2017年06月26日

2017.6.25 一朝会@浅草見番

2017.6.25 第五回 一朝会

演目
春風亭朝太郎      一目上り
春風亭一左       宮戸川
春風亭一朝       天災
  (仲 入 り)
春風亭一朝       大山詣り
         (三味線:岡田まい)

梅雨らしい雨の中、満員のお客さん。限定100席
で売っているらしいが、回を追うごとにお客さん
が増えているように思う。

朝太郎「一目上り」。最初の一幅が、雪折れ笹で
はなくて、富士の絵に蜀山人の賛というのは珍し
い。おそらく、季節への配慮だと思うが、そんな
“台本”もあるのか・・初めて聞いた。

一左「宮戸川」。お花ちゃんが小出さんに駆けっ
こを習っていたり・・なんていうくすぐりがある
ところで、ネタ元は、あ、あれだな、と。

正直に言います・・“ご本家”より好きです、わた
し。・・・誰とは言いませんが、あの師匠の話し
ぶりは、口先だけのしゃべりに聞こえて、どうし
ても好きになれない。

一朝の二席。
「天災」。お、やったね!という気分。この噺は、
なんたって、一朝師匠が極め付け。

師匠である先代柳朝師匠を念頭に演じると、以前
に言っておられたと記憶している。今回も、マク
ラは、その柳朝師の逸話。・・これがね、また、
素敵に楽しい・・・それもまた、一朝師の天災の
楽しみとなっている。

「大山詣り」。これはレアもの。たぶんお初。

冒頭、「お山を遠慮してくれ」と言われて、床を
叩いて講義する場面で、「お前、毎年そうやって
そこを叩くから・・」と言うのは、志ん朝師のC
Dで聞いた記憶がある。

熊さんの喧嘩相手が、負けず劣らずの喧嘩好きで、
どっちもどっちという感じ。

ただ、罪もないカミさん連中を、みんな坊主にし
てしまうという結末が、不思議と不快感なく笑え
るのは、喧嘩両成敗だからってことじゃなく、
一朝師匠の、あくまでカラっと明るい芸風の故で
しょう。

おかげで梅雨空も一休み・・・雨、上がりました。
posted by JTm at 08:55| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

2017.6.24. 三田落語会@仏教伝道センター

2017.6.24. 三田落語会(昼席・夜席)

昼席演目
桃月庵はまぐり      たらちね
林家正蔵         夢八
柳家三三         碁泥
  (仲 入 り)
柳家三三         磯のあわび
林家正蔵         藪入り

夜席演目
林家たま平        出来心
桃月庵白酒        犬の災難
柳家喬太郎        ニセ長短
  (仲 入 り)
柳家喬太郎        夢の酒
桃月庵白酒        青菜
      (三味線:昼夜とも、太田その)

昼席。
はまぐり「たらちね」。新妻の名を確認するとこ
ろまでで切った・・かな? 短いじゃん!と思っ
たことだけ記憶にあり。

正蔵「夢八」。あまり不気味さを前面に出さず、
全体にカラッと明るい噺。考えてみると、この噺、
正蔵師のような丸顔の童顔?の人の方が良い。

細身で顔色の悪い人や、丸顔でも怖い顔の人だと、
ホントに不気味すぎて、夜中にはばかりに行けな
くなりそうだ。

三三の二席。
「碁泥」。碁を禁じた奥さんが、点かない煙草を
くわえた碁打ちふたりの様子を、ふすまの陰から
覗き見て面白がっている様子が、なんだかすごく
楽しい。

ふたりに輪をかけて碁好きの泥棒が、パチーン!
という石の音に、ぶるっと身を震わせる・・わた
しは別段、碁好きではないけれど、共感できるなぁ。

「磯のあわび」。昨年の三三・左龍の会で聞いて
いるので二度目。人を疑うことを知らない与太郎
さん・・・可愛いところもあるが、あの押しの強
さは・・・近くに居たら閉口だね。

正蔵「藪入り」。昨年、正蔵・馬石・一之輔の会
で聞いたのと一緒で、ネズミの登場しない独自の
サゲ。・・・分かりやすいけど、芝浜とか井戸茶
とか・・・似てるよなぁ、と今回も思う。

夜席
たま平「出来心」。前半の間抜け泥の部分。新米
泥棒の失敗談、「根岸三平堂に入った」は、愉快
だった。師匠が帰ったから出来た、そして、彼が
その師匠の息子だからこそ、活きたくすぐり。

白酒「犬の災難」。白酒師のこの噺、なんと2011
年以来。まあ、“珍品”の部類ですからねぇ。

隣家に届けられた鶏肉を預かり、「食べちゃおうか」
と考えちゃうのは・・性質悪いと思うんだけど、
なぜかあまり嫌な感じがない。これ、演者の風貌
の徳(得?)かも。

喬太郎の二席?
「ニセ長短」。これは終演後の貼り出しに書かれ
ていた演目だが、実際には「猫久」「武助馬」
「長短」、三席をちょっとずつ。

なぜこんなことになったのかの詳細は書きません。
いろんな方が他に書いておられるようだし。
個人的には、「猫久」、サゲまで聞きたかった。

「夢の酒」。仲入り後は、気を取り直して、真面
目に。

先日、らくだ亭で聞いたばかりだが、短い間に、
かなりの変化。夢の女はますます蠱惑的となり、
お花さんの嫉妬は、ますます募る・・・楽しい噺。

白酒「青菜」。これも昨年に続き、二度目の遭遇。
植木屋のカミさんが、嬉々として“お屋敷ごっこ”
をしたがり、喜んで押し入れに入っちゃう・・こ
れ、爆笑です。
posted by JTm at 08:32| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

2017.6.22 鈴本演芸場下席・昼の部(その1)

2017.6.22 鈴本演芸場下席・昼の部(主任・三三)

演目
金原亭小駒      道具屋
松旭斎美智、美登   (奇術)
柳家やなぎ      つる
橘家文蔵       手紙無筆
隅田川馬石      狸の札
ホームラン      (漫才)
林家正蔵       味噌豆
桂 文楽       悋気の火の玉
ぺぺ桜井       (ギター漫談)
柳亭燕路       初天神
  (仲 入 り)
三増紋之助      (江戸曲独楽)
春風亭一朝      壺算
柳家はん治      背なで老いてる唐獅子牡丹
林家正楽       (紙切り)
       相合傘、藤井四段(将棋の)、弁天堂(不忍池の)、夏祭
柳家三三       田能久
       (三味線:こう、まい、あや)

中席の鈴本は連日、立見多数だったそうだが、今席
だって顔付けは負けてません!
・・・なにせ、わたしには久々の三三師だからねー
・・いそいそと鈴本へ。

小駒「道具屋」。愛想のいい与太郎さん・・
隣で店を開く、世話焼きのオジサンが、なりゆきを
面白そうに見ているのが、なんだか楽しい。

ここで本来は、二ッ目の緑君さんがでるはずだった
が、後の出番の美智、美登先生が先に上がる。

・・パン時計は確かに素晴らしい技だが、最後、む
き出しのままの食パンをお客に渡すのは、ちょっと
どうかと思うね・・せめて、袋を付けて。

で、次は、やっぱり緑君さんじゃなくて、やなぎさ
ん。急な代演だったようだ。病気かな?

やなぎ「つる」。前座時代の楷書体から、かなり崩
した書体になったようで。

文蔵「手紙無筆」。わー、久しぶり!・・もしかす
ると、襲名後はお初じゃないか?

間違いなく、この噺の第一人者ですねぇ。そして、
噺の進まなさも一番・・今回は、ついに本文に入ら
ず、「その先は道路工事で行かれない」と。

馬石「狸の札」。キョトキョトした目が、とっても
狸っぽい。

ホームラン。懐かしのアニソン篇。ほぼ同世代だが、
知らないのもある。・・忘れちゃっただけかな?

正蔵。マクラたっぷり、小噺連発の後、「味噌豆」。
本篇は4分。

文楽「悋気の火の玉」。この噺、この方でしか聞い
たことなく、この方の他の噺は記憶にない・・・と
いうのは嘘ですが、なんか、それに近い印象。

ぺぺ桜井。こちらも久々。お顔の色がよくなって、
お元気そうでひと安心。

燕路「初天神」。金坊がホントにいたずらで、親父
は「連れて行くのはイヤ」と言い、おっ母さんは
「置いてかれちゃヤダ」と言う・・それでもめげな
いいたずらっ子。

紋之助。本日も絶好調。応援ありがとうございます!

一朝「壺算」。瀬戸物屋の男のとっちらかりぶりが
ハンパでなくて、もう、どうにもならない感じが出
ている・・・落ち着け!・・落ち着きゃ一人前だ。

はん治「背なで老いてる~」。親分が、唐獅子牡丹
の歌を思い出せない場面で、客席の共感がすごい。
・・・うん、ある、ある。

正楽。藤井聡太四段、横顔似てた!

三三。4月4日に末廣亭で遭遇したのが最後だから、
二か月半ぶり・・・こんなにご無沙汰したのは、落
語を日常的に聞くようになって以来、初めてだ。

「田能久」。ここのところ、扇辰師匠でよく聞く噺
で、三三師のはなんと、2012年以来。

さすがに、前のことは覚えてない。

扇辰師に比べると、地の語りの部分が多いかな・・
そして、その分、ちょこちょこと入れ事も多いよう
で。さすがに、地噺ということではないのだけれど。


立見まではいかなかったが、かなりの入りの客席。
そして、反応の良いよく笑う、良いお客さん。
トリの時に、(演者に指摘されながらも)レジ袋を
ガサガサ言わせ続けた人を除いて。
posted by JTm at 23:00| 落語 | 更新情報をチェックする