2019年02月17日

2019.2.16 茂山狂言会「春」@金剛能楽堂

2019.2.16 茂山狂言会「春」四世茂山千作七回忌追善公演

演目
小舞「岩飛」       茂山慶和
小舞「雪山」       茂山鳳仁
小舞「蛸」        茂山宗彦
  以上、地謡 茂山 茂、茂山千之丞、網谷正美、
        島田洋海、井口竜也
狂言「骨皮」
   住持=茂山七五三、新発意=茂山 蓮、
   檀家(傘)=茂山竜正、檀家(馬)=茂山虎真、
   檀家(法事)=茂山千之丞   後見=茂、山下守之
「那須語」        茂山逸平
             後見=松本 薫
狂言「空腕」
   主人=茂山千作、
   太郎冠者=茂山千三郎  後見=増田浩紀、鈴木 実
  (休  憩)
舞囃子「頼政」      金剛龍謹
   囃子方 笛=左鴻泰弘、小鼓=吉阪一郎、大鼓=谷口正壽
狂言「通圓」
   通圓の霊=茂山千五郎、
   旅僧=茂、所の者=千之丞  後見=島田、丸石やすし
   囃子方 笛=左鴻泰弘、小鼓=吉阪一郎、大鼓=谷口正壽
   地謡 千作、七五三、宗彦、逸平、松本
追加「祐善」     

京都までトンボ返り遠征。追善の会とあって、ロビーには
焼香台に遺影。お焼香する人たちの長い列が出来た。
 0216(1).JPG 0216(2).JPG

一家総出演の中・・・おやおや。お大事に。
  0216(3).JPG

四世千作師のひ孫、慶和くんと鳳仁くんの小舞から開始。
坊やたちに交じっての、宗彦さんの「蛸」が傑作だった。

これは、狂言「蛸」の中の舞で、蛸が捕らえられ干物に
されるまでの苦しさを訴えるという内容。それを、能仕
立て見せるパロディ風の曲である。

内容が内容だけに、詞は可笑しみに満ちている。それを
大真面目な顔で舞う・・いかにももっぴーさん向け。

「骨皮」。落語「金明竹」前半の元となった曲。ただし、
ふたり目の客(檀家)は、猫ではなく馬を借りに来る。

与太郎にあたる新発意(しんぼち=新米僧)を演じるの
は、御年7歳の蓮くん。後見座で見守るパパの顔がなん
とも厳しい(本人より緊張?)。よく頑張りました。

「那須語」。能「八島(屋島)」の替間で、屋島の合戦
における那須与一の扇の的のくだりを、仕方ばなしで演
じる。

義経大好きな逸平さんにふさわしい演目・・たぶん、ご
本人も大好きなんじゃないかな?・・以前にも2度くら
い見ているような。

「空腕」。日頃、腕自慢しているが、実はとんでもない
臆病者の太郎冠者と、それを知りつつ、からかっている?
主人・・夜の道で影に怯えて主人の刀を盗られ・・でも
実は刀は主人のもとに。

太郎冠者の言訳を聞く主人が、落語「弥次郎」で弥次郎
の嘘を楽しんでいるご隠居のようだ。

舞囃子「頼政」。能「頼政」は、平氏政権下で従三位の
位を得ながら、後に平氏打倒の乱を起こした源頼政の物
語である。

頼政は高倉天皇の兄・以仁王を奉じて乱を起こしたもの
の、援軍を得られず、大和へ落ちる途中に宇治で戦死し
た・・この宇治川の戦いを、頼政の霊が語る。

今回の舞囃子は、その戦いのクライマックス部分。演じ
る金剛龍謹師は、金剛流宗家の御曹司・・とってもイケ
メンです。

「通圓」。上記、「頼政」のパロディと言われる演目。
宇治橋のたもとで茶屋を営んでいた通圓という茶坊主が、
橋の完成供養に押し寄せる巡礼者たちに、茶をふるまお
うと奮戦し、ついには力尽きて死ぬ・・。

設定は馬鹿らしくて、いかにも狂言風だが、きっちりと
能の形式に則った、なかなか重々しい舞台だ。

以前にも何度か見ているが、正直、今回が一番楽しめた。
頑張って能を見て来た成果かな?・・いや、前かたに、
「頼政」を見せてくれたプログラム構成のおかげでしょ
う、たぶん。

地謡の5人がそのまま残って、「祐善」で終演。
追善の会なので、附祝言とは言わないそうです。
posted by JTm at 10:55| 狂言 | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

2019.2.10 三世茂山千之丞襲名披露公演@喜多能楽堂

2019.2.10 三世茂山千之丞襲名披露公演 東京公演

演目
狂言「末広かり」
   果報者=茂山千作、太郎冠者=茂山千三郎、
   すっぱ=松本 薫、  後見=鈴木 実
新作狂言「二人山伏」(三世茂山千之丞=作)
   山伏甲=茂山千五郎、山伏乙=茂山逸平、
   茶屋=島田洋海、  後見=増田浩紀
狂言「素袍落(すおうおとし)」
   主人=丸石やすし、太郎冠者=茂山あきら、
   伯父=茂山七五三、  後見=増田
  (休   憩)
童司改め 三世茂山千之丞襲名披露狂言
  「花子(はなご)」
   男=茂山千之丞、妻=茂山 茂、
   太郎冠者=茂山宗彦、 後見=あきら、丸石
附祝言「猿唄」   茂山あきら

前日の雪から、一転した快晴のもと、目黒へ。

年末の京都でのお披露目に比べると、だいぶ落ち着いた
雰囲気ではあるが、それでもたくさんのお花が飾られて、
祝祭の様相。

そのお祝い気分を盛り上げる演目が並ぶ。

「末広かり」。濁りは打ってないが、濁りをつけて読む
・・・すえひろがり、です。

教科書にも載るという有名な演目だから筋は省略。将来
の発展を意味する末広がりという言葉が繰り返されたり、
御機嫌斜めだった主人が、軽妙な囃子に浮かれて、上機
嫌になって行ったりと、明るい未来を予感させる。

開幕にふさわしい演目。

「二人山伏」。2015年のマリコウジで初演の新作狂言。
作者は、三世千之丞その人である。京都公演では先代の
新作を上演したが、東京公演は自身の新作を選んだ。

傲慢な山伏と気弱な出家などが、茶屋で鉢合わせすると
いう演目が狂言にはいくつかある。それにヒントを得た
のか、じゃ、山伏同士が出会ったら?という発想。

修験者が多く通る街道の茶屋で、ふたりの山伏が鉢合わ
せ。意地の張り合いから、呪法比べに発展、迷惑がる茶
屋を巻き込んで・・・

古典の常道を外さずに、現代的要素を上手く付け加えて、
演者のアドリブ?まで引き出しす。これ、並々ならぬ才
能を感じます。場内爆笑でした。

「素袍落」。これは上演回数の多い、まさに茂山家のお
家芸。でも、あきら師の太郎冠者はお初かな?

酔っぱらった太郎冠者と、心配して迎えに出た主人のや
りとりが楽しい。あきら師と丸石師、二世千之丞門下の
おふたり・・さすがに、息、ピッタリです。

「花子」。京都公演の前に、「京都は完全クラシックバー
ジョン、東京は二世千之丞バージョン」とツィートして
おられた新・千之丞さん・・

違いが分かるかな?と、恐る恐る(笑)見始めたが、う
ん、たぶん分かった・・かも?

どこがどうと、具体的には言えないのだけれど、全体に
しなやかな明るさを感じた。

特に、花子との逢引きから帰宅した男の、陶然とした雰
囲気が、なんとも素晴らしい。表情もより豊かに、にこ
やかになって、恋する男の心理を前面に出していたよう
に思う。・・・楽しい花子だった。

花子の相手役に、茂さんと宗彦さん。京都の時は千五郎
さんと逸平さんだった。HANAGATAの“末っ子”だった
童司さん、“お兄ちゃん”たちへの「恩返し」、ですね。
posted by JTm at 10:20| 狂言 | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

2019.1.27 笑えない会Legacy@深川江戸資料館

2019.1.27 笑えない会Legacy よね吉・千五郎ふたり会

演目
座談会        桂 よね吉&茂山千五郎
  (休  憩)
狂言「節分」     鬼=茂山千五郎、
           女=茂山 茂、  後見=井口竜也
  (休  憩)
落語「質屋庫」    桂 よね吉
            三味線=豊田公美子、鳴物=林家染八、桂よね一
  (休  憩)
落言「太郎冠者伝説」 (小佐田定雄作、笑えない会脚色)
           落語=桂 よね吉
           太郎冠者=茂山千五郎、狐=茂山 茂
            後見=井口竜也
            三味線=豊田公美子、鳴物=林家染八、桂よね一

昨年に続く開催の笑えない会・・看板に偽りで、今回も
また大笑い・・ひとつ笑えないのは、プログラムの誤記?
・・・鳴物の染八さん、プログラムは亭号が「桂」となっ
ていたが、調べたところ、たぶん、「林家」が正解。

冒頭のトークは、前回と同じように、この会の発端や名
前の由来について。で、なぜか最後に、学校の先生につ
いての内容に・・・これ、最後の落言の“伏線”だったよ
うで。

「節分」。もうすぐだから、タイムリー?
節分に撒かれる豆を目当てに?蓬莱の島から日本にやっ
て来た鬼・・・ひとり留守番をする女に一目惚れ。

あの手この手で口説こうとするが、女もなかなかしたた
かで・・・

怖がっていた女が「この鬼、もしかして、わたしに本気
で惚れてる?」と気づいたとたん、強気になって鬼の宝
を取り上げるという・・・まさに、惚れた弱み。

「質屋庫」。笑えない噺どころか、大いに笑いどころの
ある噺だと思うが、「質屋というシステムが今の人には
わからないから」と。

というわけで、冒頭にかなり長めの説明が入ったので・・
うーん、ちょっと冗長な感じだなぁ。落語ファンには無
用の説明だった。

噺本篇は、旦那と番頭、丁稚と熊はん、熊はんと旦那と、
テンポの良いやり取りが続いて、快調に大笑い。

「太郎冠者伝説」。過去に「お米とお豆腐」公演でひと
世代前の役者さんが演じたものを、今の時代と演者に合
わせて脚色し直したもの、とのこと。

調べてみると、初演は2003年らしいので、残念ながら、
わたしは見ていない。

そして、RPGという、もっとも現代的なシロモノを題材
にた改訂とあって、正直、付いていくのが大変だった。

ゲーム中の人物である英雄・太郎冠者が、大魔王と対決
・・する前に、その配下の狐と戦う、という場面を、様々
なバージョンで演じてみせる。

いろいろあったけれど、落語バージョンの上手さには舌
を巻く。そういえば千五郎さんは、以前、「狂言師にな
らなかったら何になっていた?」との質問に、迷うこと
なく「落語家」と答えておられたっけ。

次々に、よね吉さんが無茶ぶりするバージョンで演技す
る太郎冠者と狐・・しかしついには、逆襲が・・

なんか、最後はわちゃわちゃのドタバタ、ハチャメチャ
で訳わからん・・てな感じになっちゃいましたね。
ま、それもまた、大いに可笑しかったけれど。      
posted by JTm at 09:17| 狂言 | 更新情報をチェックする