2018年02月18日

2018.2.16 国立能楽堂定例公演

2018.2.16 国立能楽堂定例公演 《月間特集・近代絵画と能》

演目
狂言「痩松(やせまつ)」(和泉流)
  シテ(山賊)=三宅右近、アド(女)=三宅近成  後見
  (休   憩)
能「熊野(ゆや)-花之留」(金剛流)
  シテ(熊野)=金剛永謹、ツレ(朝顔)=金剛龍謹、
  ワキ(平宗盛)=殿田謙吉、ワキツレ(従者)=則久英志
  囃子方 笛=杉 市和、小鼓=幸 正昭、大鼓=亀井広忠
  後見=宇髙通成、廣田幸稔、豊嶋幸洋
  地謡=田村 修、坂本立津朗、工藤 寛、宇髙竜成、
     元吉正巳、松野恭憲、山田伊純、宇髙徳成

「痩松」。山賊の符丁で、良い獲物があったことを“肥松”、
逆にダメな時を“痩松”と言う・・というのが題名の由来。

プログラムには特に記載もなかったが、見ているうちに、
既視感に襲われる・・・大蔵流でも同じような曲があった
ぞ、と。・・「金藤左衛門(きんとうざえもん)」がそれ。

女を長刀で脅して、持ち物を奪った山賊が、獲物を物色し
て喜んでいると、戻って来た女に、長刀を奪われて、奪っ
た物ばかりか、自分の刀や着物まで奪われてしまう・・と
いう逆転劇。

狂言の女を、甘く見てはいけません。

「熊野」。平宗盛の愛妾・熊野御前は、母の病気が重いと
知って、故郷の遠江に帰国を願うが、宗盛はこれを許さず、
清水寺に花見に誘う。

満開の花の美しさにも、熊野の心は晴れない。
やがて、宗盛の命により、熊野は舞を舞うが、そこににわ
かの村雨・・・

花散らしの雨に、熊野は舞を止め(これが小書・花之留)、
歌を一首・・「いかにせん都の花も惜しけれど馴れし東の
花や散るらん」

つまり、都の花の散るのを見るにつけ、懐かしい故郷の東
国の花(つまり母のこと)が、散ってしまうことを思う・・
というような意味だろう。

母を思う熊野の心に感じた宗盛は、熊野に帰郷を許す・・
そして、熊野は、また心変わりされては大変と、その場か
ら旅立っていくのだ。

前後のシテの変わりがなく、物語としてはすっきりと分か
りやすい構造。ただ、ほとんど動きがなく、謡と文語のセ
リフでお話が進んで行くので、ついて行くのはなかなか・・・

熊野と宗盛が清水に向かう場面は、熊野の乗る牛車を作り
物で表すのだが、正直に言うと、これがいつ登場していつ
引っ込んだのか・・・まったく記憶にない。(出てるな、
とは一瞬思った)。

この場面こそが、「特集・近代絵画と能」に合致する場面
だというのに。絵画は、下村観山作「熊野御前花見」(明
治27年、東京芸大美術館蔵)である。

我ながらナサケナイ。

ただ、最後、宗盛の気が変わっては大変とばかり、旅支度
もない花見先から、そのまま遠江へ旅立って行くというの
は、ちょっと愉快だと思った。

権力者の気まぐれを、熊野は誰よりもよく知っていたに違
いない。
posted by JTm at 09:40| | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

2018.2.15 人形浄瑠璃2月文楽公演@国立小劇場

2018.2.15 人形浄瑠璃2月文楽公演 第一部

今月の文楽公演は三部制だが、二部は1月に大阪
で見たので、一部と三部に行く。まずは第一部。

・・しかし、まさか、始太夫さんの訃報から公演
が始まるとは・・・享年50歳は、あまりにも早す
ぎる。ご冥福をお祈りいたします。

演目
「心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)」(近松門左衛門=作)
  上田村の段      
    太夫=竹本文字久太夫、三味線=鶴澤藤蔵
  (休   憩)
  八百屋の段
    太夫=竹本千歳太夫、三味線=豊澤富助
  道行思ひの短夜(野澤松之輔=作曲、澤村龍之介=振付)
    太夫 お千代=竹本三輪太夫、半兵衛=豊竹芳穂太夫、
       豊竹希太夫、竹本文字栄太夫
    三味線 竹澤團七、鶴澤清志郎、鶴澤友之助、
        野澤錦吾、鶴澤清允
    人形役割(各段共通)
      お千代=桐竹勘十郎、八百屋半兵衛=吉田玉男、
      島田平右衛門=吉田玉也、おかる=豊松清十郎、
      八百屋伊右衛門=吉田蓑一郎、その女房=吉田文司、
      甥太兵衛=吉田玉誉     外
    (囃子=望月太明藏社中)

近松が書いた最後の心中物・・なのだそうだ。
もっとも最後になったのは、その後、心中物の上
演が禁じられたからだとか。

その後、一部を除き上演が絶えていたのを、八代
目綱太夫師が、つばめ太夫時代に復活させた・・
というのだから、第二部の追善に合わせた演目と
も思える。

姑と嫁の確執というのは、現代でもよく聞く話だ
けれど、幸か不幸かわたしには無縁なので、感情
移入は難しい。

それに今だったら、姑が(義理ではあるが)息子
の留守に、勝手に嫁を離縁するなんて、考えられ
ない。なので、「なにも死ななくたって・・」と、
思ってしまうよなぁ、どうしたって。

その大きな一点が気にはなったが、その他の点は
大いに楽しめた。

何と言っても、お千代を遣う勘十郎師が素晴らし
く、その喜怒哀楽が、見事に表現されている。人
形が、本当の人間のように(いや、むしろそれ以
上に)表情を変えて見えるのだから・・・

そして、表情と言えば、八百屋の段の三輪太夫師
・・・憎々しい姑、おとなしい半兵衛、お人好し
の伊右衛門と、セリフが変わるごとに、もう、本
当にその人にしか見えなくなる・・・

なんか雲助師匠みたい・・と、ふと思ったりして。

第三部「女殺油地獄」は、22日観劇予定。
posted by JTm at 10:08| 文楽 | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

2018.2.14 砂町文化亭 柳家小三治・柳家小里ん二人会@砂町文化センター

2018.2.14 砂町文化亭 柳家小三治・柳家小里ん二人会

演目
柳家小多け       たらちね
柳家小里ん       提灯屋
  (仲 入 り)
柳家小三治       馬の田楽

年一回のお楽しみ、地元文化センターでの小三治
師の会。小里ん師との二人会は、今年で三回目だ。

小多け。二ッ目昇進まで、あとひと月ちょっと。
心なしか、晴れ晴れとした笑顔・・?
「たらちね」。新妻の「あーら、わが君」が、可
愛らしい。ネギを買うところで切った。

小里ん「提灯屋」。判じ“紋”の回答が、剣片喰、
梅鉢、桐、くくり猿。真ん中のふたつは、ねじ梅
と竜胆崩しになることが多いので、ちょっと珍し
いと感じた。・・初めて聞いたということではな
いと思うが。

小三治「馬の田楽」。小三治師のこの噺は、2011
年以来だから、ものすごーく久々。

その間に、若手の噺家さんで何度か聞いているが、
こののんびり感(馬方以外)は、他の演者の追随
を許さないね。

・・・なんたって、子どもたち以外の登場人物は、
みんな、とっても年配者ばかりだから・・・。

この会は、会場が駅から遠いこともあって、お客
さんは地元の方が大多数。

同じ方向に歩いて帰る人たちの中から、「面白かっ
たね」「良かったなぁ」なんていう会話が聞こえ
てくると、なんとなく嬉しくなってしまう。
また、来年~~
posted by JTm at 08:36| 落語 | 更新情報をチェックする