2018年11月15日

2018.11.14 国立劇場十一月歌舞伎公演

2018.11.14 国立劇場十一月歌舞伎公演

演目
通し狂言「名高大岡越前裁(なもたかしおおおかさばき)」
         六幕九場     河竹黙阿弥=作
 序 幕 第一場 紀州平沢村お三住居の場
     第二場 紀州加田の浦の場
  (休   憩)
 二幕目     美濃長洞常楽院本堂の場
  (休   憩)
 三幕目 第一場 大岡邸奥の間の場
     第二場 同  無常門の場
     第三場 小石川水戸家奥殿の場
  (休   憩)
 四幕目     南町奉行屋敷内広書院の場
  (休   憩)
 五幕目     大岡邸奥の間庭先の場
          浄瑠璃=竹本葵太夫、三味線=鶴澤慎治
 大 詰     大岡役宅奥殿の場
  (配役)大岡越前守忠相=中村梅玉、天一坊=市川右團次、
      山内伊賀亮=坂東彌十郎、大岡妻小沢=中村魁春、
      下男久助・池田大助=坂東彦三郎、
      徳川綱條=坂東楽善、大岡忠右衛門=市川右近 外

河竹黙阿弥が、明治になってから書いた作だそうで、
神田伯山(初代)の講談「天一坊」を下敷きにしてい
る。元の外題は「扇音々大岡政談(おうぎびょうしお
おおかせいだん)」と言い、明治8(1875)年初演。

国立劇場では昭和47(1972)年に復活上演しているそ
うだが、さすがに見ていない。今回は外題を変えて、
46年ぶりの上演である。

天一坊事件というのは、大岡政談の中でも有名な物語
で、講談こそ聞いたことがないが、TV時代劇などで
あらすじは知っている。

実際にあった事件ではあるが、実は大岡忠相はほとん
ど関与しなかったらしい。ま、それを言っちゃあオシ
マイだけれど。

八代将軍吉宗には、本当にご落胤がいて、でも、その
子は、出産と同時に母もろとも亡くなった・・という
設定。

序幕に登場するお三という婆さんが、そのご落胤の祖
母にあたる人物で、吉宗のお墨付きと証拠の刀(葵の
紋章がちりばめられたこしらえ)を、持っている。

後に天一坊となる僧・法沢は、序幕ではこのお三に、
好きな酒を持って行ってやろうという、気のいい若者
であるが、酔ったお三から、死んだ孫(つまりご落胤)
の話を聞き、証拠の品まで見せられて、ふと、悪心を
抱く。

この、ふとしたきっかけで悪に捕らわれて行く、法沢
の心の動きを右團次丈が丁寧に見せる。

お三を殺した法沢は、ついでに師匠である感応院住職
まで毒殺。・・・自分の身元を知る人間を消して、ご
落胤に成りすまそうとする。

ここで、感応院の下男久助と、下女のお霜という駆け
落ちカップルが登場するのだが、これが何だかよくわ
からない。

前回上演時の台本を整理したというのだが、整理しす
ぎちゃってない?・・このふたり、なぜ、駆け落ちを?

訳がわからないが、このふたりは最後に重要な役目を
果たすことになるので、カットするわけには行かない。

ともあれ、これを上手く利用した法沢は、住職殺しの
罪を久助になすりつけたばかりか、自分もまた、久助
に殺されたと偽装する。

やがて、美濃国までやって来た法沢は、ご落胤を自称
して、常楽院という寺に滞在。ここで、悪僧・天忠と、
山内伊賀亮という、“ブレーン”に出会う。

三幕目でようやく、大岡様の登場。

天一坊と名を変えた法沢は、すでに老中の吟味で、真
実、ご落胤に違いないと認められている。しかし、大
岡はひとり疑問を抱き、再吟味を願うが、上様のご不
興を買って、閉門蟄居を命じられる。

このままだと、翌日には切腹を命じられる・・死ぬこ
とは構わないが、偽ご落胤をこのままには出来ない。
大岡は、死人に化けて、無常門(死者が出た時に、閉
門中でも唯一出入りを許される門)から脱出、水戸家
の力を借りて、ついに、再吟味を認められる。

四幕目、広書院は、大岡と伊賀亮・天一坊の直接対決。

ふとしたことから悪心に捕らわれた天一坊は、意外に
底の浅い悪党で、伊賀亮にしてみれば、「豎子ともに
謀るに足らず」の思いだったのではないか?・・と思
いつつ見ていた。

ここでは、伊賀亮の周到さが勝り、なかなか尻尾を出
させることが出来ない。次の五幕目では、大岡は、妻
子とともに切腹の瀬戸際である。

正しいことをしていると信じているのに、妻子まで道
連れにして死ななくてはならない、大岡の無念さが、
ひしひしと心に迫る。大岡の息子・忠右衛門の健気さ
も手伝って、涙があふれて困った。忠右衛門役、市川
右近ちゃん・・かわいいし。

最後、あわや!というところで、紀州に探索に行った
部下たちが帰着し、やれやれ・・となるのは、なんだ
か、TVの娯楽時代劇みたいだけれど、やっぱり、こ
こは素直に拍手ーー!

・・だけど、10日で紀州まで往復出来るんですかね?
現地で探索もしなくちゃならないのに。
(なーんて言うのは、野暮です、野暮)

そして、大詰、大団円。
住職殺し、法沢殺しの罪を着せられていた久助は、ど
うやら捕らえられて入牢中だった模様。(殺しの罪な
ら死罪だと思うけど・・まだ処刑されてなくてヨカッタ)

この久助・お霜夫婦との対決で、天一坊=法沢が明ら
かとなり、めでたし、めでたし・・という次第。

大岡忠相役の梅玉丈、いつもながらスッキリとしたた
たずまい。これが、正邪を見極める役どころにピッタ
リで、きりっと一本芯の通った、見事なお奉行様ぶり
でした。

一階席は、花道の向こうと、上手側ブロックに高校生
らしき団体が入っていたが、そのほかの一般客は、あ
まり多くない・・・おかげで見やすかったのはありが
たいが、大向こうからの掛声が、ひとつも無かったの
は、とても残念だった。
posted by JTm at 22:37| 芝居 | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

2018.10.15 芸術祭十月大歌舞伎@歌舞伎座

2018.10.15 芸術祭十月大歌舞伎・夜の部
    -十八世中村勘三郎七回忌追善-

演目
「宮島のだんまり」一幕 大薩摩連中
  出演 傾城浮舟太夫実ハ盗賊袈裟太郎=中村扇雀
     大江広元=中村錦之助、平清盛=坂東彌十郎、
     悪七兵衛景清=片岡亀蔵、
     河津三郎=市村萬次郎   外    
  (休   憩)
義経千本桜 吉野山」清元連中、竹本連中
  出演 佐藤忠信実ハ源九郎狐=中村勘九郎、
     静御前=坂東玉三郎、早見藤太=坂東巳之助
  (休   憩)
「助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつはなざくら)」一幕
 三浦屋格子先の場  長唄連中
  出演 花川戸助六=片岡仁左衛門、
     三浦屋揚巻=中村七之助、
     白酒売新兵衛=中村勘九郎、
     母・満江=坂東玉三郎  外

夜の部の助六目当てに歌舞伎座へ。めったに行かないと
書こうとしたが、先月の歌舞伎座ギャラリーを入れると
三か月連続になるので、そろそろ看板を架け替えないと。

「宮島のだんまり」。だんまり(暗闘と書く)は、長い
物語の中の一場面で、敵対する複数の人物が、闇の中で
出会って、何も見えない中で物語の核となる宝物を奪い
合う。

もっとも、本当に真っ暗にしてしまっては、客席からブー
イングが起こるだろうから、暗い「つもり」で演じるわ
けだ。

今回は奪い合うのは、どうやら平家の赤旗らしい。背景
は宮島・厳島神社である。

これいったい、どんなお話の一場面なんだろう?と、帰っ
てからいろいろ調べたが、さっぱりわからない。これが
わたしには、とってもストレス。ホント、この人たち何
なのよー!?・・と、叫びたい気分。

そんなこと考えずに、いろいろな衣装を着けた花形役者
さんたちが、行きつ戻りつしながら、舞台いっぱいに広
がって美しさを競う・・そんな雰囲気を楽しめば良いん
だろうけれど。それが出来ない身の不運。

「吉野山」。こちらは、お馴染みの「義経千本桜」の一
場面を舞踊化したものだから、前後の筋も分かっていて、
安心して見られる。

吉野に落ちた義経を追う静御前。家来の佐藤忠信が付き
添うが、この忠信、どこか挙動不審。静が義経から賜っ
た初音の鼓を打つと、なぜか鼓にすり寄って・・

実はこの忠信、狐が化けている・・というのは、落語に
も出てくるお馴染みの話。

ただ、この場面ではまだ、狐は完全には正体を現さない。
鼓の音に反応して、時折、狐っぽい動きを見せるだけ。

桜満開の吉野山の美しい背景と、美男美女の道行をぼうっ
と楽しむ。道化役の早見藤太と花四天とのからみも、嬉
しいお楽しみ。

「助六曲輪初花桜」。市川家十八番のひとつ、助六は、
市川家で演じる時は「助六由縁江戸桜」という外題にな
るが、今回は松嶋屋用の外題・・ま、題だけであまり大
きな違いはない。(と大雑把に言うと怒られそうだが)

もともとは、曽我兄弟の仇討の物語のバリエーション。
紛失した宝刀「友切丸」を探すため、侠客に身をやつし
て吉原に入り込んだ曽我五郎が・・って、これ、まった
く時代が違うねぇ。歌舞伎では日常茶飯事だが。

これもまた、細かいことは考えずに、カッコイイ男と美
しい女が、それぞれ、スカーッ!と切れのいい啖呵を切
り、ちょっと道化た人たちも登場して笑わせてくれ、悪
役は悪役で、堂々たる存在感を示し・・と、夢の世界に
遊ぶのが醍醐味です。

仁左衛門丈の助六は、まだ、孝夫時代に一回拝見してい
る。調べたらこれが1983年の歌舞伎座で、その時が初演
だったそうだ。

その後、仁左衛門襲名時(1998年)に再演しているが、そ
の時は見ていない。今回が三回目20年ぶりの助六だそう
だが、わたしにとっては、35年ぶり・・ひぇー!!

初演時に、十七世勘三郎丈に教えを受けたそうで、それ
を今度は十八世に「教えて欲しい」と頼まれながら、実
現しなかったとのこと。

十八世の七回忌追善に、勘九郎・七之助兄弟と共にこの
舞台を務めることで、十八世との約束を果たす・・とい
う意味なんだろうな。そう考えるとなんとなくウルウル。

興奮冷めやらぬままに、陶然とした気分で帰宅。
posted by JTm at 09:58| 芝居 | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

2018.10.10 国立劇場十月歌舞伎公演

2018.10.10 国立劇場十月歌舞伎公演

演目
通し狂言「平家女護島(へいけにょごのしま)」三幕四場
              近松門左衛門=作
 序 幕 六波羅清盛館の場
  (休   憩)
 第二幕 鬼界ヶ島の場
  (休   憩)
 第三幕 敷名の浦磯部の場
      同  御座船の場
  (配役)平清盛・俊寛僧都=中村芝翫、
      東屋=片岡孝太郎、有王丸=中村福之助、
      成経=中村松江、海女千鳥=坂東新悟、
      教経・丹左衛門基康=中村橋之助、
      瀬尾太郎兼康=中村亀鶴、
      後白河法皇=中村東蔵   外

第二幕の鬼界ヶ島の場、通称「俊寛」のみが上演され
ることが多いが、昨年2月の文楽に続き、今回は、歌
舞伎での通し公演。

平成7年の再演とのことで、前回は確か、吉右衛門丈
が清盛と俊寛を演じたと記憶している。

平家に対する謀反を企てた罪で、絶海の孤島に流され
た三人・・待ちに待ったご赦免船が到着して、嬉しや、
都へ帰れる・・と浮き立つ気持ちが、一転して・・

というのが、「俊寛」のあらすじだが、今回は、その
俊寛の留守を守る妻・東屋に、清盛が言い寄る前段と、
ご赦免船が、清盛&後白河法皇の乗る御座船に行き合
う後段が付いた。
      
第一幕、東屋と清盛の物語は、文楽では東屋の首を、
教経が清盛に示す、なかなかエグイ場面があったよう
に思うが、さすがに歌舞伎では割愛。人形と違って、
生身の人間だから、さすがに行き過ぎ・・ということ
なのだろう。

第二幕、鬼界ヶ島では、千鳥役の新悟丈と許婚の成経
役の松江丈に、初々しいカップルの風情・・・俊寛が、
千鳥を我が子のように思ってしまう気持ちに同調でき
る感じ。

そして、最後に、自ら望んでとは言え、次第に離れて
行く船を見送る俊寛の絶望感が、ひしひしと伝わって
来る。印象的な幕切れ。

ただやっぱり、ここが印象的であればあるほど、後の
幕は、付けたりだなぁ・・という感慨が無きにしも非
ず。

休憩が25分とやや長めのせいもあってか、ここで帰ろ
うとして職員に押し止められているお客さんもいたく
らい。

でも、第三幕は、千鳥の活躍と、有王丸の大立ち回り
で、きちんと、飽きさせない作りになっている。だか
ら、二幕で帰らないで、ちゃんと最後まで見てね。

清盛と俊寛、二役を務める芝翫丈・・申し訳ないが、
憎々しい清盛の方が、断然、似合い。そう言えば、最
近、TVドラマでも、悪役が多いよなー・・・。

そして、あまりしどころはないものの、後白河法皇役
の東蔵丈が、気品ある法皇様で、舞台を引き締めてい
た感じ。白塗りのためもあってか、御年80歳とは思え
ない若々しさだった。
posted by JTm at 09:06| 芝居 | 更新情報をチェックする