2017年04月25日

2017.4.24 小満ん夜会@日本橋社会教育会館

2017.4.24 小満ん夜会

演目
春風亭一花       手紙無筆
柳家小満ん       能狂言
春風亭一朝       天災
  (仲 入 り)
柳家小満ん       山崎屋
        (三味線:田中ふゆ)

一花「手紙無筆」。土曜日に続き。前回、ちょっと
間違えたところをきちっと修正。

小満ん「能狂言」。題だけは知っていたが、初めて
聞く噺。

江戸出府中に、能狂言の舞台を見た殿様が、国元に
帰って、「また見たいから演じるように」と命令。
しかし、田舎者の家臣は、それが何かも知らず・・・

たまたま通りかかった旅の噺家ふたりが、なんとも
アヤシゲな能?狂言?を演じる。

個人的にツボだったのは、楽器なしの“エア囃子”。
・・・茂山狂言会の演目にね、あるんですよ・・・
(新作狂言「かけとり」)

一朝。いつもの“イッチョウケンメイ”を忘れて?噺
に入る・・・「天災」。

もう、何も言うことないです・・まさに絶品。

小満ん「山崎屋」。前半の「よかちょろ」は無しで、
若旦那の脅し?に遭った番頭が、花魁身請けの策を
練るところから。

小満ん師匠のこの噺は、ほぼ1年ぶり。その間に、
雲助師匠でも聞いている。

雲師に比べると、小満ん師匠の若旦那の方が、お坊っ
ちゃんぽい感じで、あまり、“こすっから”さがない
印象。・・・番頭も、策士だけど、忠誠心もしっか
りと持ち合わせている。

最後、隠居となった大旦那と元花魁の嫁の、かみ合っ
ているような、いないような・・会話が、なんとも
絶妙です。
posted by JTm at 08:40| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

2017.4.23 国立名人会@国立演芸場

2017.4.23 第406回 国立名人会

演目
三遊亭歌実      元犬
春風亭百栄      浮世床
古今亭菊春      片棒
三遊亭歌司      百川
  (仲 入 り)
三遊亭歌武蔵     大工調べ
三遊亭小円歌     (三味線漫談+踊り「かっぽれ」)
柳家小満ん      愛宕山
        (三味線:松尾あさ)

歌実。5月下席から二ッ目昇進。そのことには触れ
なかったけれど、「元犬」のシロ君は、嬉しそうに
弾んで見えた。

百栄「浮世床」。百栄師のこの噺は、記憶になく、
たぶんお初かと。半ちゃんの艶っぽい夢のくだり。

菊春「片棒」。いくつか聞きなれない部分あり・・・
まず、長男の豪華葬式で、最後にビャクダンの棺桶
や、伽羅の詰め物が登場したこと。これ、焼いたら
どんなニオイがするんでしょ?

次に、次男の祭り葬式で、最後に獅子舞が登場した
こと・・・会葬者の間を練って歩くと、みんな思わ
ず、香典袋をお獅子の口にくわえさせてしまう・・・
これ、馬生師の鹿芝居の時に、いつもお獅子を遣う
菊春師ならでは。

最後、三男坊の場面のオチ・・・「いや、片棒はお
父っつぁんが担ぐ!」と、父親が言うのが一般的だ
が、菊春師は、息子の方に「お父っつぁんが担いで」
と言わせていた。

・・ふーん、そんな型もあるんですね・・・

歌司「百川」。江戸っ子の啖呵も、百兵衛さんの田
舎言葉も、なんか、どっちも中途半端じゃない?と
感じてしまった。ちと残念。

歌武蔵「大工調べ」。与太郎が啖呵を切るまでの前
半のみ。棟梁の啖呵、迫力十分・・・ま、あの体型
ですからねぇ。

小円歌。しののめ節、たぬき(サワリ)、老松(志
ん朝師出囃子。太鼓・歌実)、浮世節・誇り高き。
そして、踊り「かっぽれ」。

ここまで三人、圓歌門下が続いた。

小満ん「愛宕山」。口演時間23分と短かったが、
いちばん美味しいエッセンスだけを味わわせて貰っ
たなー・・という感じ。

的に向かって、小判を投げる旦那が、「当たらなく
たっていいんだ」と言う・・・その瞬間、新緑の中
を、日の光を浴びてキラキラと飛んで行く小判が、
目の前に「見えた」。・・・感動。

旦那は嫌味っぽくなく、一八もガメツクない。小満
ん師匠らしい爽やかさ。

まさにこれぞ、トリ!・・・ビシッ!と、締めて下
さいました。

24日追記。
一夜明けて、昨日、4月23日に、圓歌師匠が亡くな
られたというニュース。まさにその日に、一門の方
が多数出演の会・・・というのも、なにか不思議な
気がする・・・ご冥福をお祈りします。
posted by JTm at 19:25| 落語 | 更新情報をチェックする

2017.4.22 三田落語会@仏教伝道センター

2017.4.22 三田落語会 昼席・夜席

昼席演目
春風亭一花       手紙無筆
古今亭菊之丞      長短
露の新治        鹿政談
  (仲 入 り)
露の新治        深山がくれ
古今亭菊之丞      子別れ(通し)

夜席演目
橘家かな文       一目上り
柳家さん喬       初天神
橘家文蔵        猫の災難
  (仲 入 り)
橘家文蔵        夏泥
柳家さん喬       たちきり
      (三味線:昼夜とも、松尾あさ)

一花「手紙無筆」。一花さんのこの噺はお初かな。
まずは基本形で。

菊之丞「長短」。短七が上方者という設定で。楽屋
に新治師匠がいるのに・・・いいんですか?(笑)

新治。案の定?「見事な大阪弁でしたな」とひと言。

新治の二席。
「鹿政談」。新治師のこの噺は一昨年以来。誤って
鹿を殺してしまった豆腐屋が、老妻を呼んで確認さ
せるのは、聞いた記憶がない。鹿奉行(だったかな?)
の塚原某が、時代劇の悪代官みたいで、傑作。

「深山がくれ」。初めて聞く噺。武者修行の侍が、
深山で山賊一味(どうやら天草の乱の残党らしい)
を退治する。

山賊の首が、ごろごろと転がるさまが、歌舞伎「御
攝勧進帳」の弁慶の「芋洗い」みたいで、馬鹿らし
くて可笑しい。

この新治師の二席目で、めくりが「仲入り」のまま
だったのは残念。鳴り物の入る噺なので、前座さん
たち、そちらでいっぱいいっぱいだったのかな?

菊之丞「子別れ」。40分ちょっとでの通し。この
テンポの良さは嬉しいね。

聞き洩らしたのかもしれないが、熊さんが女房に離
縁状を渡す場面が、なかったような?・・熊さんが
廓に入り浸っている間に、女房が子どもを連れて出
て行ってしまうのだ。

これだと、“子どもとは親子だが女房とは他人”とい
う前提がなくなっちゃうよなー・・と。

亀坊の年齢は再会時に八つだったが、それにしては
可愛げがなく、もう少し上の年齢にした方が良いか
もしれない。

引き続き夜席。

かな文「一目上り」。「変な絵、変な絵!」の連呼
から入る・・・まんま、文蔵テイスト。

さん喬「初天神」。飴屋、団子屋、そして凧。この
噺、大元がさん喬師匠という若手は、すごく多いよ
うに思う。

それだけに、格が違うなーという印象。なにより素
晴らしいのは、丁寧な仕草。金坊が口に入れた飴玉
の大きさ、お父っつぁんが蜜をなめる団子の串の長
さ・・・すべて具体的でブレがない。美しい。

文蔵の二席。
「猫の災難」。呑みたくてたまらなかった熊さんが
最初の一杯を口にした時の、なんとも嬉しそうな顔
がいいなぁ!・・・その気持ち、よく分かります。

「兄ィがそそっかしくて、俺が怒られるの・・嫌!」
には、吹き出しました。

「夏泥」。季節先取りの定番噺。無一文の大工が、
徹底して図々しく、なにより成り行きを面白がって
いる様子がはっきりと伝わって来る。だから、オチ
のひと言が活きてくるんだなー・・と。

さん喬「たちきり」。一昨年9月以来。その時の記
録では、45分かかっているが、今回は38分。マク
ラの違いかもしれないが、印象として「意外に短い」。

ボタンの掛け違いというか、ほんのちょっとタイミ
ングがずれていれば、こんな悲劇にはならなかった
のに・・・という点が、以前より強調されているよ
うな印象を抱いたが・・・違うかな?

余韻に浸りつつ、雨の街へ。
posted by JTm at 09:00| 落語 | 更新情報をチェックする