2018年08月17日

2018.8.16 日本演芸若手研精会@日本橋社会教育会館

2018.8.16 日本演芸若手研精会 第446回 柳亭こみち卒業公演

演目
春風亭きいち      一目上り
春風亭昇々       生まれる!
柳家小はぜ       やかん泥
桂 宮治        初天神
  (仲 入 り)
「柳亭こみち真打昇進披露口上」
 (前列下手から)志ん吉(司会)、昇々、こみち、正太郎、市楽
 (後列下手から)小もん、小辰、宮治、小はぜ
 (手締め音頭係)遊京(私服)
古今亭志ん吉      大隈家の人々
柳亭こみち       縁切榎(+踊り「かっぽれ 豊年満作入り」)
        (三味線:太田その)

研精会唯一の女性メンバー、こみち師匠、いよいよ
卒業の日を迎えた。いつもの共通入場券では入れな
いという特別興行で、それでも客席は満員御礼・・
この会場にこんなに人がいるの、久々に見た。

きいち「一目上り」。まずはおめでたい噺でスター
ト・・だけどこれ、市馬師版だよね?・・「化けも
のありますか?」「うちの婆さんかい?」という会
話も、「ご恩返しに風邪でもひきてぇんですが、因
果と丈夫で」の会話もあったしね。

昇々「生まれる!」。研精会在会中に、二度の出産
を経験したこみち師に贈る噺・・だそうで。早生ま
れはなにかと不利だからと、なんとか出産を遅らせ
ようとするお話。(つい最近、そんなニュース見た)

馬鹿らしいが面白かった。前回のような古典より、
こっちの方が断然良い。マクラのお母さんの話も愉
快だった。

小はぜ「やかん泥」。一朝師匠がよく掛けている噺。
小はぜさんのは二度目かな。パァパァしゃべってば
かりの新米泥棒が、すごく気弱そう。一朝師だと、
もう少し明るくて能天気なんだけどな。

宮治「初天神」。金ちゃんの両親は、こみち&宮田
昇という設定で。昇先生とは同じ芸術協会だから?、
まったく遠慮がない・・・場内爆笑。

仲入り後は、口上から。幕が開くと、上手で市楽さ
んが太鼓を叩き、下手で志ん吉さんが笛を吹く・・
どこかで見たかたち。

卒業記念とあって、今日は出番のないメンバーもた
くさん登場・・黒紋付なしの遊京さん、ごくろうさ
ん。みなさん、こみち師匠ヘのエールをたっぷりと
だったが、中で、宮治さんの話は、凄腕のセールス
マンだったという前歴がうかがえて、お見事!

志ん吉「大隈家の人々」。寄席での披露目でも掛け
ていた、W大学出身者にはバカウケの噺。
余談だが、終演後のネタの張り出しが、「大隅家・・」
になっていたのはご愛敬・・噺の内容に合わせた?

こみち。まずは、研精会先輩諸師への感謝?の言葉
を一通り。そして、「ここのお客様は洒落の分かる
方ばかりですから」との断りで、「縁切榎」へ。

大圓朝作。以前に一度、喬太郎師で聞いている。ふ
たりの女との縁を、どっちかひとり切ろうとするが、
どうしても切れない・・と、板橋にある縁切榎(実
在するらしい)へ。

どうしようもないヒモ体質の男に、しとやかに尽す
ふたりの女・・こみち師が演ると、とってもリアル
なんだけど、不思議におナマにはならない・・って、
矛盾してるかな?

でも、それがこみち師の一番の魅力なんです。

最後、縁起直しの「かっぽれ」も素晴らしく、結構
な卒業公演でした。


冒頭に、「研精会唯一の女性メンバー」と書いたけ
れど、口上での話では「研精会最初の女性」でもあ
るらしい。さて、今後、二番目、三番目の起用はあ
るのかな?・・・どうですか、主催者さん?
posted by JTm at 09:10| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

2018.8.12 小ゑん落語ハンダ付け@お江戸日本橋亭

2018.8.12 第10回 小ゑん落語ハンダ付け

演目
小ゑん&馬石      (ご挨拶)
柳家寿伴        ラブレター
隅田川馬石       浮世床・夢
柳家小ゑん       青菜
  (仲 入 り)
柳家小ゑん       トニノリ
隅田川馬石       唐茄子屋政談

第4回以来、なかなか日程が合わず、久々の参加。

寿伴「ラブレター」。別題「女給の文」だそうで、かつて
は、無学な女給からの恋文だったのだろうが、今では、海
外で生まれ育って、日本語が苦手な女性からの手紙として
いる。

印象としては、「生徒の作文」に近い。いくらでもバリエー
ションが出来そうな。

馬石「浮世床」。半ちゃんの長い夢のくだり。ここのとこ
ろ、滑稽噺に“新境地を開いた”?感のある馬石師、当然の
ようにこの噺もブラッシュアップ。

前半、「半ちゃんのモテ方講座」みたいなノリが愉快。い
ちいち、自慢げにそっくり返る半ちゃんが可笑しいこと。

小ゑんの二席。
「青菜」。五代目小さん師の型だが、そこはそれ、新作落
語の雄の噺だから、それだけでは終わらない。

前半のお屋敷では、旦那がちょいとマンガチックだし、後
半の長屋にいたっては、いろいろとお遊び満載の、爆笑噺
になっていた。

植木屋の女房が、太ってトドみたいで、その体形で腰巻に
襦袢だけって・・・想像するとものすごいね。

「トニノリ」。題名だけではなんだか分からない。
ドアの横の戸袋部分に窓のあった電車(山手線103系)が
走っていた時代の物語。

そう言えば、そんな電車あったよね・・そして、戸袋窓を
見ていると、中のドアの開閉装置が気になるというのも、
身に覚えあり。実は、子どものころ、夢中で見ていて、ド
アに指を引き込まれ、怪我したことがあるんです。
(山手線ではありませんが)

通勤電車の戸袋の中に、なぜか海苔が一枚・・気になるよ
ねぇ・・・仕事も手につかなくなったサラリーマンが、つ
いに休暇をとって、この海苔を手に入れるまでの苦難の道
のり・・・。

落語としては奇妙な味の一席だけど、やっと手にした海苔
を食べる場面は、なんとも美味しそうだった。

馬石「唐茄子屋政談」。前半部分をかなり端折って、40分
弱でサゲまで通し。

時間的には短くなるのは歓迎だけど、放浪の若旦那の飢え
や、カボチャを売り歩くのは「みっともない」というセリ
フを省いてしまうと、最後、改心した?若旦那が、因業大
家に言い放つ、「俺は八百屋だ!」の感動が薄くなるよう
な気がするのだが・・・さて?

ハンダ付け、次回は10月14日(日)、ゲストは正蔵師と
のこと。
posted by JTm at 09:45| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

2018.8.6 柳家三三独演会@横浜にぎわい座

次回のチケットを引き取りに行ったら、歌丸師匠に
出くわした。にぎわい座2階ロビーには、まだご健
在です・・・ご冥福をお祈りします。
  2018080617480000.jpg

2018.8.6 柳家三三独演会 横浜三三づくし
演目
柳家三三     湯屋番
 〃       藁人形
  (仲 入 り) 
柳家三三     青菜
     (三味線:森吉あき)

三三の三席。
「湯屋番」。若旦那が、湯屋の女将に惚れて?、お
家乗っ取り?を図る・・というパターン。

これだと若旦那は、人の良いお坊ちゃんタイプでは
なく、少しアクが強いなーと感じる。
・・・三三師らしいかも。

妄想全開で、番台から落ちるところまで。

「藁人形」。今回のネタ出し。
三三師のこの噺はほぼ一年ぶり。聞く機会の多い扇
辰師版と、展開は同じだ。

もともと、八代目正蔵(彦六)師から、扇橋師匠を
経てと、扇辰師匠からは聞いている。三三師のも、
ルーツは一緒ということだろう。

前回も思ったが、西念が少し若く、逆にお熊は少し
年が行っているような印象。少し抑えた声音で、静
かに、じっくりと相手を騙す。

仲入り後は「青菜」。この夏は青菜、大当たり!だ
けど、三三師のは、2016年以来。

前日に、小満ん師の“絶品”を聞いてしまったので、
少し分が悪い?と思って聞き始めたが、後半の長屋
での大騒ぎが、なんとも愉快で、これもまた結構、
でした。

ところで、柳陰がおつもりになった時の植木屋さん
のセリフ、「柳陰が“義経”になりました」と言う人
がほとんどだけど、三三師は、「柳陰が“九郎判官”」
と。・・・理屈から言えば、こっちが正解、なんで
すけどね。
posted by JTm at 06:21| 落語 | 更新情報をチェックする