2017年10月27日

2017.10.27 「狩野元信」展@サントリー美術館

2017.10.27 「狩野元信」展

年間パスのおかげで、全5回通って、展示替をすべて
コンプリート。

狩野元信は、狩野派の二代目にして、かの永徳の祖父。
室町~江戸時代に、画壇をリードした狩野派の基礎を
築いた人物である。

日本各地の博物館、美術館、神社仏閣、米国・ボスト
ン美術館に所蔵されている元信作品や関連作、全94点
が紹介されている。

大画面の障壁画や宗教画が、展示の“目玉”であるが、
個人的には、京都・清凉寺所蔵の「釈迦堂縁起絵巻」
第三巻に、大いに興味をひかれた。

この絵巻は、嵯峨釈迦堂と呼ばれる清凉寺と、そこに
伝わる釈迦像の由来を描いたもの。署名はないが、作
風その他から、元信自身の作と見られているそうだ。

その中で、第三巻には、清凉寺の釈迦像の縁起が語ら
れている。

釈迦の在世中に、古インド・コーシャンビーの優塡王
(うてんおう)が、釈迦の像を彫らせ、釈迦はこれを
見て、「我亡き後は、この像が人々を救う」と、未来
を託したという。

しかし、釈迦の没後、1300年余りで、コーシャンビー
では、廃仏運動がおこり、この釈迦像も廃棄されそう
になる。そこで、鳩摩羅炎という人物が、この像を、
中国の西域にあった亀茲(きじ。現在のクチャ)国に
“逃がす”ことになる。

現在展示されている場面が、その道中を描くものなの
だが・・・「昼は鳩摩羅炎が釈迦像を背負い、夜はな
んと、釈迦像が鳩摩羅炎を背負った」というのだ。

きゃー、なにこれ、まんま、「お血脈」じゃん!

ま、落語ファンならではの感想です・・馬鹿だねぇ。

写真を掲載できないのは残念だが、鳩摩羅炎が仏を背
負う場面には丸く太陽が輝き、仏が鳩摩羅炎を背負う
場面は、半月が照らしている・・歩くのは険しい山道。


クンジュラブ峠だろうか・・・それにしては緑が多い
ような気もするが。

「釈迦堂縁起絵巻」第三巻は、会期末の11月5日まで
この場面を展示。31日(火)は、特別開館で、休館日
はもうないそうです。
posted by JTm at 15:37| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

2017.9.25 「深川の雪と吉原の花」展@岡田美術館

2017.9.25 「深川の雪と吉原の花」展

箱根小涌谷にある岡田美術館は、2013年の開館
当初から、長い間所在不明だった美術品が、「え、
ここにあったのか!」と、業界を驚かせている。

実業家の岡田和生氏のコレクションとのことだが、
どうやら、長年にわたって、コツコツと密かに?
収集されていたらしい。

明治以来の旧財閥系の大コレクターのコレクショ
ンは、各所の美術館で公開されているが、岡田氏
は1967年創業のユニバーサルエンターテインメン
トという会社の創設者で、主にゲーム機などを扱っ
ているらしく、如何にも現代的な、新コレクター
と言ってもよいだろう。

世を驚かせたそのコレクションのひとつが、喜多
川歌麿の肉筆浮世絵「深川の雪」だった。

縦199㎝×横341㎝という巨大な掛軸・・2014
年に公開されるまで、半世紀余り、その行方
が分からなかった作品だ。

そして、この作品は、いずれも現在は米国の
美術館に所蔵される、「吉原の花」「品川の
月」とともに、雪月花三部作を構成する。

中で、「品川の月」は、コレクションの門外
不出を条件に設立された、アメリカ合衆国ワ
シントンDCにある、フーリア美術館の所蔵
のため、今後とも、日本への里帰りは望めない。

しかし、今回、アメリカ・コネチカットのワ
ズアース・アセーニアム美術館所蔵の「吉原
の花」が来日すると聞き、ぜひにと、箱根へ。

 IMG_1664.JPG 岡田美術館入口。

パンフレット。以下の画像はすべて、このパン
フからの引用です。
 IMG_1668.JPG

深川の雪。(岡田美術館蔵)
 IMG_1666.JPG

吉原の花。(ワズワース・アセーニアム美術館蔵)
 IMG_1665.JPG

品川の月。(複製。原本はフーリア美術館蔵)
 IMG_1667 (2).JPG

じっくり見ていて気付いたのは、描かれている人
物が、どれもみな女性ばかり?・・・ということ。

吉原はもちろん、深川も品川も、男の遊び場であっ
たはずなのに・・・もてなす側ばかりか、お客ま
で女性ばかりに見える。

「深川の雪」では、左下の女性に抱かれている赤
ん坊が、男の子?かもしれない。

「吉原の花」では、右下隅に立つ人物が、若衆か?
 IMG_1665 (2).JPG

そして「品川の月」では、左上の障子に映る影が、
どうやら客の男性らしい。
 IMG_1667 (3).JPG

パッと見て、分かる“男性”は、各作にひとりずつ。
あとはみんな女性。

なぜ、男がいないのか。
歌麿は、確かに女性を描くことを得意にしていた
から、もしかすると、注文者の意向なのかもしれ
ない。その方が華やかになるから、と。

またもしかすると、女たちが妍を競う里の雰囲気
を描きたかったのかもしれない。

はっきりした解答はないけれど、そんな見方もま
た面白いなー、とふと思った次第。
(各画像はクリックすると拡大します)
posted by JTm at 13:21| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

2017.4.27~28 奈良~京都 展覧会巡り

2017.4.27 奈良国立博物館&東大寺ミュージアム

新幹線とJR奈良線を乗り継いで、奈良へ。
JR奈良線は、国際線?というくらい、外国から
のお客様が多かった。どうやら、ジャパンレール
パスというやつ、JRには乗れるが、近鉄には乗
れないらしい。

まずは、今回の旅の大きな“目玉”へ。
IMG_1333.JPG IMG_1337.JPG
奈良国立博物館「快慶展」。

運慶と並ぶ、奈良仏師の雄、快慶の若き日から
晩年に至る作品の数々。

同じ康慶の門下ながら、勇壮で力強い作風の運
慶は、武士階級に重用されて、東国にその遺作
が多いが、優雅さや繊細さを感じさせる快慶の
作は、都人に好まれたようだ。

生涯を通じて作り続けた、阿弥陀如来立像の時
代による変遷を見せた、最後のコーナーが、非
常に興味深かった。

展示の最後にあった撮影コーナーで。
 IMG_1331.JPG


常設展示の、なら仏像館。
こちらもリニューアル後、初訪問。以前より明
るくなって、説明も詳しくなったようだ。

最終的に奈良博をあとにしたのは、すでに2時
を回っていた。
なにはともあれ、腹ごしらえ・・・朝、6時に、
軽い朝食を摂ったきりだから。

店頭の写真見て、え?と思ったので、注文して
みた。
IMG_1334.JPG

たぬきそば?・・・きつねじゃないの?

帰京後調べたら、京都以外の関西地方では、揚
げののった“そば”を「たぬき」と呼ぶらしい。
「きつね」のそば版が、「たぬき」という訳。

所変われば、品名が変わる・・・まさに。

美味しかったけれど、そばには、やはり、東京
風の濃いおつゆが合うような気も・・・。まあ、
好みの問題ですが。

食後は、修学旅行生の間をかき分けるようにし
て、東大寺方面へ。
東大寺ミュージアム。
 IMG_1338.JPG

そのあとは、春日神社へ。
 IMG_1340.JPG
藤の花が、咲き始めていた・・・もっともっと、
房が長くなるとのこと。
 IMG_1344.JPG

ここで、脚が限界に達し、まだ4時だったけれ
ど、ホテルに戻ることに。
途中、こんなのみーつけた!
IMG_1349.JPG IMG_1350.JPG

三作石子詰め・・・「鹿政談」だ!


2017.4.28 東寺~京都国立博物館

翌朝は早朝の近鉄で、京都へ。東寺で下車。
 IMG_1355.JPG ん?五重塔の
中が見られるって・・・
あ、中はもちろん、撮影禁止。
 IMG_1353.JPG


風鐸コレクション。
IMG_1359.JPGIMG_1363.JPGIMG_1366.JPG

五重塔、金堂、講堂を見て、宝物館へ。
「東寺と後七日御修法」展、開催中・・・
正直、ちと、難しい。

最後は、これも特別公開中の観智院へ。
真言宗の勧学院・・つまり、研究所みたい
な感じか?

お庭がきれいだった。
IMG_1370.JPG IMG_1375.JPG


東寺東門前からバスに乗り、京博へ。
  IMG_1380.JPG

趣のある本館は、ただ今工事中。なので、
常設展示はお休み。

  IMG_1382.JPG

  IMG_1377.JPG

特別展「海北友松」展。
名前だけは聞いていたが、こんなにたくさ
んの作品をまとめて見たのは初めてだ。

狩野派に学び、独自の画風を開いたのは、
50代以降。そして、66歳で跡継ぎの長男
を得たというのにも驚いた・・・

83歳で亡くなるまで、旺盛な制作活動を
続けたそうだが・・・うーん、むべなる
かな。

「人間50年」の時代だというのに・・・
長生きする人は、やっぱり違うなぁ!!

見終わって、また今日も2時に昼食。
京都駅まで徒歩・・・・・途中、鴨川で。
 IMG_1384.JPG さーぎぃ!!

夜の落語会に向けて、一路、東京へ。
posted by JTm at 17:00| 展覧会 | 更新情報をチェックする