2018年01月16日

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

演目
通し狂言「世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)」四幕十場
 発 端(京)     室町御所塀外の場
 序 幕<春>(相模) 鎌倉扇ヶ谷横山館奥庭の場
            同       奥御殿の場
            江の島沖の場
  (休   憩)
 二幕目<夏>(近江) 堅田浦浪七内の場
            同  湖水檀風の場
  (休   憩)
 三幕目<秋>(美濃) 青墓宿宝光院境内の場
            同  万屋湯殿の場
            同    奥座敷の場
  (休   憩)
 大 詰<冬>(紀伊) 熊野那智山の場
  (配役)盗賊風間八郎=尾上菊五郎、小栗判官=尾上菊之助、
      照手姫=尾上右近、漁師浪七=尾上松緑、
      細川政元・万屋お槙=中村時蔵、鬼瓦の胴八=片岡亀蔵、
      浪七女房小藤・万屋お駒=中村梅枝  外

馬が活躍?する物語からだろうか、開幕時、暗くした
場内に馬頭琴の音が響き、舞台では、銀河を流れる星
の中から、馬の姿が・・・(チンギス汗か!?)

発端で父を殺された小栗判官が、許婚の照手姫ととも
に、父を殺しお家の重宝を奪った盗賊を探し求める。

彼らを助ける者あり、妨害する者あり、また、その目
的とはまったく関りがないのに、知らない内に渦中の
人となる者も。

派手な立ちまわりあり、チャリ場あり、女の嫉妬と恨
み、果ては幽霊まで登場するという・・・まさにサー
ビス満点というか、やりたい放題というか・・・

色々とツッコミたいところは、多々あれど、まあ、別
にいいか・・と、許せてしまうのが、歌舞伎の楽しさ
だねぇ。

そんなことを、再確認させてくれた新春の歌舞伎。
楽しゅうござんした。

先月は岳父の吉右衛門丈と一座した菊之助丈が、今月
は実父の菊五郎丈と。見た目の美しさ、口跡の良さ、
惚れ惚れする男っぷり。

・・お父上には申し訳ないが、この人が八代目になる
日を、なんとか見たいもの・・と思ってしまった。

そして、松緑丈が、11月の坂崎出羽守役に次ぐ好演。
二幕目の後半、舟の櫂や網を用いての立ち回りは、昔
見た、先代辰之助(三代目松緑を追贈)丈の「蘭平物
狂」を思い出し、大いに懐かしかった。

この場面と、序幕の小栗判官の馬の曲乗りの場面、三
階さんたちの活躍に、大きな拍手を贈りたい。
posted by JTm at 21:43| 芝居 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

2017.12.14 国立劇場十二月歌舞伎公演

2017.12.14 国立劇場十二月歌舞伎公演

演目
「今様三番三(いまようさんばそう)」
  (配役)曽我二の宮実ハ如月姫=中村雀右衛門
      佐々木行氏=中村歌昇、結城貞光=中村種之助 外
   大薩摩=芳村伊四之介、三味線=杵屋五七郎
  (長唄連中)唄=鳥羽屋里長、杵屋勝彦、鳥羽屋長孝、
          杵屋五功次、芳村翔太郎、鳥羽屋三之助、
          杵屋六昶俉、鳥羽屋里一郎
        三味線=杵屋栄津三郎、稀音家新之助、
            杵屋正園、杵屋佐助、吉住友孝、
            杵屋栄之丞、杵屋五英治、鳥羽屋和樹
  (鳴物連中)笛=鳳声晴由
        小鼓=田中源一郎、望月左京、田中傳一郎
        大鼓=田中傳吉  太鼓=住田長十郎
  (休   憩)
通し狂言「隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)」三幕九場
     -御存梅の由兵衛- 並木五瓶=作
 序 幕 柳島妙見堂の場
     同 橋本座敷の場
     同   入口塀外の場
  (休   憩)
 第二幕 蔵前米屋店先の場
     同   塀外の場
     同   奥座敷の場
     本所大川端の場
  (休   憩)
 大 詰 梅堀由兵衛内の場
     同 仕返しの場
  (配役)梅の由兵衛=中村吉右衛門、
      由兵衛女房小梅・弟長吉=尾上菊之助、
      源兵衛=中村歌六、曽根伴五郎=大谷桂三、
      金谷金五郎=中村錦之助、芸者小三=中村雀右衛門、
      信楽勘十郎=中村東蔵、米屋娘・お君=中村米吉 外

「今様三場三」。能の式三番、つまり翁から派生した
舞踊とのこと。厳粛な儀式的要素の強い翁が、女形の
舞踊となって、華やかで艶めいた舞台に。

源氏に敗れて取り上げられた平家の白旗を、平忠度の
娘・如月が取り返そうとする・・・長くなびかせた白
機を巧みに操っての踊りが見どころ。

「隅田春妓女容性」。読み方、難しー・・

駆け落ちして芸者になった旧主の娘を、なんとか身請
けしようとする侠客・由兵衛が、その金の算段に窮し、
知らぬこととは言え、女房の弟を殺害してしまう。

三組の相愛の男女に、それぞれ横恋慕する男がからみ、
金や主家の重宝を奪い合う・・・よくあるパターン。

大川端で、由兵衛と長吉が出会う場面、ここでひと言
由兵衛が名乗りさえしたら、この悲劇は起こらなかっ
たのに・・・と、思わざるを得ないのだが・・・

もしかしたら由兵衛は、長吉が金を持っていることを
知って、とうから奪うつもりになっていたのかも。
・・悪いことするつもりなら、名前は言えないものな。

その殺しの罪はどこへやったのか・・・重宝は奪い返
し、旧主の娘は、恋人と結ばれるという結末。

気の毒なのは、恋人を殺されたお君さん・・と言いた
いところだが、長吉のための金を、別の男の自分への
恋心を利用して作ろうなんてするから・・因果応報。

このお君の長吉への恋文と、長五郎へのニセ恋文が、
錯綜する米屋の場面は、なにやら落語「文違い」を思
わせる・・大家のお嬢様が、新宿の女郎と同じ手練手
管を使っちゃうんだねぇ。

菊之助丈が、姉の小梅と弟の長吉を二役早変りで見せ
る米屋塀外、吉右衛門・菊之助両丈が、客席を巡る
(わたしのすぐ横を通った!)大川端など、観客への
サービスは満点。

あまり深いところまで考えずに、ただ楽しめばよい・・
のだろうな。
posted by JTm at 10:21| 芝居 | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

2017.11.16 国立劇場十一月歌舞伎公演

2017.11.16 国立劇場十一月歌舞伎公演

演目
山本有三生誕130年
「坂崎出羽守(さかざきでわのかみ)」(4幕)
       山本有三=作、二世尾上松緑=演出
 第一幕    茶臼山家康本陣
 第二幕    宮の渡し船中
  (休   憩)
 第三幕(一) 駿府城内茶座敷
    (二) 同   表座敷の一室
 第四幕    牛込坂崎江戸邸内成正の居間
   (配役)坂崎出羽守成正=尾上松緑、
       徳川家康=中村梅玉、千姫=中村梅枝
       金地院崇伝=市川左団次、
       松川源六郎=中村歌昇、
       坂崎家家老・三宅惣兵衛=市村橘太郎 外
  (休   憩) 
「沓掛時次郎(くつかけときじろう)」(3幕)
         長谷川伸=作、大和田文雄=演出
 序 幕(一) 博徒六ッ田の三蔵の家の中
    (二) 三蔵の家の外
    (三) 再び家の中
    (四) 再び家の外
    (五) 三たび家の中
 二幕目    中仙道熊谷宿裏通り
 大 詰(一) 熊谷宿安泊り
    (二) 喧嘩場より遠からぬ路傍
    (三) 元の安泊り
    (四) 宿外れの路傍
   (配役)沓掛時次郎=中村梅玉、
       六ッ田の三蔵=尾上松緑、女房お絹=中村魁春、
       三蔵倅太郎吉=尾上左近、
       安宿の亭主安兵衛=市村橘太郎、
       同女房おろく=中村歌女之丞、
       博徒の親分・八丁徳=坂東楽善  外

11月の国立歌舞伎は、新歌舞伎二本立て。

「坂崎出羽守」。大坂落城の時、孫である千姫を助
けたい一心で、「助けたら姫を妻にとらせる」と、
坂崎に約す。

坂崎はやけどを負いつつ、姫を救出・・しかし、姫
の心は、坂崎には向かず、困り果てた家康は、僧・
崇伝を通じて、「姫は出家する、他家には嫁がない」
と伝え、坂崎に思い切らせる。

しかし、家康の死後、千姫は、本多家に嫁ぐことに。
・・・二度に渡って裏切られた形の坂崎は、怒りに
震えるが・・・。

正直、見ていて辛い。坂崎の苦しみは、分からない
とは言わないが、なぜ、そこまで千姫に執着するの
か・・それとも、坂崎の本当の怒りは、「裏切られ
た」ことに対してなのか?

それにしたって、家臣を路頭に迷わせることになる
と知りながら、千姫の嫁入り行列に切り込むとは・・・
あまりのご短慮・・ではあるまいか。

ただ、そのあまりに粘着質の坂崎の性格は、前半部
分で、十分に描かれており、まあ、この人なら・・
と納得は出来る。

そのちょっとウザい男を、松緑丈が好演。なかなか
役に恵まれなかった感のある四代目が、祖父・父の
当り役を、立派に継承して見せてくれた。

「沓掛時次郎」。沓掛というのは、現在の中軽井沢
辺り・・中軽井沢駅の旧名は沓掛である。1956年
に改称だそうだが、わたしの子どもの頃の記憶では、
「中軽井沢(沓掛)」と、併記されていたような。

その沓掛出身の博徒、時次郎が、渡世の義理で切っ
た男の女房と子どもを連れて旅に・・。

先月聞いた落語「旅の里扶持」に、なんだか似てい
る・・・原作は、同じ長谷川伸。

伸先生、こういう展開がお好きだったのか?
女房でも情婦でもない女を、ストイックに献身的に
世話する男・・というのに、何か思い入れがあった
のだろうか。

身重のお絹と息子の太郎吉を連れての旅・・お絹の
出産が近くなり、金を稼ぎたい時次郎は、足を洗っ
たはずのやくざの世界に、再び足を・・・

場面ごとに、秋⇒冬⇒早春⇒春と、季節の移り変わ
りを見せる舞台の工夫が、なんだかとても嬉しい。

お絹は産褥で死に、時次郎が太郎吉を連れて旅に出
るというのが最後の場面だが、これが、春真っ盛り
の情景なのは、これからのふたりの未来を暗示して
いるのだろうか・・・そうであって欲しいと願う。

「坂崎」で家老役を演じた橘太郎丈が、こちちらで
も安宿の亭主役を好演。

そして、今年、彦三郎から隠居名?に改名した楽善
丈が、最後にちょっとだけ顔を出す親分・八丁徳・・
貫禄十分で、なかなかお得な役だった。
posted by JTm at 10:40| 芝居 | 更新情報をチェックする