2018年12月11日

2018.12.10 三三・左龍の会@内幸町ホール

2018.12.10 第89回 三三・左龍の会

演目
三三&左龍       (ご挨拶)
春風亭与いち      手紙無筆
柳家三三        粗忽の釘
柳亭左龍        人形買い
  (仲 入 り)
柳亭左龍        釜どろ
柳家三三        夏の医者

予定されていた9月30日が、台風襲来で列車運休と
なり、会が中止になった。そのリベンジの会である。

私事だが、その前日の29日に足を痛めて、30日はと
ても歩ける状態でなかったわたしには、大変にあり
がたい台風だった(「富久」の一八の心境だ)。

なお、その翌日の10月1日以降は、予定していたす
べての会に、もれなく参加したので、どうぞご心配
なく・・って、誰も心配してないか。

というわけで、オープニングトークはその会の払い
戻しの話。おひとり、払い戻さなかった方がいらし
たそうだが、どんな事情?

与いち「手紙無筆」。聞いていて思い浮かんだのは、
文蔵師匠の顔だった。やっぱり、第一人者だもんね。

三三「粗忽の釘」。3日に行った独演会で、マクラ
で試していた?、ゴーン氏がらみのクスグリを、噺
本篇に挿入・・それが演りたかったのかも?

左龍の二席。
「人形買い」。9月に演ったとしても季節外れだけ
ど、節句のマクラを振ったから、重陽の節句には近
いという理由で選んだのかな?

長い噺という意識があったので、途中で切るだろう
と思っていたが、サゲまで通した。それで30分。ど
こかで詰めていたのかもしれないが、どこだかはわ
からなかった。おしゃべりで生意気な小僧が可愛い。

「釜どろ」。三三師ではよく聞くが、左龍師で聞く
のはお初。豆腐屋のバァさんが、今にもジィさんを
入れたまま、釜を焚きつけそうで・・怖いねぇ。

三三「夏の医者」。こちらはドンピシャの夏噺で、
暑かったこの夏に聞きたかったなーという感じ。

木の股に首を引っ掛けて、参っちゃってるウワバミ
という“絵柄”が、ともかくも愉快。

ひとつ疑問だったのは、下し薬でウワバミは腹の中
空っぽと言いながら、薬箱はまだ中なの?ってこと。

その辺、探したら転がってるんじゃないかなぁ・・?
もっとも、そんな目にあった薬・・飲まされるのは
どう考えてもイヤ!だよね。
posted by JTm at 09:44| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

2018.12.9 小ゑん落語ハンダ付け@お江戸日本橋亭

2018.12.9 第12回 小ゑん落語ハンダ付け

演目
扇遊&小ゑん       (オープニングトーク)
三遊亭あおもり      不精床
柳家小ゑん        吉田課長
入船亭扇遊        寝床
  (仲 入 り)
入船亭扇遊        厩火事
柳家小ゑん        チャルメラの恋

同じ年齢、入門の年こそ違うが、同じ柳家で、同じ時期
に前座修業をし、真打昇進も同時・・というふたりの顔
合わせだから、トークが長くなるのは当然。

なんと30分超!・・それでも、前座時代のしくじり話は
もっと聞きたいと思うくらいに面白かった。

あおもり「不精床」。あおもりさんのこの噺はお初。
二ッ目昇進に向けて、着々と・・って感じです。

小ゑん「吉田課長」。新作台本募集のかなり以前の入賞
作だそうだ。寄席で一度聞いている。
金髪のカツラの長い前髪を、ふわっとかき上げる仕草が
繰り返されるのが、なんとも可笑しい。

扇遊「寝床」。ネタ出しの一席。
もう、おなじみの噺で、安心して聞いていられる面白さ。
すねた旦那が、番頭のヨイショ!で、だんだん頬を緩め
ていく・・・その微妙な表情の変化が、イッピンです。

二席目は「厩火事」。こちらもテッパンの噺で、当然の
ことながら余裕のしゃべり。遊び人のぐうたら亭主が、
扇遊師匠だと不思議に憎めないんだよね。

小ゑん「チャルメラの恋」。こちらもネタ出し。聞くの
は初めてだった。

元ヤクザで、今は屋台のラーメン屋を営む男に、思いが
けないクリスマス・プレゼント。

サンタクロース?が、ラーメン屋に現れて、主人公を博
打に誘うあたりで、なんとなくオチの想像がついたけれ
ど、クリスマスらしい、ハートウォーミングな物語では
ある。

屋台のそばで天体観測をしている天文少年は、小ゑん師
匠の少年時代の投影かな?
posted by JTm at 09:38| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

2018.12.8 桂宮治・入船亭小辰二人会@なかの芸能小劇場

2018.12.8 第19回ごごらく 桂宮治・入船亭小辰二人会

演目
入船亭小辰       子ほめ
桂 宮治        善光寺の由来
  (仲 入 り)
桂 宮治        蝦蟇の油
入船亭小辰       藪入り

初めて行く会で、ちょっと戸惑いつつ。チケットと一緒に
渡されたもの・・何かと思ったら、カード型の拡大鏡。
・・・え、お土産なの??

小辰「子ほめ」。小辰さんの子ほめはレアものだ。前座噺
の典型だけれど、前座時代、「寄席では絶対演らない」と
決めていたとか。学校寄席などでは演っていたらしいが。

なので、二ッ目になってすぐ聞いた時には、正直驚いた。
・・えー、持ってたんだ・・・

サゲを変えていたのは、せめてもの抵抗か?・・すごい!!

宮治「善光寺の由来」。寄り道が多くて、お血脈の御印ま
では届かず。そして、本筋がなんだったか忘れるくらい、
寄り道の方が面白かった。

「蝦蟇の油」。口上がちょっとアヤシイ?と思っていたら、
しばらくぶりに演ったそうで。夜の会のためのお稽古、と
も言っていたが・・・本当ですか?

“四六の蝦蟇”は、「前足が4本、後ろ足が6本・・」って、
それじゃあんまり気持ち悪リィ。“指が”でしょ?
・・・パワーで押し切ったから、気づいた人は多くなかっ
たと思うけれど。

小辰「藪入り」。ほぼ1年ぶり。親と子、双方の心の動き
が、よりいっそう鮮明になった感。そして、優しさの中に
ちょっぴりの厳しさを持つ、素敵なおっ母さんは、まさし
く師匠譲りだ。

宮治さんの噺に沸きに沸いた会場。トリの高座で開口一番、
「宮治カラーに染まってますね」と言っていた小辰さんだ
が、終わってみれば、きっちり“小辰カラー”に染め直し。

かなり大っぴらに泣いてたお客さんもいたようだし。
posted by JTm at 09:07| 落語 | 更新情報をチェックする