2017年04月09日

2017.4.8 国立能楽堂普及公演

2017.4.8 国立能楽堂普及公演 特集・世阿弥周辺の能三題

演目
解説・能楽あんない「野守の鏡は何をうつす?」
       田中貴子(甲南大学・国文学)
狂言「膏薬煉(こうやくねり)」(大蔵流)
       シテ(都の膏薬煉)=山本則秀
       アド(鎌倉の膏薬煉)=山本則孝、後見1名
  (休   憩)
能「野守-白頭」(観世流)
       シテ(前・野守の翁、後・鬼神)=井上裕久、
       ワキ(山伏)=大日方 寛、アド(所の者)=山本泰太郎
       囃子方 笛=寺井義明、小鼓=幸 信吾、
           大鼓=柿原光博、太鼓=桜井 均
       後見=上田公威、浦部幸裕
       地謡=坂井音晴、吉波壽晃、坂口貴信、藤波重彦、
          清水義也、浅見重好、角幸二郎、藤波重孝

今月の特集は、世阿弥作の能だそうだが、その
一回を見る。

解説の田中先生・・ユーモアを交えたお話はと
ても分かりやすいが、客席からイマイチ笑いが
起こらないのは、場所柄のゆえか?

狂言「膏薬煉」。大蔵流・山本東次郎家の若手
ふたりの組み合わせ・・・従兄弟同士だそうだ。

都の膏薬煉と鎌倉(幕府があった)の膏薬煉が、
互いの効能を競い合う・・・実に馬鹿らしい話。

こもごもに語る膏薬の原材料やその効き目は、
なんともアヤシイ・・そして、最後は、それぞ
れの膏薬を鼻に貼り付けての喧嘩に・・

意味なく馬鹿らしく・・・いかにも狂言、です。

能「野守」。大峯葛城をめざす山伏が、大和の
春日野にさしかかると、何やら由緒ありげな池
がある。

そこへ野守の翁が通りかかり、池の由来を説明。
「われわれ野守が、毎日姿を映すので、『野守
の鏡』と呼ばれています」。

かつて、この地で帝が鷹狩をした際、鷹に逃げ
られたのだが、この池に映った鷹の姿を野守が
見つけて、事なきを得た・・という伝説。

しかし、「野守の鏡」には、もうひとつ別の意
味もある・・・それは、地獄の獄卒(つまり鬼)
の持つ鏡で、人の心や世の中の森羅万象を映す、
不思議な力を持つ鏡だ、と。

山伏は「ぜひともその鏡を見たい」と言うが・・・

後半、鬼神の正体を見せた翁が、手に大きな鏡
を持って登場・・・勇壮な舞に乗せて、天界か
ら地獄まですべての光景を、鏡に映して見せる。

そして、この鬼神を呼び出すのが、山伏の祈祷。
・・・狂言の山伏は、どうにもウサンクサイの
が多いけれど、お能の山伏は優秀です。

この一点だけでも、狂言には能のバロディ的要
素が多くあるってことが、よく分かります。
posted by JTm at 10:06| | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

2017.4.6 小辰の十三ヶ月@お江戸日本橋亭

2017.4.6 小辰の十三ヶ月 第4回

今月からの三回は、「恋々・・恋々」という副題
で、恋の噺をネタ出し。まず初回は「紺屋高尾」。

入場して座椅子席に座り、しばらくしてふと気づ
く・・・座椅子が新しくなってる!

先月末の菊志ん師の会の時には、まだ変わってな
かったように思うので、新年度からかな?
畳も座布団も新調したようで・・・ささやかなリ
ニューアル。

演目
春風亭きいち      道具屋
入船亭小辰       普段の袴
  〃         夢の酒
  (仲 入 り)
入船亭小辰       紺屋高尾

きいち「道具屋」。途中でふと既視感に襲われ、
ん?と思ったら、与太郎がカブを漬けると・・・
あ、三三師だ!・・・一昨日、聞いたばかり。

小辰の三席。
「普段の袴」。馬鹿らしくてなんにも起こらない
こんな噺が好きと、二席目のマクラで言っていた
が、確かに楽しそうに演っていた。

わたしは、祝儀・不祝儀のぶつかり合いのくだり
が大好きです。・・ホント、馬鹿らしい・・・

「夢の酒」。艶っぽい夢の話を、細々と女房に語っ
て聞かせる若旦那に、「からかってやろう」とい
う思惑が見える・・・好きな子をちょっといじめ
ちゃおうか・・・って感じかな?

「紺屋高尾」。ちょうど一年ぶり、二度目。
前回聞いた時に、すでに完成度が高かったから、
二度目はもっと、です。

しっとりとした恋の噺でありながら、ちゃんと笑
いの要素もちりばめて、笑ったり泣いたり・・・
聞く方は忙しい。

前回同様、最後はハンカチを持ち出すことに。
・・・涙もろくなったのは、年のせいかなぁ?

次回は、5月8日(月)。ネタ出しは「たちきり」。
・・・お三味線、入るのかな?
posted by JTm at 10:45| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

2017.4.4 新宿末廣亭上席

2017.4.4 新宿末廣亭上席・昼の部(主任・小満ん)

演目
柳亭市坊       たらちね
入船亭小辰      真田小僧
林家楽一       (紙切り)
      土俵入り、桜まつり、坂本選手(ジャイアンツ)
三遊亭天どん     牛ほめ
春風亭一之輔     人形買い
東京ガールズ     (音曲バラエティ)
古今亭志ん輔     豊竹屋
むかし家今松     粗忽長屋
ロケット団      (漫才)
林家鉄平       代書屋
金原亭伯楽      長屋の花見
松旭斎美智、美登   (奇術)
柳亭左楽       目薬
  (仲 入 り)
柳家一九       時そば
笑組         (漫才)
桃月庵白酒      ざる屋
柳家小団治      大安売り
翁家勝丸       (太神楽曲芸)
柳家小満ん      蜘蛛駕籠

夜の部のお披露目が、この日は小八師で、“国宝”の
ご出座だから、週日というのに、昼からいっぱいの
人・・・開場後、まもなく二階も開いて、夜には立
ち見も。

まずは、昼から。長いのでかいつまんで。

市坊。この4月上席から楽屋入り・・・まあ、見習
いの時から、もうお馴染みさんではある。まだ、名
札が出来ていないらしく、「前座」って出ていた。
「たらちね」。落ち着いた語り口・・・大物?

小辰「真田小僧」。最後、女房に「どんな話?」と
訊かれて、ちょっと照れたような亭主の表情が、ふ
と、いたずらっぽく変わって、「はな、一銭出しな」
・・・洒落た感じが強く出る。

楽一。桟敷にいた小学生を指名して注文を受ける。
「野球選手」「誰がいい?」「坂本!」「背番号は?」
・・・ジャイアンツの背番号6なんて、わたしの記
憶は土井正三選手まで(古っ!)

一之輔「人形買い」。一之輔師のこの噺は記憶にな
く、たぶんお初。短い時間なので途中で切ったが、
後半の、長屋に帰ってからの場面(やや面白みに欠
ける場面)をどう料理するのか、興味が募った。

ロケット団。山本譲二さんに孫が出来た・・ってだ
けで、ここまで笑いをとれるのか!と感心。

伯楽「長屋の花見」。噺の途中で、二階桟敷で騒ぎ
があって、観客の注意がすべてそちらに向いてしま
い、なんともお気の毒。

「弁当買いに行ってる間に席をとられた」と怒る男
性・・・気持ちはわかるけれど、おだやかにね・・。

一九「時そば」。最初の男の食べるそばが、なんと
も美味そうだった・・・なんか、つゆの香りが伝わっ
て来るような。

小団治「大安売り」。切れの良い語り口で、聞きや
すく、気持ちが良い。負け相撲でも、カッコよく聞
こえちゃう?

小満ん「蜘蛛駕籠」。駕籠かきの弟分の方が、「昨
日箱根から来たばかり」という設定は、初めて聞い
たかな?・・箱根の人足から街道の駕籠かきへ・・・
マクラにふった、「雲助」=「浮草稼業」の解釈が
生きている。


2017.4.4 新宿末廣亭上席・夜の部
 柳家ろべえ改メ柳家小八真打昇進披露興行

演目
柳家小多け      出来心(上)
三遊亭わん丈     プロポーズ
柳家東三楼      子ほめ
柳家三三       道具屋
林家ぺー       (漫談)
柳家喬太郎      出世キャバクラ
春風亭一朝      やかん泥
林家正楽       (紙切り)
     若駒、披露口上、弥次郎兵衛、都おどり
柳亭市馬       狸賽
鈴々舎馬風      (漫談)
  (仲 入 り)
「真打昇進披露口上」
   (下手から)喬太郎(司会)、馬風。小八、小三治、市馬
すず風にゃん子、金魚 (漫才)
柳家小三治      小言念仏
柳家さん喬      替り目
翁家社中       (太神楽曲芸)
柳家小八       居残り佐平次

わん丈「プロポーズ」。自作の新作とのこと。28歳
の青年が、88歳の女性にプロポーズ。友だちに「共
通点はあるのか?」と訊かれて、「干支」・・これ、
わたし、ツボでした。

三三「道具屋」。与太郎が、「儲かったらカブを買お
う・・・漬物にしよう」。いいね!・・与太郎さんに
は、株より蕪が似合うよ。

一朝「やかん泥」。前座さんの泥棒と付くような気も
するけれど、一朝師匠のこの噺、大好きだからかまい
ませんとも!・・終始、陽気で明るい子分が、なんと
も可愛らしいけれど・・・ちとウザいかも?

「口上」。並んだ全員が「柳家」で、しかも、現会長、
前会長、前々会長が揃うという・・・豪華絢爛?
市馬師の「相撲甚句」も冴えていた。

小三治「小言念仏」。すごーく久々です。以前は食傷
するほど聞いたのに。・・なんか、新鮮。

さん喬「替り目」。さん喬師のこの噺って、聞いたこ
とあったかな?ちょっと記憶にない。
女房が買いに行こうとするおでん屋が「郡山さん」だっ
たのは、「国宝」へのオマージュか?

小八「居残り佐平次」。本篇30分ほどと、テンポよく
とんとんと。サゲの「知らぬが仏」は、確か、喜多八
師匠と同じだと思うが・・定かでない。
(喜多八師の居残りは、たぶん1度しか聞いてない)

相変わらず、喜多八師とよく似ているけれど、喜多八
師よりは明るく、軽妙さを感じる・・・まずは、上々、
というところ。

口上や、小三治師、小八師のマクラで、喜多八師匠の
思い出が語られたのは嬉しかった。
・・・きっと、どこかで見ておられるでしょう。

posted by JTm at 11:40| 落語 | 更新情報をチェックする