2020年01月26日

2020.1.25 出雲の神楽@国立小劇場

2020.1.25 民俗芸能公演 出雲の神楽・第一部

演目
佐陀神能  島根県松江市・佐陀神能保存会
 「入申(いりもうす)」
 七座「御座(ござ)」
    舞=西山 彰 
    囃子方 鼕長太鼓=石橋淳一、締太鼓=宮川康秀、
        笛=川谷房光、銅拍子=松尾真己
 (解説)  錦田剛志(島根県・万九千神社宮司)
 神能「三韓(さんかん)」
    武内宿禰=幡垣俊輔、神功皇后=板橋貴男、
    神主/百済王=幡垣裕行、神子=長谷川みゆ、 
    高麗王=西山 彰、新羅王=中村暢夫
    囃子方 大鼕=石橋淳一、大鼓・銅拍子=宮川康秀、
        小鼓・笛=松尾真己、川谷房光
  (休 憩)
大土地神楽  島根県出雲市・大土地神楽保存会神楽方
 七座「悪切(あくぎり)」
    神官=園山隆一
    囃子方 大鼕=坂本伸仁、
        小太鼓=水師正雄、安達拓矢、板垣 努、
        笛=大村 聡、安田晋也、杉谷勇樹
 (解説)  錦田剛志
 神能「八戸(やと)」
    素戔嗚尊=(前)栗田和弘、(後)福代 純、
    足名椎=桐山和弘、手名椎=春日 卓、
    稲田姫=大梶明美、八岐大蛇=日野昌幸
    囃子方 大鼕=水師正雄、
        小太鼓=坂本伸仁、安達拓矢、板垣 努
        笛=大村 聡、安田晋也、杉谷勇樹


2020.1.25 民俗芸能公演 出雲の神楽・第二部

演目
大土地神楽
 「入申」
 七座「茣蓙舞(ござまい)」
    下照姫命=小田沙和子、御多福=小田武司
    囃子方 大鼕=坂本伸仁、
        小太鼓=桐山和弘、園山隆一、板垣 努、
        笛=大村 聡、日野昌幸、荒木奏人
 (解説)  錦田剛志
 神能「野見宿禰(のみのすくね)」
    野見宿禰=安達拓矢、当麻蹴速=福代 純、
    行事=安田晋也
    囃子方 大鼕=水師正雄
        小太鼓=桐山和弘、園山隆一、春日 卓
        笛=大村 聡、日野昌幸、荒木奏人
  (休  憩)
佐陀神能
 七座「剣舞(けんまい)」
    舞=幡垣裕行、幡垣俊輔、板橋貴男、中村暢夫、
    囃子方 鼕長太鼓=石橋淳一、締太鼓=宮川康秀、
        笛=川谷房光、銅拍子=松尾真己
 (解説)  錦田剛志
 神能「八重垣(やえがき)」
    奏仁=西山 彰、奇稲田姫=朝山慎二郎、
    素戔嗚尊=幡垣俊輔、大蛇=中村暢夫、
    後見=池田俊貴
    囃子方 締太鼓=石橋淳一、大鼓・銅拍子=宮川康秀、
        小鼓・笛=松尾真己、川谷房光
 「成就神楽(じょうじゅかぐら)」

旅先などで、偶然に神楽を見る機会があって興味を持ち、
東京で公演のある際は、なるべく見るようにしている。

今回は、出雲大社のお膝元、島根県に伝わる出雲神楽か
ら、松江市の佐陀神能(さだしんのう)と、出雲市の大
土地神楽(おおどちかぐら)の公演。

佐陀神能は、出雲国の二の宮、つまり出雲大社に次ぐ、
格式のある佐太神社に伝わる神楽で、それだけに、神道
との結びつきが強く、神事としての格式を保持している。

一方、大土地神楽は、出雲大社に近い大土地荒神社に伝
わる神楽である。江戸時代までの神楽は、もっぱら神職
によって演じられてきたが、この大土地神楽は、すでに
江戸時代の末には、神職ではない氏子たちに継承された。

それだけに、観衆を意識した、娯楽としての要素が強く
見られる。

・・という、対照的なふたつの神楽を、二部にわたって
見る。

どちらの神楽にも、神事として行われる「七座」と、神
話の歌劇化ともいえる「神能」の二種類の演目が伝わり、
佐陀神能には、さらに「式三番」も伝承されている。

以上が、解説とプログラムからの受け売りです。

個人的に、見比べたいと思ったのは、「八戸」と「八重
垣」で、どちらも、素戔嗚尊の大蛇退治を題材とする。

大土地の「八戸」では、大蛇はなぜか手足のあるトカゲ
みたいな形で、鯉のぼりの模様のようなウロコ模様の着
ぐるみで大暴れ・・対する素戔嗚尊も、汗だくの大立ち
回り・・・

一方、佐陀の「八重垣」では、大蛇は立ち姿で、歌舞伎
の衣装のような、三角を並べた鱗模様の衣装・・大振り
の面には、目が、なんと16個!(八頭の大蛇だから・・)

そして、この大蛇と戦うのは、もっぱら素戔嗚尊の部下
の奏仁で、尊は最後の最後に、とどめを刺すだけ。

この一事だけでも、ふたつの神楽の性格の違いがよく見
える・・面白い公演でした。

もうひとつ、大土地神楽の「悪切」がすごかった・・か
なりテンポが速く、動きの大きな舞を、35分間、ひとり
で舞うのである。
・・なんだか、見ている方が、息切れして酸欠になりそ
うだった。 
posted by JTm at 11:21| 雑記 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020.1.1 あけましておめでとうございます

2020.1.1 あけましておめでとうございます

本年もまた、あいかわらずのごひいきをお願いします。
新年の「落語始め」は、明日、2日の予定です。
更新は3日朝に。

どうぞよろしくお願いします。

posted by JTm at 08:03| 雑記 | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

2019.9.9 キクの日に柳家小菊を聴く会@なかの芸能小劇場

2019.9.9 なかの満点座 キクの日に柳家小菊を聴く会

演目
粋曲      三味線と唄=柳家小菊
端唄      三味線=花季知優佳
        唄=柳家小菊
  (仲 入 り)
粋曲      三味線と唄=柳家小菊

小菊師匠の会は、昨年2月以来で2度目。前回同様、
端唄の師匠、花季知優佳さんがゲスト・・もっとも
前回はまだ前名の珠代さんで、昨秋にお母上の名を
襲名されたそうだ。

まずはお馴染みの「梅は咲いたか」で、なかの芸能
小劇場へごあんなーい・・から。

続いて「木遣くずし」「キンライ節」「紀伊の国」
そして、都々逸・・最後は大仰な“あんこの入る、
「相惚れ」で締めくくる。

そのあとの曲は、残念ながら題不詳、芳町の陰間茶
屋の唄だったかな。さらに「裏の背戸や」「深川く
ずし」。

そのあと、この梁川くずしのメロディで、童謡の
「かわいいかくれんぼ」を・・最近、寄席でもよく
演ってるんですとのことだったが、しばらく寄席と
はご無沙汰なので、わたしにはお初だった。

ここでゲストの知優佳師が登場して、三味線を弾い
てくださる・・その糸に乗せて、「書き送る」「河
太郎」「亥年の春」の3曲。

しっとりとした曲、コミカルな曲、にぎやかな曲と
バラエティ豊か。

仲入り休憩後は、ふたたび「梅は咲いたか」から。
今度は秋バージョンの歌詞で。

「とかく世の中で黙って売るものは」という歌詞で
始まる虫売りの唄、「きりぎりすは羽で鳴くかよ」
という「新土佐節」、そして「立山」と、秋の唄を
まとめて。

「縁かいな」の節で「秋の夕日に・・」の「もみじ」
も披露してくれた。

そのあとは、「長崎ぶらぶら節」「芝で生まれて」
「品川甚句」「気前が良くて」「酒と女」「名古屋
甚句」と、お馴染みの曲を。

最後の一曲は、やはり「両国風景」で、予想通りと
は言え、聞けたのはなによりうれしい。

合間のおしゃべりは、師匠である紫朝師のこと、楽
屋のあれこれなど、こらもとても楽しくて、あっと
いう間の2時間。

ただ、欲を言えば・・鳴物があるともっと良かったなぁ。
posted by JTm at 10:23| 雑記 | 更新情報をチェックする