2018年08月06日

2018.8.5 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.8.5 小辰の寸法 第6回

演目
入船亭小辰      (ご挨拶)
春風亭きいち     看板の一
入船亭小辰      子別れ(通し)
  (仲 入 り)
入船亭小辰      船徳

向島からバス乗り継ぎで水天宮前。早めの夕食を摂って
会場へ・・あれ、まだ開いてないや。

きいち「看板の一」。前座らしからぬキレの良い噺・・・
いろんな意味で、一之輔師のお弟子らしい。
来年中には二ッ目昇進・・かな?

小辰の二席。
「子別れ」。どこで切るのかなと思いつつ聞いていたら、
ついに最後まで行っちゃった。ちょうど一時間。

この通し方は、権太楼師匠かな(出囃子が金毘羅だった
し)・・・でも、権太楼師にはない、独自の工夫も多く
見られたようで、この先、楽しみな一席だった。

欲を言えば、この日の暑さにはちと長い・・途中でしば
らく気を失ったような気が・・・。

「船徳」。初演とのこと。今月下旬の「三人集」連続口
演の初日にネタ出しされているが、その日だけ行けない
ので、ここで聞けたのは嬉しい限り。

出囃子が「岸の柳」だったので、馬石師からかな?
特徴的なのは、四万六千日の客のひとりが持っているの
が、傘じゃなく杖ってことだったが・・馬石師の船徳は、
5月に一度聞いているが、さて、どうだったか?

徳さんが、もう、徹底してちゃらんぽらんのダメダメ若
旦那で、カッコつけ屋で、ワガママ。こんな舟に乗って
しまったお客は、ホント、救われないねぇ。

都バスの一日乗車券を買っていたので、バスで帰宅。こ
の会場からバスで帰ったのは初めてだけど、意外にも、
電車より早い・・しかも、歩く距離が短い。
・・・なんか、クセになりそうな。
posted by JTm at 09:21| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.8.5 向島で小満んを聴く会@向島百花園御成座敷

2018.8.5 向島で小満んを聴く会 其の十

演目
笑福亭茶光      阿弥陀池
柳家小満ん      地見屋
  〃        二十四孝
  (仲 入 り)
柳家小満ん      青菜
       (三味線:村松優里愛)

毎回楽しみにしていたこの会、会場の御成座敷の改修
が予定されているとかで、今回が最終回だそうだ。

茶光「阿弥陀池」。鶴光門下なので、上方落語。この
噺は、東京では「新聞記事」として演じられるが、こ
うして聞くと、やっばり上方の噺だなぁと思う。

米屋に強盗が入ったという法螺話を語った先が、その
親戚で・・というのは、東京にはない意外な展開。

小満んの三席。
「地見屋」。以前に一度、小傳次師で聞いている。
商売不明の店子の職業は何?・・というお話だが、入
居者の商売も訊かずに住まわせてしまったこの大家、
かなりのうかつ者。

しかしまあ、そんな時代考証的なことはどうでもよく、
店子を付け回す大家の様子や、堂々と地面を眺めて歩
く店子の姿が、ありありと目に浮かび、馬鹿らしくも
楽しい噺だ。

「二十四孝」。この噺、小満ん師と三三師でしか聞い
た記憶がない。今回の小満ん師は、冒頭に、江戸時代
の人々に、“唐土の二十四孝”が浸透した理由まで説明
してくださり、長年の疑問が晴れた感じ。

「青菜」。いやー、この会場でのフィナーレを飾るに
ふさわしい、素晴らしい一席だった。

なんたって、この会場との相性が抜群だし、季節も天
候も、びったりと嵌まっている。

「植木屋さん・・」と呼びかける旦那の声で、すっと、
噺の世界に連れて行かれちゃったなぁ・・

これで最後というのは、とても残念だけれど、最後に
極上の“美酒”(やなぎかげ?)を堪能しました。
posted by JTm at 08:55| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

2018.8.4 大手町落語会@日経ホール

2018.8.4 第50回 大手町落語会

演目
三遊亭粋歌       コンビニ参観
三遊亭天どん      お札はがし(『牡丹灯籠』より)
柳家喬太郎       おみね殺し(『牡丹灯籠』より)
  (仲 入 り)
入船亭扇辰       田能久
柳家さん喬       船徳
           (三味線:田中ふゆ)

友人からいただいたチケットで、久々の大手町。もう
50回なんですねぇ・・甲子園の半分か。

粋歌「コンビニ参観」。粋歌さんの噺の中では、一番
遭遇率が高いような。よく出来た噺・・なんだろう。

天どん~喬太郎「牡丹灯籠」。先に上がった天どん師
が、「新作と古典、どっちがいいですか?」と客席に
訊いたことから、思いがけないリレー落語になった。

天どん師のお札はがしは、前半に人物紹介やお露・新
三郎の恋の経緯の説明を付けざるを得ないから、やは
り時間が足りない。

幽霊のおどろおどろしさよりも、伴蔵・おみね夫婦の
“夫婦喧嘩”?の可笑しさが印象に残った。

後を受けた喬太郎師が、伴蔵の故郷である栗橋宿に荒
物屋を開いた夫婦のその後を。

伴蔵の浮気を疑ったおみねが、馬方を言いくるめて、
その“証拠”を手に入れるくだりが、なんとも息詰まる
雰囲気で素晴らしかった。後半の殺しの場面も、迫力
満点だったけれど・・名前を呼び違えたのは残念だっ
たねぇ。

前半にまさかの怪談で、仲入り休憩には、「もっとカ
ラッとした噺が聞きたかった」との客席の声・・

それが聞こえたのか、扇辰「田能久」。一年ぶりくら
いかな・・一時期、まとめて聞いたけれど。
ウワバミが化けた老人の、“目力”が、相変わらずの迫
力で。

さん喬「船徳」。6月の「昔若手花形」で聞いたので、
この夏2度目の遭遇。前回も感じたけれど、以前より
笑いが多くなった気がする。

・・・という訳で、前半の怪談による重苦しさを、後
半はすっきりと一掃して、ご陽気に打ち出し。
posted by JTm at 06:36| 落語 | 更新情報をチェックする