2017年03月14日

2017.3.13 国立劇場三月歌舞伎公演

2017.3.13 国立劇場三月歌舞伎公演

演目
通し狂言「伊賀越道中双六」5幕7場 近松半二ほか=作
 序 幕  相州鎌倉 和田行家屋敷の場
 二幕目  相州鎌倉 円覚寺方丈の場
       同      門外の場  
  (休  憩)
 三幕目  三州藤川 新関の場
      同    裏手竹藪の場
  (休  憩)
 四幕目  三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
  (休  憩)
 大  詰  伊賀上野 敵討の場
 (配役)唐木政右衛門=中村吉右衛門、和田志津馬=尾上菊之助、
      政右衛門妻お谷=中村雀右衛門、沢井股五郎=中村錦之助、
      山田幸兵衛=中村歌六、妻おつや=中村東蔵、
      娘お袖=中村米吉、佐々木丹右衛門・奴助平=中村又五郎 外

三月の演目が「伊賀越」と聞いた時、正直、思いまし
たね・・え、また?と。

2013年に文楽と歌舞伎、2014年に歌舞伎・・4年間
に4回、歌舞伎だけでも3回。・・・異例の多さだ。

今回は、前回2014年に44年ぶり復活上演された「岡
崎」の場が、読売演芸大賞・最優秀作品賞とやらを受
賞した、その“凱旋公演”らしい。

というわけで、メインの「岡崎」は、前回通りの配役。
ただし、その前段の場面は、前回の「誉田家城中」の
場を、「本覚寺」に差し替えた(86年ぶりの復活!)。

差し替えの理由はいろいろあるだろうが、わたしの私
見では、ひとえに、政右衛門役の負担軽減だと思う。
・・・前回上演から二年ちょっと・・年とりますよ、
演る方も、見る方も。

そして結果的に、これは正解だったと思う。

吉右衛門丈が「岡崎」での演技に集中することによっ
て、仇を捜すために我が子に手を掛ける政右衛門の、
深い苦しみが、より一層、明確に伝わった。
(前回は泣かなかったが、今回は泣かされた・・)

さらに、「円覚寺」での沢井一派の卑怯な裏切りを見
せることで、「なんとしても仇を討ちたい」という、
政右衛門の固い決意に、納得も出来るのである。


以下は、本筋とはあまり関係のないどうでもいい感想。

和田志津馬と、政右衛門の妻・お谷は、姉弟である。
序幕では、姉は親の許さぬ相手と駆け落ち、弟は悪い
友だちにそそのかされて廓通い・・・父の行家は、ご
く厳しそうな人なのに、いったい、この家の教育はど
うなってるのか・・・と。

しかし、志津馬の廓通いは、決して無駄ではなく・・・
藤川の新関では、関守の娘・お袖に色目を使って、関
所破りをしてしまうのだから。

生まれたばかりの幼子を亡くす姉のお谷と違って、こ
の弟の、なんと呑気なことか・・と思わないでもない。

もうひとつ。第二幕で沢井股五郎を受け取りに本覚寺
を訪れる、行家の弟子の佐々木丹右衛門を演じるのが、
中村又五郎丈・・というのも、なんか、可笑しかった。

マタゴロウがマタゴロウを受け取りに?
演じている方も、可笑しかったんじゃなかろうか。
posted by JTm at 09:45| 芝居 | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

2017.3.12 のれん噺@日本橋社会教育会館

2017.3.12 第41回 のれん噺

なぜか不思議とスケジュールの合わない会で、
一昨年6月以来の参加。その間に、レギュラー
メンバーの喜多八師が亡くなって(ご冥福を・・)
小燕枝師が後に入ったらしい。

演目
春風亭一花     道灌
五街道雲助     幇間腹
柳亭小燕枝     猫の災難
  (仲 入 り)
古今亭志ん橋    長屋の花見
春風亭一朝     中村仲蔵

「かわら版」に告知されていた演目は、「文違
い」「ぞろぞろ」「三方一両損」「長屋の花見」
だったのだが、どうやらこれは、連絡ミスによ
る?誤報だったようで、上記が、当初からの既
定の演目だそうだ。

さらに、さら口に上がるはずだつた志ん橋師匠
が、開演時間を勘違いしたとかで、まさかの遅
刻。雲助師と出番変更に・・・そういえば、前
回来た時も、喜多八師が遅刻だったんだよね・・・

そんなユルーイ雰囲気が、不思議と心地よいの
だから・・・奇妙なものです。

一花。前日に続いての遭遇。売れっ子だねぇ。
「道灌」。前日の真田小僧とは違って、ごく、
オーソドックスな基本形で。

ゆったりした口調でしゃべっていたご隠居が、
途中から早口になったようだったけれど、持ち
時間の関係か?

雲助「幇間腹」。志ん橋師の入り待ち?で、こ
の噺としては異例な長さで丁寧に。

鍼の練習をする若旦那が、稽古台に使うマクラ
が空気マクラで、鍼をさすと空気が抜けちゃう
・・・傑作。

小燕枝。見た目、とっても“枯れた”風情なのに、
噺に入ると、実に骨太な、どっしりした印象に
変わる・・・師匠である五代目小さん師のDN
Aかな?

「猫の災難」。鯛を買って帰った兄貴分が、酒
を呑まれてしまったことに気づき、本気で怒っ
てるな・・と感じた。権太楼師だと、面白がっ
ている部分を感じるのだが。

どっちがいい、とは言えません。どっちも好き
です・・・呑んべぇのひとりとしては、怒りの
方が本当かな?とは思うが。

志ん橋「長屋の花見」。遅刻のお詫びなのかな
んなのか、この噺としては驚くほどの長さ・・・
40分。

大家が用意した肴に、「魚の干物がひとりあた
ま二尾」を追加するという・・・豪華版。
・・・しらす干しだったけどね。

爆笑でした。長かったけど、長さを感じさせな
いほど。

一朝「中村仲蔵」。1月の終わりにこの同じ会
場で聞いたばかりだが、あの時は、風邪の後遺
症?で咳の発作に襲われ、ちと辛かったという
記憶があるので、リベンジ出来たのは嬉しい。

たっぷりの4席、大いに堪能。
次回は、9月18日(祝)開催とのこと。
posted by JTm at 20:18| 落語 | 更新情報をチェックする

2017.3.11 入船亭小辰の会@日本橋ピツコロ

2017.3.11 入船亭小辰の会 その二十三 〜春のコタツ〜

演目
入船亭小辰     豊竹屋
  〃       鰍沢
  (仲 入 り)
入船亭小辰     替り目

久しぶりのこの会場・・・見番から流れて来た仲間、
多数。

「豊竹屋」。何度か聞いているが、義太夫の声が、
ずいぶんと響くようになったなあ・・・決して広く
はない会場に、義太夫が渦巻いてます(笑)
・・・「寝床」じゃないんだから・・・

「鰍沢」。一転して静かな噺へ。
ラスト、雪中の逃亡場面・・・積もった雪、晴れ渡っ
た空にかかる鎌のような三日月。

景色が目に浮かぶ・・サスペンスが盛り上がる場面。
ああ、それなのになんと!・・わたし、つい、思っ
ちゃったのです、新助が崖から落ちるところで。
・・・あれ、人形よ!

恐るべし、はん治師匠。小辰さん、ごめん。

「替り目」。今回のネタおろし。演題の意味が判明
するサゲまで通し。

冒頭だけで、誰に習ったかすぐ分かっちゃったけれ
ど、まあ、書かずにおきます。意外にデリケートな
話題らしいので。

「酔っ払いの出てくる噺はあまり持ってない」との
ことだったが、結構、お似合いです・・・地で演っ
てる?・・・これからの“変化”が楽しみな一席。


このピッコロさんでの会、今年は年4回の予定だそ
う・・・次回は6月24日(土)とのこと。なんか、
お酒の噺を、毎回、ネタおろしするらしいです。
posted by JTm at 08:42| 落語 | 更新情報をチェックする