2017年03月17日

2017.3.17 映画 文楽「冥途の飛脚」@東京都写真美術館

2017.3.17 映画 文楽「冥途の飛脚」

監督=マーティ・グロス
音楽=武満 徹
1979年制作、2011年デジタルリマスター
出演
淡路町の段 
   太夫=五世竹本織太夫(のち、五世竹本源太夫)
   三味線=五世鶴澤燕三
封印切の段
   太夫=四世竹本越路太夫
   三味線=鶴澤清治
新口村の段〜『恋飛脚大和往来』より〜
   太夫=九世竹本文字太夫(のち、七世竹本住太夫)
   三味線=四世野澤錦糸
 <人形役割>
   忠兵衛=初代吉田玉男、梅川=三世吉田蓑助、
   八右衛門/孫右衛門=二世桐竹勘十郎、
   妙閑=吉田文雀  外

先月の文楽公演の時、半蔵門駅近くで、雪の降る中、
配っていたチラシ・・・なぜ、劇場に置いてもらわ
なかったのかな?・・・に釣られて見に行く。

チラシにも書かれていたが、上記に記した出演者は、
全員が、その時かその後、人間国宝に認定されてい
る方ばかり・・・そして、そのほとんどが、故人だ。
(ご存命の方は3名。さらに現役は2名だけ)

この時代に、文楽に“目覚めて”いなかった者として
は、まさに、よくぞ記録してくださいました!である。

それを成し遂げた監督が、カナダ人というのにも驚
いた。日本人より日本の伝統に関心を持つ海外の方
は多いけれど、特設舞台を作って、これだけの豪華
メンバーを揃えて、映画を撮ってしまうなんて・・・

残念ながら、多くの出演者は、わたしには未知の方
であったが、その、至芸の一端を、確かに感じ取る
ことが出来た、と思う。

幸せな体験だった。

恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館ホー
ルで、31日まで上映中。連日、10:20〜。
21(火)、26(日)、27(月)はお休み。
posted by JTm at 21:10| 映画 | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2016.12.27 映画「ねぼけ」@K's cimema

2016.12.27 映画「ねぼけ」

「ねぼけ」
 監督・脚本=壱岐紀仁
 プロデューサー=石川 学、音楽=織田祐亮
 主題歌「イトナミ」作詞・作曲・歌=イノトモ
 出演 友部康志、村上真希、入船亭扇遊 外

ダメダメな噺家・三語郎(友部康志)は、今日も高座で噺を
忘れ、客の失笑を買う。長年の同棲相手・真海(村上真希)
は、そんな三語郎を、一生懸命支えているが、それもまた、
三語郎には、少々重い・・・

落語が好きなのに、その大事なものに、正面から向き合え
ず、逃げるところは、酒と女・・・

それも、後輩の彼女とまで、言い寄られるままに出来てし
まうというのだから、始末に悪い。

一方、真海にもまた、三語郎に言えない過去があった。
彼女が大事にしている奇妙なかたちのオブジェ?は、いっ
たい何なのか?


先日の落語会でいただいたチケットで入ったので、あま
り、大きな声では言えないのだが、正直、今ひとつかなー
・・・と、言わざるを得ない。

特に、後半、真海の故郷・宮崎での場面が、よくわからない。

真海の父は、その地に伝わる伝統神楽の名手だったが、
現実の社会との折り合いが悪く、酒に溺れて、身を滅ぼし
たらしい・・・ということが、真海の叔父の口から語られた・・・
らしい。

“らしい”というのは、そのセリフ、訛りがキツくて、半分くら
いしか聞き取れなかったのだ。(字幕つけて欲しかった)

時折挿入される、父と少女時代の真海の場面は、モノクロ
でセリフなし。ここをもう少し描き込まないと、真海が、なぜ、
父の死に責任を感じてしまうのかが、はっきりしない。

最後、なんとか元のさやに納まり、師匠の許しも得て、よう
やくふたりの生活が軌道に乗るかなー?と思ったところで、
唐突に、真海が死んでしまう・・・というのも、なんだかとっ
てつけたようで、不満が残る。

結局、ラストシーンの、真海の遺骸の前で、三語郎が、「替
り目」を演じる・・・そこだけが撮りたかったんじゃなかろうか?

ところが、その大事な場面で、わたしはどうも、三語郎の着
物の着付にばかり目が行ってしまった。・・・なんかなー、だ
らしないんだよね。

借り着(圓十郎師から借りたと、扇遊師匠が言っていた)だ
そうだし、太っているから着崩れもしやすいのだろうけれど、
なんといっても、着慣れてないのが一番の原因。

俳優さんが落語を演じるのは、上手く出来なくて当然だと
思うが、せめて、形だけはきれいに見せて欲しいです。


・・・すいません、こんなに辛口に書くつもりはなかったん
だけど・・・だんだん、エスカレートしちゃったな。

ただね・・・扇遊師匠の「替り目」、これは素晴らしかった。
もう演らないって言ってらしたけれど、もったいないです。
ぜひ、また聞きたいです、師匠! 
posted by JTm at 10:43| 映画 | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

2016.11.30 映画「家族の日」@K's cinema

2016.11.30 映画「家族の日」

いろいろと見るものが多すぎて、なかなか映画までは
手が回らない(笑)
この作品を見ようと思ったのは、ただただ、茂山家の
坊やふたりが出ているから、である。

「家族の日」
 監督=大森青児(第一回監督作品)
 脚本=冨田元文、音楽=渡辺俊幸
 出演 伊原剛志、田中美里、中瀬綾乃、
     茂山虎真、茂山慶和、岸部一徳 外

小さな旅行会社を営む君原信介(伊原剛志)は、子ど
もたちの学校での問題をきっかけに、田舎への移住に
踏み切る。

妻の喜美子(田中美里)も、長女の絵里(中瀬綾乃)、
長男の好太郎(茂山虎真)も戸惑う中、末っ子の真琴
(茂山慶和)だけが、いち早く田舎暮らしに適応・・・
野山を駆け回るうち、ひとりで山に住む、“ターザン”と
呼ばれる男(岸部一徳)と友だちになる。 

山は危ないからひとりで行ってはいけないと叱られな
がらも、ターザンを訪ねる真琴・・・やがて、兄や姉も、
その仲間に加わり、都会育ちの子どもたちは、だんだ
んに、田舎の生活に親しんで行く。

(大人たちの方が、なかなか都会の価値観を捨てられ
ない・・・という描き方は、ちと類型的ではあるが、対比
として面白い)

そんなある日、真琴が山で行方不明に・・・

一家にとっての大事件を経て、町の人たちとの絆を深
め、この美しい地に住み続けることを選ぶ君原家。
そして、明らかになる、ターザンの“正体”。

物語としては、ごく、ありがちなという印象は否めないが、
舞台となる備中・高梁市の自然の美しさと、劇中で何度
も繰り返される、「ケンチャンタ、ケンチャンタ・・・」という
詩の印象がとても強く、心に残る作品であった。

この詩のことは、映画の中にも宣伝チラシにも紹介が
ないのだが、ちょっと調べたところでは、韓国の詩人、
ソ・ジョンジュ(1915-2000)という方の作品らしい。
ケンチャンタというのは、韓国語で「大丈夫」の意味とか。
全篇を読んでみたいが、翻訳はあるのかな?
posted by JTm at 09:53| 映画 | 更新情報をチェックする