
わりませぬ。

プログラムによれば、「喜多流のひとりで演る石橋は
大変大事に扱われており、特別な許しがないと上演出
来ない大曲」とのこと。

そして、獅子が赤い巻き毛というのが非常に印象的。
勇壮な舞で、千秋万歳を祝って、大団円。

第一部の終演が、午後5時半・・わずかのインターバ
ルで、6時から第二部が始まる。
それについてはまた別項で。
posted by JTm at 12:16| | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

2019.7.13 国立能楽堂普及公演

2019.7.13 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
  「源融が愛した河原院」
   表 きよし(国士舘大学・日本文学)
狂言「入間川」(和泉流)
  シテ(大名)=野村又三郎、アド(太郎冠者)=奥津健太郎、
  アド(入間の某)=松田髙義     後見有
  (休  憩)
能「融(とおる)-遊曲、思立之出」(金剛流)
  シテ(前・老人、後・源融の霊)=今井清隆、
  ワキ(旅僧)=森 常好、アイ(所の者)=野口隆行
  囃子方 笛=松田弘之、小鼓=観世新九郎、
      大鼓=白坂信行、太鼓=小寺真佐人
  後見=廣田幸稔、豊嶋幸洋、今井克紀
  地謡=田村 修、坂本立津朗、見越文夫、種田道一、
     山田伊純、松野恭憲、元吉正巳、金剛龍謹

解説の表氏、話し方が明瞭で聞きやすく、内容もごくわか
り易い。「融」の主人公・源融の略歴や、この能と古歌の
関係等について。

「入間川」。入間川は埼玉県を流れる川で、その流域にあ
る入間という地名は、律令制以来の古い地名だそうだ。

この入間の里には、なぜか、物事をさかさまに言う風習が
ある(本当とは思えない)・・これを生半可の理解で真似
をしたために、ちょっと困った破目になるというお話。

主人公は、都滞在から本国に帰る途中、入間の里を通りか
かった大名・・さかさ詞の「入間様」を駆使?して、土地
の者と渡り合うが・・?

嬉しがってさかさ詞を使う大名と土地の者・・聞いている
となんだかわからなくなって・・さっさと退場した太郎冠
者が“正解”のようだ。

「融」。旅の僧が京都六条付近までやってくると、荒れた
風情の屋敷の庭が・・休んでいると、老人が現れて汐汲み
を始める・・

海でもないのになぜ?といぶかしく思う僧に、老人は、こ
の屋敷の由来を語る。

源融という人は、嵯峨天皇の息子ながら、臣籍降下して源
姓を賜り、後に左大臣まで上り詰めた方なのだそうだ。

左大臣・融は六条河原院の屋敷に、陸奥の千賀の塩竈の風
景を再現した庭を造り、わざわざ海水を運ばせて、塩づく
りを行わせたという。

そう老人は物語り、旅僧に問われるままに付近の山々の案
内をして、汐を汲んでいなくなる。

所の者から、「その老人はもしかしたら融大臣の化身かも?」
と聞いた旅僧は、この屋敷跡で一夜を過ごし、融大臣の霊
に遭遇・・・

なんかなー、京の都に陸奥の風景を再現するという、あま
りにも贅沢な優雅さには、正直、付いていけない感じ・・
しかも、海のない京都に海水を運ばせるって?

冒頭の表氏の解説では、融は決して思い通りの人生を送っ
たわけではないとのことだったし、桁外れの贅沢も、実は
その憂さ晴らしではないかという解釈が、プログラムに書
かれていたが・・・庶民感覚では???と、はてなマーク
を林立させざるを得ない。

後シテの融大臣の霊の姿は、面・装束ともいかにも優雅で、
でもどこか憂鬱さを感じさせる雰囲気ではあったけれど。
(面は、中将という名で在原業平の相貌を模したと言われるものだそうだ)
posted by JTm at 08:50| | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

2019.7.3 国立能楽堂定例公演

2019.7.3 国立能楽堂定例公演

演目
狂言「犬山伏」(大蔵流)
  シテ(山伏)=茂山 茂、
  アド(出家)=茂山逸平、アド(茶屋)=網谷正美、
  アド(犬)=島田洋海、  後見=井口竜也
  囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=住駒幸英、大鼓=大倉鷹乃助
  (休  憩)
能「班女(はんじょ)」(宝生流)
  シテ(花子)=佐野 登、ワキ(吉田少将)=野口能弘、
  ワキツレ(従者)=野口啄弘、吉田祐一、
  アイ(野上の宿の長)=茂山あきら
  囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=住駒幸英、大鼓=大倉鷹乃助
  後見=三川淳雄、和久荘太郎
  地謡=今井 基、小倉健太郎、金森隆晋、大坪喜美雄、
     當山淳司、金森秀祥、佐野玄宜、小倉伸二郎

「犬山伏」。プログラムに記載がないのに、囃子方が
登場したので??と思ったら、最初の山伏の名乗りの
時だけの演奏で、すぐに引っ込む・・あれ、今までこ
んなのあったっけ?

狂言だけの会では、囃子方が居ることはまれだけど、
能+狂言の会は、能の方にかならず囃子方が居るから
・・特別なのかな?

傲慢な山伏と気弱な出家が茶屋で鉢合わせ・・茶屋の
亭主の機転で、山伏に一矢報いるという、おなじみの
お話。すっかり“犬役”定着の島田さん・・名演技。

「班女」。そもそもこの演目を見たいと思ったのは、
主人公が花子という名の遊女だから。狂言「花子」の
中で、ついに実際には登場することのない、“伝説の美
女”と同じ名である。

しかし、残念なことに、「花子」と「班女」の関係に
ついては、プログラムにも諸解説書にもなにも触れら
れていなかった。

落語の登場人物みたいに、花子と言えば美しい遊女と
いうような「定番」の名なのかもしれない。

美濃国、野上宿(現在の岐阜県関ヶ原町野上)の遊女・
花子は、客であった吉田少将と再会を約し、扇を交換
する。

待っても待ってもなかなか来ない吉田少将を思うあま
り、花子は他の客を相手にせず、一日中、扇を見つめ
ている始末・・ついに、野上の宿の長は、花子を追放
する。

しかし、花子が宿を出された後に、吉田少将は約束通
り、花子を訪ねてくる・・・

これ、すれ違いのメロドラマですね。

そして、やがてふたりは巡り会う・・取り交わした扇
がふたりを結ぶ。まさに「要」になるわけだ。

再会の舞台は、京都下鴨神社の糺の森(ただすのもり)。
糺という字は、糸をより合わせる、縄をなうという意
味があるそうで、再会の場にはふさわしい。

字幕のおかげで、なんとかストーリーは追えたものの、
舞の場面が長いのはなかなか辛い・・今回もまた、惨
敗の憂き目であった・・とほほ。

そうそう、班女という題名は、中国の故事から来たも
のだそうで、皇帝の寵を受けそして失った班婕妤とい
う女性にちなむと言う。

この人、捨てられたわが身を、夏には大切にされるの
に秋になると忘れられてしまう扇に例えた詩を詠んだ
のだそうで・・・

皇帝の後宮の女性に例えられるとは・・この花子もま
た、遊女とは言え、教養豊かな女だったのだろう。
posted by JTm at 15:44| | 更新情報をチェックする