2017年06月08日

2017.6.7 三K辰文舎 落語&ライブ@文京シビックホール 小ホール

2017.6.7 第13回 三K辰文舎 落語&ライブ

演目
柳家小せん      弥次郎
入船亭扇辰      団子坂奇談
橘家文蔵       転宅
  (仲 入 り)
三K辰文舎      (ライブ)7曲+アンコール3曲

小せん「弥次郎」。恐山での、山賊相手の大立
ち回りのくだり。馬鹿らし過ぎるほど馬鹿らし
い噺だけれど、小せん師の(若いのに)飄々と
した雰囲気によく似合っている。

扇辰「団子坂奇談」。え、もうですか!?って
感じだけれど、この日、東京を含む関東地方は
梅雨入りだそうで、とてもタイムリーな噺。

・・・それはいいんだけど、また、大声に、び
くっ!としてしまったのは、ちと悔しい。

文蔵。昼食が塩辛くて喉をやられた・・という
から、寝床?と思ったけれど、「鈴本の楽日に
演るから」と「転宅」へ。義太夫つながり?

泥ちゃんを平然と手玉にとっているかのような
お菊さんの中に、後で真っ青になって煙草屋に
駆け込むほどの“恐れ”がちらっと見えたような。
・・・うーん、考えすぎかな?

最近、ライブの回数が増えたこともあり、演奏
の方にゆとりが出来たのか、以前に比べると、
落語もちゃんと演ってますねぇ、お三方とも。

後半のライブは、いつも通りの7曲とアンコー
ル。アンコールの前のチューニング時間に、写
真タイムがあったのは嬉しい・・・カメラ、持っ
ててヨカッタ。
IMG_1490.JPG

IMG_1487.JPGIMG_1488.JPG

曲目の詳細は、追記に。
  IMG_1491.JPG

追記に曲目一覧
posted by JTm at 08:50| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

2017.6.6 小辰の十三ヶ月@お江戸日本橋亭

2017.6.6 小辰の十三ヶ月 第6回

演目
橘家かな文      一目上り
入船亭小辰      代脈
  〃        鰻の幇間
  (仲 入 り)
入船亭小辰      お初徳兵衛

かな文「一目上り」。文蔵テイスト満載・・さす
が、お弟子。

小辰の三席。
「代脈」。銀南のキャラクターが、以前とちょっ
と変化したかな?・・色気より、まだまだ食い気。

「鰻の幇間」。詐欺師まがいの“旦那”が、あまり
口は利かないのに、妙に存在感がある。聞いてい
るうちに、なんだか、自分があの男に憑依したよ
うな、不思議な気分に。

「お初徳兵衛」。初演らしい。まだ、言葉の端々
に危なっかしさがあるが、ニンにはある噺かなぁ・・
という印象。

最後、舟の中でのお初が、ちょっと暗いんだよね・・
確かに、後の悲劇への予感は秘めているだろうけ
れど、思い続けた人に、ようやく告白の機会を得
たのだから、もう少し、心の弾みが感じられると
いいなぁ・・・と思うのですが。
posted by JTm at 08:28| 落語 | 更新情報をチェックする

2017.6.6 国立演芸場上席(その2)

2017.6.6 国立演芸場上席(主任・一朝)

演目
春風亭朝太郎    道灌
春風亭一左     悋気の独楽
春風亭三朝     やかんなめ
マギー隆司     (奇術)
隅田川馬石     鮑熨斗
柳家小里ん     五人廻し
  (仲 入 り)
宝井琴調      (講談)お民の度胸
林家彦いち     猿後家
林家正楽      (紙切り)
    相合傘、アマガエル、お神輿、田植え、
    稀勢の里土俵入り、宮沢賢治
春風亭一朝     三方一両損
       (三味線:千葉しん)

朝太郎「道灌」。八五郎のキレの良い言葉は、まさ
しく師匠譲り。

一左「悋気の独楽」。以前に比べると、俄然、面白
くなったなーと感じる。登場人物の姿が、ちゃんと
見えてくるような。

三朝「やかんなめ」。え、また?と思わないことも
ないが、聞けばちゃんと面白い。

馬石「鮑熨斗」。馬石師のこの噺は、甚兵衛さんが
魚屋へ尾頭付きを買いに行く場面の比重が高い・・
後の鮑熨斗の知識も、魚屋が授けるから、魚屋さん
大活躍。

小里ん「五人廻し」。この噺の舞台の店は、吉原で
も、どっちかと言えば下級の店なんだろう。くすん
だ雰囲気を感じる・・花魁にも華やかさはないねぇ。

琴調。『清水次郎長伝』から「お民の度胸」。
森の石松の死の前段、傷を負った石松を兄貴分がか
くまうが、その兄貴分の女房・お民が、男顔負けの
度胸を見せる・・昔からいざとなったら女は強い。

彦いち「猿後家」。口の先だけ動かすような、猿後
家さんのしゃべり方が愉快・・猿って、あんなふう
にしゃべるのかなぁ?

正楽。アマガエルで「カエルの歌」、お神輿で三平
師の出囃子「祭囃子」を弾いたお囃子さんが、田植
えで三三師の出囃子「京鹿子娘道成寺」を弾いたの
で、え?と思う。

あのくだりが、道成寺の田植歌と呼ばれる段・・と
いうのは、夜の会で会った友人が教えてくれた。ま
さに目からウロコ。しん師匠に脱帽です。

宮沢賢治は、正しくは「宮沢賢治のベートーベンを
イメージしたポーズ」という長い注文。調べたら、
賢治は大のベートーベンファンで、よく見かける、
コートを着てうつむいて歩く写真は、ベートーベン
を真似したものだそうだ。

一朝「三方一両損」。大工と左官、ふたりの職人も
それぞれの大家も、さらにはお奉行様まで、みごと
なまでの江戸っ子で・・・キレのいい啖呵、堪能し
ました。
posted by JTm at 08:14| 落語 | 更新情報をチェックする