2018年06月02日

2018.6.1 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.6.1 小辰の寸法 第4回

演目
入船亭小辰     (ご挨拶)
春風亭朝七     桃太郎
入船亭小辰     寄合酒
  〃       団子坂奇談
  (仲 入 り)
入船亭小辰     木乃伊取り

朝七「桃太郎」。一朝一門の前座さん、みなさん
演られるようですが・・・上手いね、どうも。
どこの名人か?って、思っちゃう。

小辰の三席。一席目と三席目が初演とのこと。
小辰さんの初演、聞くの久々。

「寄合酒」。鯛と鱈、数の子に鰹節、そして味噌。
味噌の真贋判定から、鰹だしが台無しになるとこ
ろまでで切った。

だしのことを知らない男が出てくるが、昔、実際
にそういうヤツが知り合いにいた。さすがに褌は
漬けなかったが・・・思い出すと余計に可笑しい。

「団子坂奇談」。昨夏は扇辰師匠で何度か聞いた
が、小辰版は、2016年以来。それもその年は1
回しか遭遇していない。

「またか」と思うほど聞いたのは、2013年と14年
のことだった。早いものです。

そんなに聞いていても、やっぱり、大声にビクッ!
としてしまう・・・悔しい。

「木乃伊取り」。マクラの「様子が良い!」から、
雲助師がネタ元と推測。当たったかな?

登場人物がきちんと整理されて、しっかり性格付
けが出来ている。下男の清蔵の、ウザいほどの忠
誠心が・・・本当にウザい。

この噺、演者にもよるが、あまり好きじゃないな
と思うこともある。でも、今回は面白かった・・・
次もそうでありますように。
posted by JTm at 04:56| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

2018.5.31 権太楼ざんまい@日本橋劇場

2018.5.31 権太楼ざんまい

演目
林家彦星       道具屋
柳家さん光      ん廻し
柳家権太楼      天狗裁き
  〃        試し酒
  (仲 入 り)
柳家権太楼      青菜
      (三味線:柳沢きょう)

彦星「道具屋」。相変わらずの棒読み風だが、なん
だか珍しいフレーズがいっぱいの道具屋で、楽しく
聞いた。声が良いのは強み。

さん光「ん廻し」。かなり以前から聞いているよう
に思うが、ちょこちょこと目(耳)新しいくすぐり
が入っていたようだ。しかしあのマクラは・・ちと
いただけませぬ。

権太楼の三席。いつもは二席のこの会だが、一席目
が終わった時点で、閉まろうとする緞帳を止めて、
「短いでしょ?」と舞台袖に確認、続けて二席目へ。

「天狗裁き」。前かたの弟子をからかうようなマク
ラから・・なんか、今日の師匠はハジけてる。

この噺、すごーく久々・・というか、もしかしたら、
ナマで聞くのは初めて? CDでは何度も聞いたが。

相手が変わるごと、熊五郎の夢にどんどん尾ひれが
ついて、たくさんの女の名を呼んだことになっちゃ
う・・おはるさん、おそのさん、おふゆさん・・そ
して、最後はえりちゃん!・・
(これ、みんな、落語協会のお囃子さんの名です。念のため。)

「試し酒」。久蔵さんの呑みっぷりも見事だが、そ
れを脇で見ているふたりの旦那が、心を躍らせて、
嬉しそうにしている様子が目に見えるよう・・。

こちらも一緒に嬉しくなって来る・・のはいいんだ
けどね・・呑みたくもなっちゃうからなぁ・・

「青菜」。5月中席、末廣亭の小さん追善興行で、
演りたかったが、機会がなかったので、と。

これも吞む噺で、前と被ったけれど、いいよね、独
演会だし。

“お屋敷ごっこ”に興じる植木屋夫婦が、なんとも愉
快。それにしても、このおかみさんの強いこと!
・・・実に頼もしい。

開演前、ロビーでご著書の販売。まってました!と、
早速購入しました。もちろん、サイン入り。
posted by JTm at 10:35| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

2018.5.30 入船亭扇辰独演会@国立演芸場

2018.5.30 皐月の独り看板 入船亭扇辰独演会

演目
橘家かな文      一目上り
入船亭扇辰      三方一両損
  (仲 入 り)
入船亭扇辰      お初徳兵衛
   (三味線:恩田えり、鳴物:入船亭小辰)

半蔵門線が遅れて、少し焦る・・・ゆっくりと夕飯
食べてから行くつもりだったのに、コンビニでおむ
すび買って、急いで会場へ。

かな文「一目上り」。道灌かな?と思っていたら、
掛軸の絵が雪折れ笹だった。引用する讃や詩、悟が
色々で、間違えるとさまにならないから、結構大変
な噺だ・・と思う。二ッ目のお披露目用かな?

扇辰の二席。仲入り後の「お初徳兵衛」がネタ出し。

「三方一両損」。後半がしっとりとした噺だから、
前半はカラッと威勢よく。

大工も左官もふたりの大家も、切れのよい江戸弁で、
見事な啖呵の応酬・・・比べると、大岡様は普通に
しゃべっているだけで貫禄十分。

「お初徳兵衛」。初演直後に二度ほど続けて聞いた
切り・・・4年ぶりの遭遇。ただ、このところ、小
辰さんが受け継いで演っているから、ご無沙汰した
気がしない。

以前に比べ、お初が一途な想いを貫きながらも、芸
者という“職業柄”の、男女の心の機微は、しつかり
とわきまえて、より一層「大人の女」として描かれ
ているように感じた。

二席とも良い噺だったのだが、ちと気になったこと
がひとつ。
特に「お初~」の方なんだが、「え、ここで笑う?」
と思われるような“場違い”(とわたしには思える)
なところで、何度か、笑いが起きていたこと。

感性の違いと言ってしまえばそれまでで、仕方ない
ことではあるのだが・・・でもやっぱり、なんか、
気持ち悪いんだよね・・・スイマセン。
posted by JTm at 13:57| 落語 | 更新情報をチェックする